別所温泉駅



観覧・散策

【日帰り観光】上田市「別所温泉」で仏閣巡り

投稿日:2019年6月6日 更新日:

信州人でありながら、長野県のことをまだまだ知らないと痛感するけふこの頃…。

今日もまたそのひとつを消化しようと、上田市にある信州最古の温泉「別所温泉」へ。

とはいえ、今回の目的は温泉ではなく仏閣巡り

正直なところ、上田市すらまともに行ったことがないので不安要素がいくつかあった。しかし、別所温泉の渋すぎる仏閣、ご当地グルメ「美味だれ焼き鳥」を思い浮かべたら不安要素など吹き飛んだ。

ということでこの記事では、上田市にある「別所温泉」を日帰り観光した模様をまとめておく。

松本駅から電車に揺られること2時間

篠ノ井駅から見た駅前交差点

篠ノ井駅から見下ろした駅前の交差点

 

さあ、別所温泉に向かうか。

早朝に向かったの先は松本駅。「JR篠ノ井線・長野行」へ乗り、篠ノ井駅を目指す。およそ1時間で到着すると、お次は「しなの鉄道・小諸行」に乗り換え、上田駅へ。

電車に揺られることおよそ1時間、上田駅に到着した。

はじめて降りた駅だったが、よく整備されていてキレイな印象。

上田駅

大河ドラマ「真田丸」の影響が絶大だった「上田駅」

 

こんなことを言っちゃなんだが、想像していたよりも随分と都会でビックリ。

街並みはどこか松本駅前に似ていたりして、なんだか不思議な気持ちになった(すんなり上田市を受け入れられた)。個人的には駅前周辺をじっくり散策しかったが、目的地は「別所温泉」なので「上田電鉄別所線」に乗り換える。

道中はのどかな田舎風景が広がり、大人になって忘れてしまった何かを気づかせてくれるようだった。なんでも一部風景は映画「千と千尋の神隠し」のあるシーンで参考にされたんだとか(ごめんなさい、ジブリ系を見ないのでよくわからない)。

車窓から眺めに癒されていると、約30分で「別所温泉駅」に到着した。

 

信州最古の温泉、そして信州の鎌倉と呼ばれる「別所温泉」

別所温泉駅

昔ながらのローカル駅といった印象の「別所温泉駅」

 

別所温泉駅に到着してまず驚いた(感動した)のは、はかま姿の駅員さんがお出迎えしてくれたこと。

 

なによ、このニンマリ仕様w

 

駅は趣のあるデザインで、ローカル駅ならではのこじんまりとした印象。大河ドラマ「真田丸」効果でもっと派手になっているのでは?と心配したが、元々の良さを生かしつつやりすぎずな様子だったのでホッとしたね。

それでは目的の別所温泉の仏閣巡りと行きますか。

同エリアには仏閣が点在している。さすがに半日程度ですべてを回りきることは不可能なので、今回は「湯かけ地蔵」「北向観音」「安楽寺」「国宝 八角三重塔」に限定

まずは「湯かけ地蔵」を目指すべく駅から上がっていくと、10分ほどしてさまざまな旅館やお店が姿を現した。まず魅了されたのが北向観音の門柱。

北向観音の門柱

ゲキ渋な北向観音の門柱

 

いやあ、さすが信州の鎌倉と呼ばれるだけあって実に奥深いね。

これを見ない・知らないままあの世に逝くなんて勿体なさすぎるわ・・・。

仲見世通りも当時にタイムスリップしたかのよう。

仲見世通り

レトロな空間が広がる「仲見世通り」

小川

湯川もまた渋いねえ

 

まだ序の口なんだけど、すでに別所温泉に魅了されちまったよ。信州の鎌倉と呼ばれるワケがよくわかったね。

 

こうして別所温泉の虜になったわけだが、日帰り観光であることを忘れてはならない・・・・

時間に余裕がないので「湯かけ地蔵」へと向かう。

 

湯かけ地蔵

湯かけ地蔵

なんとも可愛らしい「湯かけ地蔵」

 

「湯かけ地蔵」へ到着。

非常に可愛らしいお地蔵様が出迎えてしてくれるので、上ってきた道中の疲れを吹き飛ぶね。

すぐそばには屋根付きの足湯施設があるので、のんびりしたい方は利用すべし。私なんぞは大の汗っかきなので足湯に浸かろうものなら汗まみれになるので遠慮した(時間に余裕がないのもあるけど)。

とはいえ、喉が渇いたので近くにあるパン工房「まるふじ」でパンとジュースを購入。

ちょっとだけベンチで休憩して「北向観音」へ向かった。

 

北向観音(常楽寺)

北向観音

感動しすぎて言葉がでないほど渋い「北向観音」

 

