コンビニ交付利用進まず



衣・食・住

塩尻市のコンビニ交付サービスが芳しくないらしい

投稿日:2019年1月20日 更新日:

市民タイムス 2019/1/17号より。

住民票や戸籍などの各種証明書をコンビニで取得できる「コンビニ交付サービス」の存在は知っていただけど、既に開始されているとはまったく知らなかったのは私だけだろうか・・・。汗

市民タイムス 2019/1/17号より

 

記事を読んで思わず「えっ!?もうはじまってたのか」と声を上げてしまった私は知らなかった人間(知識不足ですいません)。

これまでは市役所や分所などに行って住民票や戸籍などを発行してもらう必要があったけど、コンビニ交付サービスによって各種証明書の入手が非常に快適になった。

なったんだけど、コンビニ交付サービス自体を把握していないと意味がないよね・・・と。

記事によると、塩尻市のコンビニ交付サービスはすでに開始から1年が経過しているものの、昨年末現在766件で全体の1.8%しか利用されていないらしい。

私のようにコンビニ交付サービスが開始されていることを知らないという方もそれなりにいそうだが、なぜここまで同サービスの利用が芳しくないのかを考えると、やはりその要因は「利用にはマイナンバーカード(個人番号カード)が必要」という点かと。

ちなみに塩尻市における昨年末現在のマイナンバーカード交付枚数は7060枚で、交付率は10.5%なんだとか。

どうしても面倒くさいと感じてしまう私は、まだマイナンバーカードを作成していない。また、私の周囲もまったく同じ理由で作成していないことから、コンビニ交付サービスの利用率を高めるにはまずマイナンバーカードの交付率を高める必要があるわな。

かんたんに交付できれば当然のように交付率はアップするけど、マイナンバーということもあって非常に重要なカードになるわけだからそうもいかない。

それでも交付までの手続きにおける簡略化がないことには意欲をもって作成しようとする人はいないだろうなと。

住民票や戸籍などの各種資料がコンビニでいつでも取得できるという点は素晴らしい発想だけど、まだまだ全国的に見ても普及する気配を感じない。

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事


-衣・食・住
-, , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.