紙で作られた赤い昆虫



観覧・散策

【観覧】紙の昆虫展「百瀬達也の世界」@塩尻市立自然博物館

投稿日:2018年10月10日 更新日:

2018年10月、私はいつものように小坂田池でバス釣りをしていた。昼過ぎまで竿を振り、満足したので帰宅しようと思ったのだが、ふと塩尻市立自然博物館で開催されている非常に興味深い作品展を思い出す。

その作品展とは切り紙作家・百瀬達也さんの『紙の昆虫展』

百瀬達也さんの作品はインターネットでチェックし感心していたが、生の作品を目の当たりにすると、これがとんでもないハイクオリティ!!

ということでこの記事では、塩尻市立自然博物館で開催された紙の昆虫展「百瀬達也の世界」の感想をまとめてみる。

百瀬達也って何者なのよ?

Who?

 

百瀬達也さんは塩尻市在住の切り絵作家(1995年7月28日生まれ)。

その手法は独自性にあふれ、フリーハンドの展開図を切り出し、立体的に折りたたんで昆虫(作品)を作り上げる

使用する材料は色画用紙とハサミとのり。フリーハンドで切り抜いた一連の展開図を自由に折りたたみ、触覚や手足の繊毛に至るまで本物そっくりに作り上げていく。その作品は言葉を失うほどのハイクオリティ。その展示会は県内各地の文化施設で開催されている。

百瀬達也さんが切り絵で昆虫を作るようになったキッカケは、小さな頃から昆虫が好きで「ファーブル昆虫記」「昆虫図鑑」をよく読んでいたこと。その後折り紙を覚えると、小学3年生の時点では好きな昆虫を「切り紙」にし、大人顔負けの作品を生み出していたという。

もう神童だよ、神童。レベルが違いすぎる。

なお、師匠はJ・H・ファーブルとのこと。

このように百瀬達也さんはとんでもない才能を持った塩尻市が誇るクリエーターなのである。

 

実は人生初の塩尻市立自然博物館

塩尻市立自然博物館

塩尻市立自然博物館

 

実は私、塩尻市立自然博物館はこれが人生初。普段からあまりこの手の施設を利用しない・行かないこともあって、入館には若干の緊張を抱いていた。

しかし、意識の大部分は百瀬達也さんが作り出す紙の昆虫。それを早く見たい一心で早速受付へと向かった。

入館料は大人300円(20名以上の団体は240円)、小・中学生は無料。300円を払って受付を済ませると、パンフレットなど一式をもらうことができた。

塩尻市立自然博物館のパンフ表

塩尻市立自然博物館のパンフ裏

 

こんなこと言っちゃなんだけど、塩尻市立自然博物館はみんなが想像するような規模の博物館ではない。非常にこじんまりとしていて、10分もあればすべてを見て回れる規模だ。

とまあ、今回は博物館のレポートでやって来たわけではない。お目当ては百瀬達也さんの紙の昆虫展「百瀬達也の世界」だ。

これが入館時に配布される同展のチラシ。

『百瀬達也の世界』のチラシ 表

『百瀬達也の世界』のチラシ裏

 

チラシにプリントされた写真からもその繊細さは見て取れるんだよなあ。この時点で喉から手が出るほど欲しかったし。汗

モノづくりをここまで細かくリアルにできる人(というよりもイメージを具現化できる人)は本当に尊敬する。まさしく百瀬達也さんの切り紙はそれであり、繊細さに欠ける私にとっては学びだらけ。

と、チラシの写真を見てワクワクしていても意味がない。こうして私は人生初の塩尻市立自然博物館を体感し、彼が作り出す極上の世界に魅了されるのだった。

 

驚きの連続!想像以上にリアルな“紙の昆虫たち”

切り紙で生み出された昆虫

 

できることなら百瀬達也さんの全作品を掲載したかったのだけど、博物館内の撮影はNG。よって私が目で見て感じたことを綴っていこうと思う。

まず百瀬達也さんが作り出した紙の昆虫を初めて見たときの感想は、あり得ないほど繊細で紙が非常に喜んでいるように思えた。

紙の昆虫たちはすべてフリーハンドで作られており、デジタル感は一切見られない。人の温もりがどこまでも感じられるし、優しさや上品さに包まれているかのような、極上のアナログ作品だ。それに昆虫たちは想像していたよりもリアル

ハエ

ハエ【1】

セミの羽化

セミの羽化【1】

 

