【ガチ旨】日本一の米を育てる飯山市の水野尚哉さんがSUGEEEE!!




ローカル 気になったこと&備忘録 衣・食・住

【ガチ旨】日本一の米を育てる飯山市の水野尚哉さんがSUGEEEE!!

投稿日:

2020/1/8放送の『ずくだせテレビ』より。

高い山々に囲まれたここ長野県は、清らかな水と豊かな土壌に恵まれていることから米の栽培が盛ん。全国的に見ても米の名産地と言っても過言でなく、北信・中信・東信・南信それぞれの風土に合わせて最適な栽培が実施されている。

2020年現在、長野県内には有名なブランド米がいくつも存在しており、その中には日本一に輝いたものも。

今回記事にするのは『ずくだせテレビ』が紹介した飯山市・水野尚哉さんが作った日本一の米

死ぬまでに一度は食べたいってことで入手願望と備忘録がてらまとめることにする。

長野県飯山市は米の名産地

飯山市旗

飯山市旗

 

結論から言うと、今現在日本でもっとも旨い米を作るのは長野県飯山市である。

平成27年度に開催された新米のおいしさを決定する世界最大のお米コンクール『第17回米・食味分析鑑定コンクール・国際大会』において、飯山市の生産者が育てたお米が金賞3名、特別優秀賞3名という輝かしい成績を収めた。

同コンクールは日本開催ではあるものの基準が国際であることから、金賞を受賞した生産者のお米は日本一どころか世界一の米ということになる。

以降、長野県飯山市は米の名産地として知られるようになり、全国からその美味しいお米を求めようと注文や問い合わせが殺到。一部生産者は通販で売り出すなど、瞬く間にブランド米となった。

そんな飯山市のブランド米を育て、『第17回米・食味分析鑑定コンクール・国際大会』で金賞、令和元年に開催された『お米日本一グランプリinしずおか』で特別最高金賞を受賞したのが本記事の主役・水野尚哉さんというわけだ。

 

日本一の米を育てる水野尚哉さん

【ガチ旨】日本一の米を育てる飯山市の水野尚哉さんがSUGEEEE!!

数々の賞を受賞している米作りのプロ・水野尚哉さん

 

長野県飯山市の米生産者・水野尚哉さんはこれまでに数々の賞を受賞する本物のなかのホンモノ。既に世界一の米を作る生産者となり、以降も米の品質を落とすことなく日本一の米と呼ぶにふさわしい生産を徹底している。

そんな水野さんが育てた日本一の米は自身の名前からネーミングしたという『七○八米(なおやまい)』

七○八米

日本一の米「七○八(なおや)米」

 

香りが非常に豊かで甘み・ねばり・弾力があり、炊き上げるとキラキラと輝き出すのが特徴。

七○八米の存在は大きい

存在感が際立つ「七○八米」

 

米のベースはコシヒカリとのことだが、一般的なそれとは異なり一粒一粒の存在感が大きく際立っているようだ。

ベースはコシヒカリ

七○八米のベースはコシヒカリ

 

この七○八米を食べた大久保ノブオさん(ポカスカジャン)、スタジオの面々はその旨さに驚き。何杯でも行けてしまう魔力が詰まっているようだった。

 

米づくりへのこだわりが尋常でない

日本一の米作りは大変

日本一の米を作るためには並ならぬ努力が必要

 

私たち消費者は米を口にし、あれこれ評価を下すばかりだが、生産者は品質を維持するために並ならぬ努力を重ねている。

すでに世界一の米を作り上げている水野さんも同様で、現在もなお努力と研究を続けており最適解を求め続ける日々を送っているのだという。

美味しい米を育てるためには相応の田んぼが必要であるが、水野さんの田んぼはまさに理想に近い状態のようで、山から1番に流れてくる水と、バランスの良い粘り気をもった土という最高の組み合わせから成り立っているとのこと。

そして何より水野さんの米が旨く美しい理由は、農薬・化学肥料を一切使わず、ありのままの自然環境と米づくりの経験をもとに育てている点だ。

自然は気まぐれで一定ではない。そんな環境下でも経験を頼りにベストな方法を見出しながら調整し、苦労を重ねてようやく日本一の米が出来上がる。

 

もっと感謝して食べなきゃダメだよね、米ってさ。ましてや水野さんが作った米は何度も礼をしてこれでもかってくらい噛んで味わってゆっくり食べないとバチ当たるね。

 

何事も言うのは簡単だが、実行は難しく険しいということだ。

 

水野さんの『七○八米』を買うには?

さて、残念ながら水野さんが育てた米はかんたんに購入することはできない

現在、長野県飯山市産の有名なお米はいくつかあって通販されているが、七○八米は通販も店頭販売もされておらず、いわば許された者だけが食べられるという状態にあるようだ。

『ずくだせテレビ』によると、現時点で水野さんが育てた七○八米を購入できる手段はひとつで、まずは以下写真に掲載されている『フェイスファーム』に電話(080-4009-9994)。

フェイスファーム

購入するための第一歩はフェイスファームへの問合せ

 

以降、何度か水野さん本人とコミュニケーションを取り、水野さんから販売許可が得られれば購入できるという。

要するに誰彼構わず売るのではなく、しっかりと人柄を見て本当に食べてもらいたい人だけに届けるってことなんだろう。

このように日本、いや世界一の米は簡単に食べることができないが、それだけ価値があり貴重ということだ。

私も含め気になった方は是非フェイスファームへ問い合わせることからスタートしてほしい。

 

出典: 信越放送『ずくだせテレビ』2020/1/8放送分

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-ローカル, 気になったこと&備忘録, 衣・食・住
-, , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.