松本市の心霊スポット「明通トンネル」




心霊・オカルト

事件アリ?「明通トンネル」が心霊スポットと化した背景【松本市】

投稿日:

至るところに存在する「峠」。

ほぼ山道と言っても過言ではない峠では、昼間でも不気味な雰囲気が立ち込めているが、その一部では心霊現象が目撃されるケースが多い。

松本市の青木峠にある「明通トンネル」もまた心霊現象がよく目撃される峠のひとつとなっているようだ。

松本市の心霊スポット「明通トンネル」

青木峠(松本市)にひっそりと佇む「明通トンネル」

 

明通トンネルは松本市と青木村をつなぐ役割を果たしているが、現在では中信エリアを代表する心霊スポットと化している。

ちなみに青木峠は以下を参照のこと。

青木峠

峠名の由来は小県郡の青木村からである。国道143号線の峠であり、山の奥の方へ進むと突然道幅が狭くなる。三才山トンネルが開通する前は、主に松本市へ行くときにはこの峠を利用していた。三才山トンネルの開通後は、この峠の交通量は減少している。途中に急な崖の上を通っていることがあり、過去には崖崩れもあったため危険な場所もある。

引用:Wikipedia

 

このように現在はあまり使用されていない青木峠・明通トンネルだが、なぜに心霊スポットになってしまったのか。

結論から言ってしまうと、別に明通トンネルは心霊スポットでもなんでもなく、ごく普通の峠道にある古いトンネルだ。私は希に利用するがこれまでに心霊体験をしたことは一度もない。

同じく明通トンネルおよび青木峠を通ったことのある友人・知人に話を聞いても、誰ひとりとして心霊現象を体験した者はいない。

そこで明通トンネルが心霊スポットと化した要因を自分なりに考えてみた。

 

1:「単純に見た目が不気味だから」

 

明通トンネルの内部はほぼ真っ暗で不気味

 

明通トンネルは青木峠に位置することもあって、周囲の鬱蒼とした雰囲気と相まって単純に恐怖を駆り立てられやすい。

そもそも明通トンネルは日本の国道にあるトンネルとしては現役でもっとも古いので、見た目はもちろんのこと内部は真っ暗で非常に不気味。

つまり、心霊スポットとしての要素をいくつか含んでいるので、噂を流されやすかったりする。

真夜中に明通トンネルを通ろうものなのなら、それはあるとあらゆることを想像してしまうはずだ。

 

2:「過去に青木峠で起こった事件」

明通トンネルの周囲は完全に木々で何もない

 

明通トンネル自体で事件が起こっているかはどうかは定かでないが、青木峠では確かに事件が起こっている。

同事件は平成元年に起きた「母子バラバラ殺人・死体遺棄事件」のこと。

若い母親と男児が犯人の夫によってバラバラにされ、遺体が遺棄されたのである。

このような悲惨な事件が起こったことによって明通トンネルにはよからぬ噂が流れるようになり、いつしか心霊スポットと化したのである。

なお、バラバラ殺人事件が起こる以前に明通トンネル内でカップルが焼身自殺をしたという情報も流れているが、これに関してはソースが確認できていない。また、青木峠では行方不明者や自殺者が後を絶たないと言った噂もあるが、事実と確認できるような証拠はない。

 

と、まあこんな感じで明通トンネルは心霊スポットにされてしまったのではないかと。

確かに青木峠では事件が起こっているものの、明通トンネルで起こっているわけではないので心霊スポットと呼ぶには無理がある。

実際、トンネル入口・内部は不気味で落書きの一部?がヒトガタに見えなくもないので、これが恐怖をそそってしまうのかな。

名通トンネルの入口に見られる”ヒトガタ”っぽい落書き(シミ)

 

やはり沓沢湖人肉館同様、勝手に心霊スポットにされてしまったケースかと。

そもそも青木峠は心霊という恐怖よりも、獣や落石などよる恐怖の方が勝る場所なので面白半分で行くと本気で痛い目にあう可能性が高い。

現在はわざわざ利用しなくてもいい峠道なので、よほどの理由がない限りは安全なルートを利用することをおすすめしたい。

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-心霊・オカルト
-, , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2019 All Rights Reserved.