妥協は一切見られず非常に細かな作業から生まれた作品であることを実感したね(メインの昆虫だけでなく、脇役の葉っぱや枝、展示台になどにもこだわってるんだからすごいのよ)。

もうこればかりはあっぱれとしか言いようがない。恐ろしいくらいの集中力と忍耐力、作品への情熱がないと実現なんてムリな世界だと思ったね。

紙の昆虫展「百瀬達也の世界」はどちらかというと大人向けだけど、昆虫も模型を好む子供にも響くんじゃないかな。誰もが思わず『何これ、スゲ〜ッ!!』と声を出してしまうクオリティだから。

私もモノづくりが好きなので、細部まで妥協することなくやり抜くことの難しさは理解しているつもりだけど、百瀬達也さんは想像を絶するレベルでモノづくりしてる。到底このようなハイクオリティな作品は生み出せないし、その域に達することもできない。

私は百瀬達也さんのフリーハンドによる紙の昆虫たちから「モノづくりのなんたるか」を教えられた気がした。

 

実はお若い百瀬達也さん

百瀬達也さんは若い

 

先のプロフィールでも述べたが、実は百瀬達也さん、非常にお若いクリエーターなのよね。

私、百瀬達也さんはいい年齢の方だと勝手に決めつけておりました。しかし、実際のところは1995年生まれとお若い!!これはもう将来有望以外のなにものでもないですわ。

大量生産ができない芸術作品を時間をかけて納得行くまで作り上げる…。こんなにも凄いスキルを持っているのに、知名度が行き渡っていないのはただただ寂しい

次はもっと大きな博物館やイベント会場での開催を期待したいし、新たな作品もじっくり眺めたいね。あ、別に塩尻市立自然博物館をdisってるわけじゃないよ。百瀬達也さんのクオリティを生かせる場にしたほうが良いって話ね。

とはいえこれはあくまで個人的な意見。もしかしたらご本人は現状規模での開催を希望している可能性もある。それでも広い空間でゆったり紙の昆虫たちを見たいなあ。

 

【総括】「設計図は頭の中」とかカッコよすぎでしょ

 

いやー百瀬達也さんの切り紙作品には恐れ入った。あそこまでリアルな昆虫をフリーハンドで作り上げてしまうんだからね。

しかも、その作品の設計図は頭の中なんだそう。てっきり設計図はプリントアウトしてるかと思ってたんだけど、これまた神レベルでやばいな、紙だけに。

彼の作品は誰が見ても十分すぎるクオリティに達しているけど、ご本人はまだ納得していない様子。今後はもっとリアルに本物に近づけたいと日々試行錯誤しているのだそう。

これはもう将来的に世界的な切り紙作家として有名になるね、うん。

おっさんは一発であなたのファンになったよ。

ぜひ皆さんも機会があれば百瀬達也さんのリアルすぎる紙の昆虫たちをその目で確かめてほしい。

冗談抜きでゴイスーなので。

 

おまけ:博物館で購入した「3D立体ペーパーパズル」にも満足する

「3D立体ペーパーパズル」

塩尻市立自然博物館で購入した「3D立体ペーパーパズル」

 

最後に塩尻市立自然博物館で売られていた「3D立体ペーパーパズル」を組み立てた様子をば。

紙の昆虫たちに感動した私は、その流れで窓口で売られていた「3D立体ペーパーパズル」を購入。汗 ちなみにこのペーパーパズルは百瀬達也さんとは一切無関係の商品。同じく紙だったこともあって衝動買いしたオチでやんすよ…。

今回購入したのは「カマキリ」と「スズメバチ」の2点(特典で絵はがき2点も付いてきた)。

では、「カマキリ」の組み立てだけ掲載しておくか。

開封するとこんな感じ。

マニュアルと本体

マニュアルと本体

 

これは小学生のときに熱中したプラモデルを思い出す。あのときはガンダムのBB戦士にハマっていたっけか。

組み立ては思っていたよりも簡単で、だいたい10分くらいで完成したかな?やや腕のパーツで苦戦したものの、スムーズに組み立てることができた。

完成したカマキリ

完成したカマキリ

 

これはこれで紙の魅力を堪能できる商品。衝動買いではあったものの買ってよかったかもw

ではでは。

 

画像出典【1】★予告★「里山の昆虫(なかま)たち」百瀬達也作品展 / しあわせ信州

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事


-観覧・散策
-, , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.