別所温泉駅




観覧・散策

【日帰り観光】上田市「別所温泉」で仏閣巡り

投稿日:

信州人でありながら、まだまだ知らない土地や情報が多いと痛感する今日この頃、そのひとつを消化しようと上田市にある信州最古の温泉「別所温泉」への日帰り観光を決意。

正直なところ、上田市すらまともに行ったことがないために若干の不安はあったものの、別所温泉の渋すぎる仏閣とご当地グルメである“美味だれ焼き鳥”を堪能したい気持ちが勝り、ワクワク感で溢れていた。

ということで、上田市にある別所温泉を日帰り観光した模様をまとめておく。

電車に揺られることおよそ2時間、別所温泉駅に到着

篠ノ井駅から見下ろした駅前の交差点

 

早朝に松本駅から「JR篠ノ井線・長野行」へ乗り、およそ1時間で到着する篠ノ井駅で下車。そこから「しなの鉄道・小諸行」に乗り換え、電車に揺られることおよそ1時間、上田駅に到着した。

はじめて降りた上田駅だったが、非常にキレイでよく整備されている印象で、こんなことを言ったら失礼だが想像していたよりも随分と都会でビックリ。

大河ドラマ「真田丸」の影響は絶大だったことが見て取れる上田駅

 

 

街並みはどこか松本市の駅前に似ているところもあったりして、なんだか不思議な気持ちになったと共にすんなり上田市に入り込めた。

駅前周辺は後ほど散策するとして、目的である別所温泉へ向かうべく「上田電鉄別所線」に乗車。

目的地までの道中は非常に田舎の魅力と自然の素晴らしさを感じる風景の連続。なんでも「千と千尋の神隠し」のあるシーンで参考にされたんだとか(ごめんなさい、あまりジブリ系見ないのでよくわからない)。

約30分くらいで「別所温泉駅」に到着した。

 

信州最古の温泉、そして信州の鎌倉と呼ばれる「別所温泉」

気取らず昔ながらのローカル駅といった印象の「別所温泉駅」

 

別所温泉駅に到着すると駅員さんがはかま姿でお出迎えというニンマリ仕様。

駅自体はローカルならではのこじんまりとして味のある印象だが、「真田丸」効果でやりすぎていないところに交換を持てた。

さて、今回別所温泉に日帰り観光に訪れた目的は温泉ではなく、あくまで“仏閣巡り”

同エリアにはいくつかの仏閣が点在しているのだが、さすがに1日ですべては回りきれいないので今回は「湯かけ地蔵」「北向観音」「安楽寺」「国宝 八角三重塔」に限定した。

駅から10分くらい登ると、旅館とお店が見えてくる。

信州の鎌倉と呼ばれるだけあって、実に奥深く仏閣巡りが好きな方にはたまらないエリアばかり。

ゲキ渋な北向観音の門

門をくぐるとまるでタイムスリップしたかのようなレトロな空間が広がる

何もかもが味を持っているのでついつい立ち止まってしまい、なかなか前へ進まない

 

もうね、車や電車を使って数時間程度で行ける場所にお住まいの方は、別所温泉へ日帰り観光すべき。ホントおすすめだし、下手な観光地に行くよりも感動できると思う。

 

こうして完全に別所温泉の虜となった私だが、何分日帰り観光なので時間に注意しながら足を進める他なかった。

 

湯かけ地蔵

湯かけ地蔵

なんとも可愛らしい「湯かけ地蔵」。すぐそばには足湯スポットがある。

 

最初に向かったのは「湯かけ地蔵」

非常に可愛らしいお地蔵様が出迎えてくれるので、駅から上ってきた道中の疲れを癒してくれる。

すぐそばには足湯につかれる屋根付きの簡易施設があるので、のんびりしたい方にはおすすめかもしれない。ちなみに私は大の汗っかきなので足湯に浸かろうものなら汗まみれになるので遠慮した。

近くにあるパン工房「まるふじ」でパンとジュースを購入して、しばらく近くに設置されたベンチで休憩。

最高すぎるよ別所温泉。

 

北向観音(常楽寺)

北向観音

感動しすぎて言葉がでないほど渋い「北向観音」

 

続いて向かったのは訪れる前から期待大だった「北向観音」

もう画になるところばかりで、しばらく存在感に圧倒されてその場に立ち尽くしていた。

仏閣はもちろんのこと、道、木々など細部にわたって整備されているため、しっかりと歴史と建物がもつ魅力を堪能することができる。正直なところ、期待の上の上を行ったので驚きを隠せなかった。

