レッドデータ掲載のオオアカバナが山形村に自生!?



ローカル

レッドデータ掲載の「オオアカバナ」が山形村に自生しているらしい

投稿日:

2019/9/6号の市民タイムスより。

環境省が公表している「レッドデータブック(絶滅のおそれのある野生生物に関する情報)」に絶滅危惧Ⅱ類として掲載されている「オオアカバナ(多年草)」がなんとここ長野県東筑摩郡山形村で見つかったらしい。

オオアカバナ

オオアカバナ

オオアカバナ(学名:Epilobium hirsutum)は、アカバナ科アカバナ属の多年草。

特徴
横に走る細長い地下茎があって、しばしば群生する。茎は直立して枝を多数分け、長い軟毛と短い腺毛が密生し、高さは1.5mに達し、ときに2mを超える。葉は茎の下部では対生し、上部では互生する。葉身は長楕円形から長楕円状披針形で、長さ4-12cm、幅0.5-2cm、先端は鋭形、縁にはとがった細鋸歯があり、基部は円形または浅心形で茎を抱き、葉柄はない。葉の両面に長い軟毛が生える。枝につく葉は茎につく葉と比べると小さく幅が狭い。

引用:Wikipedia

 

ここ長野県は山形村でオオアカバナを発見したのは同村の村議会議員・小出敏裕さん。

小出さんは植物が好きで普段から各地を探査しており、9月1日にオオアカバナを発見したとのこと。

前述したようにオオアカバナは環境省のレッドデータブック掲載の「絶滅危惧Ⅱ類(絶滅の危険が増大している)」に分類され、すでに群生していた石川県では絶滅が確認されている。また、長野県のレッドデータブックでは「ごく近い将来における野生での絶滅の危険性がきわめて高い」という絶滅危惧ⅠA類に入っているようだ。

山形村にオオアカバナ自生の記事

市民タイムス 2019/9/6号より

 

話を戻して小出さんが山形村で発見した自生地では高さ1m前後のオオアカバナが群生しているようで、直径2cm程度の赤紫色をした花を咲かせているという(花は夏に咲くものの9月現在も咲いているとのこと)。

ちなみに長野県内では中信エリアをのぞいてオオアカバナの自生がそれなりに確認されている模様。

レッドデータブックには掲載されているものの、まだまだ自生を確認できる多年草のようなので普段から見られている肩からすればどうってことないニュースかもしれないが、ここ中信エリアで発見されたことが貴重なのかなと(小出さんは数年前に松本市内での自生を確認済みとのこと)。

なお、小出さんは今回の山形村におけるオオアカバナの発見で保存法を模索すると共に、協力者を探している模様。

中信エリアはもちろん、長野県内、県外の方でも構わないのでオオアカバナにくわしい方で協力できるという方はぜひコメントを頂ければ幸い。

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事


-ローカル
-, , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.