人肉館はジンギスカン?!




心霊・オカルト

事件なんて嘘!人肉館にまつわる怖い話(噂)の真相

投稿日:2018年11月10日 更新日:

長野県の心霊スポットのなかではそのネーミングから結構な知名度を誇る「人肉館(じんにくかん)」

おそらく中信エリアに住んでいて肝試しや心霊スポットに興味がある方であれば一度は訪れたことがあるかも。かく言う私も高校時代に数回訪れたことがある(今となっては色んな意味で反省しております)。

以前から人肉館は”人の肉を出していた”というかなりぶっ飛んだ噂が流れており、殺人事件から心霊スポットと化したといわれているが、はたしてそれは嘘なのか本当なのか・・・。

まあ、考えるまでもなく単なる噂話(怖い話)だけど、今回は人肉館の真相をまとめてみましたよっと。

松本市ではあまりにも有名な心霊スポット「人肉館」

「人肉館」と呼ばれる施設

ご存知ない方のために「人肉館」について簡潔に解説。

人肉館は長野県松本市浅間温泉にある飲食店跡(現在は廃墟のような形になっている)のこと。

嘘か本当かはさておき、人肉館は長野県における怖い話のひとつとして有名。

なぜ「人肉館」などというおぞましい呼ばれ方をしているのかというと、同飲食店が経営不振になったと同時に人肉をさばいて客にバレないようこっそり出していたという噂話が原因となっているらしい。

いやいや、経営不振になったから人肉をさばいて出すってどれだけ幼稚なのかなと。汗 肉を出すのに殺人事件を犯すってちょっと・・・ね?

ちなみに人肉館が怖い話として語られているもののその内容は多種多様。

はっきり言って怖い話としては人肉を出していたというだけでお腹いっぱいなんだけど、以下のような話も拡散している。

1)経営者が殺人事件を犯して証拠隠滅のために人肉を出していた
2)生活苦となった経営者が一家心中を図った(精神崩壊して家族の肉を出した?)
3)強盗が押し入り一家を皆殺しした

このように1)に関しては人肉館と呼ばれる所以を理解できるが、2)と3)に関してはまったくもって理解不能。

以上の点からしても非常に曖昧で事実無根の噂が拡散し、人肉館と名付けられたのだと勝手に推測してみる。苦笑

と、もうご存知の方は少なくないと思うが、この人肉館、過去に事件など一切起きておらず、なんというか・・・単なるダジャレから心霊スポット化した残念な施設と言っても過言ではない。

 

施設の正体は「茶臼山荘(ジンギスカンを提供していた飲食店)」だった

松本市浅間温泉の峠を上っていくと姿を現す「人肉館」

塩尻市洗馬の沓沢湖(正確にはトンネル)のように、噂の一人歩きによって何の事件もないのに心霊スポットにされてしまうケースはけっして珍しくない。

松本市浅間温泉にある「人肉館」もまたそのひとつ。

もともと人肉館と呼ばれている施設は「茶臼山荘」と呼ばれる飲食店で、近隣住民の方であれば以前までごく普通に経営していたことや、何の事件も起こっていないこともすべて把握している。

では、なぜに今のような廃墟になってしまったのか?

それは怖い話の一部にもあるように“経営不振”になったことが理由だそう。

また、言うまでもないのだが同施設は廃墟のようにはなっているものの立ち入りは禁じられている。それはまだ管理者がいる証拠であり、施設の付近には鉄線が張られているだけでなく立ち入り禁止の看板が掲げられている点を見れば、普通に人が所有している土地であることは明らかなんだよね。

そして、「人肉館」などと名付けられた最大の要因、それはジンギスカンを提供していたこと。

ジンギスカン⇒ジンニク館⇒人肉館

ええ、ダジャレなのですよ。
もう凍え死ぬくらいの寒さだけど。

何度も言うけど茶臼山荘において一切の事件は発生していないし、悪い噂もない。

廃墟になった施設の薄気味悪さから、そこに肝試しに訪れた輩が当時散乱していたと思われるジンギスカンの食券を目にし、そこから安易にジンギスカンからもじって人肉館を広めたのかも(実際、以前の茶臼山荘には数々の食券が散らばっていたらしい)。

 

土地のオーナーさんは大変迷惑しているとのこと

知人づての話では現在も茶臼山荘の経営者さまは松本市内で飲食店を経営されているとのこと。

そして、日々絶えることのない不法侵入者に大変迷惑しているそうです。

これまたご存知の方もいるでしょうが、実は茶臼山荘、廃墟になってから肝試しに来た人間のタバコの不始末によって一度家事になっています(これは本当の話)。

私も学生時代に数回不法侵入してしまった立場なので大きなことは言えませんが、建物を破壊したりゴミを散らかしたり、タバコをポイ捨てして火事にするなどもってのほか。

そもそも人肉館と呼ばれる茶臼山荘は心霊スポットではありません。

なお、「人肉館」と検索すると、施設内で堂々と酒盛り&バカ騒ぎした様子を掲載している輩のブログが上位表示される・・・(ほぼ間違いなくオーナーの許可は得ていない=不法侵入)。

個人的にオカルトや心霊の類は大好きだけど、やはり肝試しをするとなった場合、その場所が誰かの迷惑になるなら行くべきではないと考える。特に茶臼山荘の件は火事に至っているので極めて悪質だし、経営者の立場になってみたら怒りで震えるに違いない。

あらためて言う。

人肉館にまつわる怖い話はすべて嘘っぱち。
本当のところは飲食店の廃墟で、現在も管理者がいるので立ち入ることは禁止されている。

もし、この事実を知らずにまだ茶臼山荘へ肝試しに行こうとしている人間が目の前にいたとしたらこう言ってやってください。

「あれ、まだ信じてるの?“ジンギスカン”をもじったダジャレなだけで心霊スポットでも何でもないぞ?」と。

ちなみにこの件は沓沢湖が心霊スポット化している内容と似ていて、さらに私がジンギスカン(安塚のマトン)が大好物なので黙っていられず記事にした(オーナーが迷惑していると知ったことも要因)。

いずれにしても良識ある行動を。

ではでは。

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-心霊・オカルト
-, , , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2019 All Rights Reserved.