北向観音

鐘楼と梵鐘

北向観音

愛染堂

北向観音

温泉薬師瑠璃殿

 

全体的にこじんまりとしている仏閣ではあるものの、すべての建物に個性があるので大きく見える。

初詣は混み合うとのことだが、一目惚れしてしまったので年に数回は訪れたい。

 

安楽寺~国宝 八角三重塔

安楽寺

安楽寺へ続く道

 

最後に向かうは「国宝 八角三重塔」がある「安楽寺」

林の中に位置していることもあって、入口をくぐった途端に涼しくなり、暑さから逃れることができる。まさに天然のやさしいエアコンが効いているような感覚で、しばらく安楽寺から出ることができなかった(当日は猛暑だった)。

不覚にも安楽寺を撮り忘れてしまったので、別所温泉公式HPから写真をお借りする。

安楽寺

安楽寺 / 別所温泉公式HPより

 

非常にキレイな本堂になっていて、境内には美しい木々が多くこれまた魅了されてしまった。

こちらも全体的に整備されていて品の良さが伺えた。

 

そして「国宝 八角三重塔」へ。

入場料300円を払うとパンフレットが差し出され、やや山道を登る。

安楽寺

八角三重塔へ向かう道

 

脇にはお地蔵様と美しい木々、そして池があって何の汚れもない空間を歩いているかのような感覚に。

日々、人混みと情報があふれるなかで生活する現代人にとって、このような神聖な場所へ訪れることは最高のご褒美でもあり、大切なことなのかもしれない。

数分ほど登ると、それは立派な国宝が姿を現した。

八角三重塔

これを当時の技術で建てたのかと感心せずにはいられない「国宝 八角三重塔」

 

上手に撮影できておらず後悔しているが、この目で確かにその魅力を確認したのでまあ良しとすべきか。。

国宝と言われるだけあって、それはまるでプラモデルのように繊細な造りとなっていて、当時でこの技術を持っていたということにも驚きだし、何より格好良く言葉では言い表せない存在感がある。

その素晴らしさに感動し、ここでも立ち尽くしていた。

なお、上の写真があまりにも残念なので、パンフのスキャンを掲載しておく。

安楽寺

安楽寺パンフ表

安楽寺

安楽寺パンフ裏

 

いやあ、大満足の仏閣巡りだった。

京都や鎌倉に行かずとも日帰り観光でここまで感動できるとは・・・。

私と同様、信州人でまだ別所温泉に行ったことがないという方は是非とも一度足を運んでいただきたい。

温泉や宿泊なども兼ねた観光とすれば、きっと大満足するはずだ。

 

最後は上田市のご当地グルメ「美味だれ焼き鳥」で締める

美味だれ焼き鳥

上田市のご当地グルメ「美味だれ焼き鳥」

 

仏閣巡りを満喫し、上田駅に到着した頃にはちょうど夕方になっていたので、以前から気になっていた「美味だれ焼き鳥」を食べて帰ることにした。

通常、焼き鳥といえば塩かタレでそのまま食べるが、上田市ではニンニク醤油(これが美味だれ)をつけて食べる。

 

機会さえあれば、絶対に食べようと思っていたので日帰り観光ではあるものの、思い切って美味だれ焼き鳥を食べながら飲むことに。

知人から入り組んだ場所にある焼き鳥屋へ案内されたので、正直どこなのか覚えていないのだが結構ディープなところだったかと。ひと通りメニューを食べて上田市ならではの食文化である美味だれを満喫した。

美味だれ焼き鳥

それぞれの品質も良いし、上田市の焼き鳥は格が違う

 

旨かった~!!
日帰りじゃなかったらもっと堪能できたのにな・・・。

 

食べだしたら止まらない。
真新しい美味だれというエッセンスは酒のスピードも加速させる。

が、私は中信に帰らなければならない。

残りたい気分に喝を入れ、終電から数本前の電車に乗って帰路についた。

 

信州上田名物 美味だれ(おいだれ)200g (5本)
すや亀
売り上げランキング: 432,658

 

楽しかったぜ上田!!!
まだ散策できていないスポットが沢山あるので次は宿泊観光で決まりだな。

良い日帰り観光になりましたよっと。

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-観覧・散策
-, , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.