懐かしのファッションブランド『ShapeL(シャペル)』




衣・食・住

懐かしのファッションブランド『ShapeL(シャペル)』

投稿日:

ちょうど私が大学に入学した頃、個人的に好みなストリートブランドが一挙に登場した。

sifury、victim系統がそうである。

当時特に好みだったブランドが『ShapeL(シャペル)』

victimと同様、女性画を活用したプリントTシャツが多く、古着のような良い意味で小汚いデザインやエスニックなテイストも織り交ぜたストリートブランドだった。

そんな今は亡き『ShapeL』について個人的見解をまとめてみる。

ファッションブランド「ShapeL」ってなんぞ?

ShapeL

ShapeLのロゴ

 

『ShapeL(シャペル)』は2004年に誕生した日本のファッションブランド。

ブランド名は「均整取れた」という意味。

特徴としては古着を軸にしたアメカジリメイクといった印象で、そこにストリートらしい遊び心やカラーを自然に盛り込んでいる。また、古着のようなダメージ加工をはじめ、女性画をメインとしたデザインが有名。

私はすぐさま同ブランドのファンになった1人で、アイテムがどれもドンピシャすぎて一目惚れ。

現在も一部を着用するほか、初期のデザインTシャツなどはコレクションしている(後述)。

 

ブランドの生い立ち

矢鋪彩義と丸田結香の2人がデザイナーとなり、たった5枚のTシャツからスタートしたという驚きのエピソードがある。

ちょうどShapeLが流行った頃って各ブランドにおいてリメイクブームが起こっていたんだよね。

ShapeLは古着要素を取り入れていたこともあってその波にすんなりと乗っかり、あっという間に人気ブランドとなったと記憶している。

その後数年にわたってストリートブランドでは名の知れた存在だったが、ストリートブームが陰りを見せると共に衰退。

2010年に矢鋪彩義が退社。
これによってブランドは終了した。

 

個人的に好きだったアイテム

ShapeLらしいデザインのTシャツ

ShapeLらしい女性をプリントしたデザイン

 

ShapeLで大好きなアイテムは沢山あるけど、その中でも大好きだったのが『ダメージ加工パーカー』

もうね、これほんとにボロボロ虫食い加工させた一歩間違えば恥ずかしいになっちゃうレベルのパーカーなんだけど、そのインパクトったら今もなお鮮明に覚えている。

パープルのLサイズを所有していたものの、なかなか着る機会がなくて早急に手放してしまったな…。

今となっては喉から手が出るほど欲しいけど、中古市場に出回っているのを見たことがない。

 

続いては古着・ダメージ加工や継ぎはぎなどが施されたパンツたち。

ShapeLって絶妙な感じのレトロさと、ダサくない加工を取り入れるのが上手い。その象徴こそパンツ類に出てるんじゃないかと。

パッチワーク加工のデニム、コーデュロイパンツは裾がボロボロになるまで履いたっけ。

同じく手放してしまったけどホントいい思い出。

 

あとはShapeLの代名詞といっても過言ではない女性画をプリントしたTシャツたちかな。

大学時代はもう数えきれないほど着用していたし、何着も持っていたと思う。

今は趣向が変わったのですべて手放してしまったが、初期のインパクト大なプリントのTシャツはコレクションしてある。

 

所有するShapeLコレクション

Tシャツ

インパクト大なTシャツ

 

まずひとつめは上写真のTシャツ。

初期のShapeLを語る上では欠かせないTシャツで、そのインパクトは今見ても強烈。

着用することはなく完全にコレクションとなっているが、私を魅了してくれるキッカケとなった一枚なので墓まで持っていくと決めている。

 

次はアインシュタインをモチーフにしたTシャツ。

Tシャツ2

現在もたまーに着用するアインシュタインTシャツ

 

これも一目惚れして即買いしたことを覚えてる。これとほぼ同じデザインで、カート・コヴァーンのTシャツも所持していたはずだが行方不明…。

今となっては大したデザインではないけど、当時このようなデザインは斬新でストリート好きな私にとってはたまらなかった。

他にもアイテムは何点か所有している。

全国には今もなおShapeLを愛してやまない方が何人かいるんだろうけど、ここ長野県にはどれだけいるか気になる。。

victimやrehacer好きならいると思うけど、はてしてShapeLはどうかな。

ってなことで、ShapeLの個人的見解のようなものでした。

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-衣・食・住
-, , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.