私がもっとも期待していたのは「北向観音」

到着すると、予想どおり見事で立派なその様に感動して涙ぐんじゃったね。。

画になるところばかりだし、存在感がきわめて強いので圧倒されてその場に立ち尽くしてしまうのよ。

仏閣の敷地内はキレイに整備されているため、しっかりと建物がもつ魅力とその歴史を堪能できる。正直なところ、期待の上の上を行くスゴさだったのでただただ驚くばかりだった。

鐘楼と梵鐘

鐘楼と梵鐘

愛染堂

愛染堂

温泉薬師瑠璃殿

温泉薬師瑠璃殿

 

こじんまりとした仏閣ではあるものの、建物すべてに個性があるので大きく見えるんだよね。

初詣は混み合うとのことだが、一目惚れしてしまったので年に数回は訪れたいな。

 

「安楽寺」~国宝「八角三重塔」

安楽寺の参道

安楽寺の参道

 

最後に向かうは「安楽寺」「国宝 八角三重塔」

林の中に位置しているため、敷地市内に入った途端涼しくなる。

天然のエアコンが効いているような感覚だなこれは。

参道を抜けると「安楽寺」が姿を現す。

不覚にも安楽寺を撮り忘れてしまったので、別所温泉公式HPから写真をお借りする。

安楽寺

安楽寺 / image:別所温泉公式HPより

 

非常にキレイな本堂。

境内には美しい木々が多く、これまた魅了されてしまった。

こちらも全体的に整備されていて品の良さが伺えたね。

 

そして最後となる国宝八角三重塔」へ。

本堂脇の入口で入場料300円を払う必要があるけど、国宝なので見ないと損するってやつだ。

塔までの道はやや険しい(山道)。

八角三重塔への道

八角三重塔への道

 

脇にはお地蔵様、美しい木々、池があり、汚れのない空間を歩いている感覚になる。

人と情報があふれる現代社会において、このような神聖な場所へ訪れることは価値ある行為になるんじゃないかと。別の言い方をするなら最高のご褒美ってところかな。

数分ほど登ると、それは立派な国宝が姿を現した。

八角三重塔

これを当時の技術で建てたのか・・・国宝「八角三重塔」

 

国宝と言われるだけあって、それはまるで高品質な模型のように繊細な造り。当時でこの技術を持っていたということに驚きだね。何より格好良くてウットリしてしまうわ。

素晴らしさに感動し、ここでも立ち尽くしていたね。

 

いやあ、大満足の仏閣巡りだった。

京都や鎌倉に行かずとも日帰り観光でここまで感動できるとは・・・。

温泉や宿泊も兼ねた観光だったら、もっと幸せになれるねこれ。

 

安楽寺のパンフレット

上の写真があまりにもお粗末だったので、安楽寺のパンフレットのスキャンを掲載しておく。

安楽寺パンフレット表

安楽寺パンフ表

安楽寺パンフレット裏

安楽寺パンフ裏

 

パンフレットはあくまでパンフレット。

実際に国宝を見ることが重要だぜ。

 

【総括】最後は上田市のご当地グルメ「美味だれ焼き鳥」で〆

美味だれ焼き鳥

上田市のご当地グルメ「美味だれ焼き鳥」

 

仏閣巡りを満喫し、上田駅へ戻った頃には夕方になっていた。

日帰りではあるものの電車なので飲みはできる。

ってなことで以前から気になっていた上田市のご当地グルメ「美味だれ焼き鳥」を食べて帰ることに。

 

通常の焼き鳥は塩かタレで味付けするが、上田市は「ニンニク醤油(これが美味だれ)」をつけて食べるわけよ。

 

ようやく上田の美味だれ焼き鳥を食べる機会がやってきた。

私はうれしいぜ・・・。

向かった焼き鳥屋は知人から案内されたディープなところだったので、正直どこだったか覚えていない(限度を超えて飲んだもんだから酔いすぎて覚えていないってのもあるけど)。汗

けど、品質も味も抜群のすばらしい焼き鳥屋だったね。

美味だれ焼き鳥

それぞれの品質も良いし、上田市の焼き鳥は格が違う

 

旨かった~!!
日帰りじゃなかったらもっと堪能できたのになあ。

 

食べだしたら止まらない。
美味だれというエッセンスは酒のスピードも加速させる。

が、私は中信に帰らなければならない。

残りたい気分に喝を入れ、終電から数本前の電車に乗って帰路についた。

また来るぜ、上田市。
そして別所温泉。

沢山の感動をありがとう!!

 

信州上田名物 美味だれ(おいだれ)200g (5本)
すや亀
売り上げランキング: 432,658

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事


-観覧・散策
-, , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.