吉源正面




衣・食・住

【塩尻】「吉源」@広丘吉田の食レポ

投稿日:2018年12月11日 更新日:

広丘吉田といえば、大衆食堂「食堂SS」があまりにも有名で地元民の憩いの場と化しているけど、当時同エリアで地元民がよく利用する居酒屋だった「鬼瓦」があった場所に飲食店が新規開店した(2018/12上旬)。

その名も「吉源」

塩尻市広丘吉田の「吉源」。見た目は完全に居酒屋だけど、中身はよくある中国人経営の中華料理店といった印象。

 

実はOPENは2018年夏だったようだが、なかなか従業員が集まらなかったのか冬に開店となった模様。

以前から注目していた私からすればようやく入店できたわけだけど、当初は「創作料理が食べられる居酒屋ちっくなお店」と忍してきしていたので期待を裏切られた感はある・・・。汗

さて、広丘吉田に店を構える「吉源」だが、ここ数年の間で大量に増えた中国人が運営する中華料理店をイメージしていただければそれで問題ないかと思う。

非常にこじんまりとした飲食店なものの、飲み好きな私からすればそれがちょうどいい。

吉源のカウンター

テーブル席(座敷)

奥のテーブル席(座敷)。完全個室というわけではないが、予約をすれば落ち着いて食べられるかも

 

入店してからというものの、すでに数え切れない程のツッコミどころがあった。苦笑

外装はまったくもって中国テイストが皆無なのに、入店して席についてメニューを確認するとすべて中華。そして日本人従業員は一切おらず、すべて中国人の方だった。汗

一品料理メニュー表。ご覧のとおり、近年急増した中国料理店をイメージしてしまうラインナップ。

主食メニュー表。メインはラーメンであり、餃子をプッシュしている印象。

麺からおつまみまで結構豊富。

中華料理店に置かれている定番はラインナップされている印象

 

やっぱり想像していた店内(雰囲気)とまったく違う・・・。
戸惑いつつも飲み食いにしにやって来たのでドリンクメニューも見てみる。

ドリンクメニュー表

 

うん、ドリンクに関してはそれなりに居酒屋としても使えそうな印象。

いやいや、それよりもまさかの中華料理店だとは思わなかったし、主食がラーメンとは想像していなかった・・・。

とはいえ、もう飲みたいモードなのでとりあえずビール。
最初に瓶ビールを注文したのが、まさかのジョッキ+瓶ビールというワイルドな組み合わせw

瓶ビールといったら適度なコップが定番だが、まさかのジョッキ。苦笑

 

これには大爆笑してしまい、東京に暮らしていた頃を思い出した。

東京では外国人従業員のみの居酒屋なんて何度も足を運んだし、いい思い出も沢山ある。やや閉鎖的な長野県に帰郷した私もいつしか閉鎖的になっていることを実感した。

そんなことを思いながらチョビチョビ飲んでいると、まもなくしてサービス(お通しだろうね)として春巻きスティック(しそと肉)が出される。

サービスで出された春巻きのようなもの

 

うん、普通に旨い!
これはビールが進みますな。

続いて「餃子(豚肉とキャベツ大)」を注文。
一般的な食堂と違って出てくるのが早いのは大きなメリットかな。

餃子・・・豚肉とキャベツ大(380円)

中身もギッシリ詰まっている印象

 

味は中華料理店であるのもかかわらず、あっさりしている印象。

ただ一般的な餃子にくらべるとサイズは大きく、中身も詰まっているんで食べごたえはアリ。

やっぱりビールのお供といったら餃子ですわな。

餃子が食べ終わると同時に瓶ビールも終わりに近づいたので、焼酎を・・・と思ったのだけどまだビールな気分だったのでビールの大ジョッキを注文。

写真ではまったく伝わらないし、判断しづらいと思うんだけどこれが大デブサイズ(でかい)w

ビール 大ジョッキ。多分、昔の大(とにかくデブって印象)ってやつw

 

ビールのお供といったら餃子に続いて唐揚げですわな。

ということで「鶏肉の唐揚げ」を注文。

鶏肉の唐揚げ(680円)

 

普段からよく現代型の急増している中華料理店に足を運んでいる方なら見た目でおわかりだと思うけど、淡白な唐揚げといった印象。つまり、旨さを求める人にとっては不向きな唐揚げといったところ。

そして、締めはラーメン。

内外ともに「本日のメニュー(おそらくおすすめメニューのことだろう)」として以下の内容で掲載されていたので、ここは台湾ラーメンが食べられるBセットが自然な流れなんだけど、ヒネクレ者の私はAセット(780円)を注文。

本日のメニュー(多分、おすすめメニューを指している)

 

やはりボリュームはすごい。
食べるのがギリギリだった。

Aセット(豚骨ラーメン+ごはん+サラダ+漬物+餃子)

味噌ラーメンセット(後日撮影:ブレブレですいません)

気管支が弱い私には刺激が強すぎてむせるむせる・・・汗

一般的なチャーハンと異なる点は薬味に細かく刻んだきゅうりが入っていること。

 

とにかく質より量っていう人にはたまらないかも。

それから一品物も増えつつあるので、クローズは早いもののご近所で飲みたいという方も一度は行ってみるといいかもしれない。

店員いわく「牛串」がオススメとのこと

 

ただ、注文に関して従業員の方とのコミニュケーションが必須になるのでご注意。

また、従業員のお子さん(小学生くらい)が座敷で遊んでいるなど、やや文化の違いを感じずにはいられないお店なのでそういう点に理解があるか、許容できる方でないと厳しいかと。

それからお店の詳細を確認したようとしたけど、やや曖昧だったので個人的に解釈した情報を以下に掲載します。ただし、正確な情報とは言い難いのであくまで目安&参考程度に。

 

吉源

営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00くらい

定休日:不明

住所: 長野県塩尻市広丘吉田1160-4

TEL:不明

座席:不明(※こじんまりとした居酒屋規模をイメージいただければ)

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-衣・食・住
-, ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2019 All Rights Reserved.