【唐沢そば集落】「そば幸」の“やまっちそば”を旨すぎた件



衣・食・住

【唐沢そば集落】「そば幸」の“やまっちそば”が旨すぎた件

投稿日:2019年12月5日 更新日:

長野県東筑摩郡山形村には伝統のあるそば屋が集中した「唐沢そば集落」がある。

同集落には7件のそば屋が軒を連ね、それぞれ古民家(住居)をそのまま店舗にするようなカタチで営業。当然ながら店舗によって個性があり、味も違えば食感・風味も異なる。

ハッキリ言って優劣をつけられないほど、どの店舗も素晴らしいのだが今回ご紹介するのは「そば幸」

コシがあって程よい硬さの手打ちそば、その良さを引き出すつゆは見事としか言い様がない。

それじゃあ「そば幸」のランチレポートをばまとめましょうかね。

まるでジジババの家に来たかのような暖かい雰囲気のそば屋

【唐沢そば集落】「そば幸」の“やまっちそば”を旨すぎた件

「そば幸」は民家をそのまま店舗にしている

 

「そば幸」は長野県東筑摩郡山形村下竹田・唐沢そば集落にあるそば屋。

古民家をそのまま店舗にするカタチで営業しているため、まるで親戚のジジ・ババの家に来たかのような暖かい雰囲気に包まれている。言葉じゃ表現できないんだけどホッとするのよ。トゲトゲした気配は一切存在しない。

店舗は非常に立派でお座敷からは美しい庭を眺めることができる(テラス席あり)。おそらく唐沢そば集落のなかでもっとも広い敷地と店舗を誇るんじゃないかな?ホントすべてが整備されていて上品だ。

店内はまさに古民家のそれで、田舎に暮らす者なら誰もが持っているんじゃ?って家具のオンパレード。たとえば、この柄の座卓なんて定番と言っていいよね。

昔ながらの座卓

この柄の座卓は田舎の定番でしょ?

 

私の実家にも多分何台か同じものがあるなあ。

田舎ならではっていうよりも長野県民なら誰もが一度は見たことのある座卓と表現すべきか。もうこれを見た途端からニヤニヤしちゃったわ。さらにお座敷には兜や人形など昭和の民家を想起させるものが溢れ、幼き頃にタイムスリップしたかのような感覚になった。

まさに田舎の住宅

ここだけ見たらそば屋というよりも田舎のお家

 

いや、もうたまらんね。特に昭和時代をこよなく愛するレトロ厨の私にはたまらない。こういう姿のままで営業しているってのも山形村らしくていいなと思う。そりゃモダンなデザインのそば屋もいいけど、こういった古民家を活かした古き良きなスタイルの方がステキだなあ。

 

駐車場は余裕ありまくり!

そば幸は唐沢そば集落のなかでも1、2位を争う人気店。そのため、県内はもちろん県外からも多くの人が訪れる。

そこで不安になるのが「駐車場の規模」

こじんまりとしたそば店だと駐車できずに断念・・・なんてこともあるが、そば幸に関しては心配ご無用。それは広々とした駐車場が店舗前と店舗上に用意されている。たとえ激混み状態であっても難なく駐車できる余裕が確保されているので、まず駐車場問題に悩まされることはないだろう。

専用駐車場

店舗上に設けられた「そば幸」専用駐車場

 

とは言っても、唐沢そば集落は本当に人気のスポット。各店舗の駐車場はあっという間に満車になる。このとき人々は人間の心理として駐車できる店舗を探すので、駐車場が広いそば幸は狙われやすい

タイミングによっては満車で停められないこともあるので、確実に入店したいならオープンタイムを狙うべきだ(そば幸をはじめ、唐沢そば集落のほとんどの店舗がランチ営業のみ)。

 

「そば幸」のメニューラインナップ

そば幸のメニュー

そば幸のそばメニュー

 

そば幸のメニューラインナップは、そばのみを提供している店舗と比べると豊富と言っていいかもしれない。

・もりそば
・ざるそば
・やまっちそば
・かけそば
・月見そば
・たぬきそば
・とろろそば
・山菜そば
・五目そば
・天ぷらそば
・五目やまっちそば

※「もりそば」「ざるそば」以外、冷・温チョイス可

 

このようにありとあらゆるそばを用意しているので、初心者の人でも入りやすいかなと。

おすすめはそば幸のそばを満喫したいなら「ざるそば」、山形村の特産品「長芋」も堪能したいなら「やまっちそば」も良いと思う。むしろ現在は「やまっちそば」の方が人気になっているかもな(ローカル番組でよく取り上げられているため)。

 

次は「一品料理」のメニューラインナップ。

一品料理メニュー

一品料理メニュー

 

もうね、レアすぎる料理のオンパレードなのよ。飲兵衛ならずっと居たいレベルのね。

・天ぷら盛り合わせ
・馬もつ
・かも肉
・鶏のからあげ
・きのこおろし
・冷奴
・つけもの
・岩魚の塩焼き

 

ドリンクメニューは次のとおり。

・オレンジジュース
・コーラ
・烏龍茶
・生ビール
・瓶ビール
・日本酒(1合・2合)
・焼酎(各種割り、ボトルあり)

 

馬刺しに馬もつ、かも肉もあるから酒1杯で済むわけがないねw

残念なことにそば幸はランチタイム営業のみなので、ガッツリ飲みはきわめて難しい。次から次へと客が入ってくるし、長居するのはちょっと気が引けるし。飲むならハンドルキーパーありきで瓶ビール1、2本が常識の範囲だろう。

 

「やまっちそば」にハマっちまったわ

やまっちそば

麺状に切られた長芋が載る「やまっちそば」

 

私はいつもそば屋で注文するメニューは決まって「ざる」一択。しかし、ローカル番組がこぞって唐沢そば集落の「やまっちそば」を推すもんだから、今回ばかりはそれにしようと決めていた。

「やまっちそば」とは山形村の特産品・長芋を麺状にカットしたものを載せたそば。長芋といえば「とろろ」があまりにも有名だが、やまっちそばに限っては長芋をあえてすり潰さず、本来の食感を堪能できるようカットして載せているわけだ。

最初はたかが知れているとナメていたのだが、食べてみるとこれが・・・

激ウマなのよ。

シンプルだよ?
ただ長芋のカットが乗っかっているだけだから。

けどね、そば幸のコシがあって程よい硬さの手打ちそばとの相性が非常によく、旨さ・風味が際立つし、山形村特産の長芋の旨さも堪能できるんだよね。相乗効果の良い例がこのやまっちそばなのかもしれない。

こりゃあ新発見だった。まだ食べたことのない人は是非チャレンジしてほしいね。

 

なかには「長芋だけじゃシンプルすぎて物足りない・つまらない」と感じる人もいるだろう。

そんな方には「五目やまっちそば」がおすすめ。

五目やまっちそば

様々な具材がのった「五目やまっちそば」

 

いや、さすがにこれはあれこれ乗せすぎじゃね?と思われたかもしれない。

でもね、これまた素材同士が喧嘩をするどころか相乗効果が生まれて旨いのよ。ホント不思議で仕方ない。

麺状にカットした長芋の存在感・・・恐るべし。

ここまでそばが美味しくなるとはビックリだったわ。

正直「ざる以外は邪道」だと思っていたけど、やまっちそばにはやられたわ。

 

天ぷらもウマウマで文句なし

天ぷら

天ぷら(5点盛り)

 

私はそば屋に行ったとき、そば以外に必ず「天ぷら」を注文する。

名店が作る天ぷらは非常に美しく、余計な油を吸っていない。素材の旨味を殺さないよう、サクっと揚げることができるんだよね。

これまでにそば屋の天ぷらを何度も食べてきたけど、個人的に大満足だったのは塩尻市洗馬にある「みのる」くらい。はたしてそば幸の天ぷらはどんなもんよ?ってことで頂いたところ・・・

これまた旨いし、揚げ方も極上、それでいて油っこくなかった。

そば打ちも難しいけど天ぷらもまた難しいんだよね。

素材を活かしてサクっと揚げるって簡単じゃない。

そば幸の大将は良い腕の持ち主だね。そばだけじゃなく天ぷらのクオリティも高いんだから文句なしだわ。

ウマウマにございました。

 

【総括】山形村の旨いそばを満喫したい方におすすめ

そば幸は山形村(唐沢そば集落)の旨いそばを満喫したい方におすすめかなと。

前述したように古民家が店舗となっているため、落ち着いた(もっと細かくいえば落ち着きすぎている)雰囲気のなかで飲食できる。

訪れる客の層も素晴らしく老若男女問わずマナーが良い印象を受けた。

きっとそば幸が放つオーラに惹かれてやってくる人は同じようなオーラを持っている人なんだろう。

いや~旨かった。

ごちそうさまでした!!

 

「そば幸」

営業時間
11:00~14:00

定休日:木曜

住所長野県東筑摩郡山形村7259

TEL0263-98-2075

座席:50席

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事


-衣・食・住
-, , , , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.