小坂田池のブラックバス



釣り・アウトドア

小坂田池バス釣りをふりかえる2018

投稿日:2018年10月26日 更新日:

2017年は爆釣すぎてウハウハ状態だった小坂田池。

バス釣り人生における初○○(初トップ、初ミノーなど)を多数経験できた素晴らしいシーズンだったと言える。

勢いそのままに2018年もきっと爆釣できるだろうと予想していたが、現実は甘くなかった。

池のコンディションが安定せず終始シブめ。思考を巡らせ何とか釣り上げるという日々が続くことに…。

ということでこの記事では、2018年度の小坂田池におけるバス釣りをふりかえってみる。

活性が低い状態で幕を開けた小坂田池

2018年6月の第1号ブラックバス

2018年6月の第1号ブラックバス

 

2018年における小坂田池の幕開けは活性が低くややシブい印象だった。

去年は5月下旬の時点でよく釣れていたが、2018年は食いつきが悪く最適解を見つけるのに苦労しまくり…。

記念すべき2018年度第1号を釣り上げたのは4月。スモラバ+クローでシェイクとステイを繰り返していたところ、食いついてきた(サイズは35cm)。

これは幸先いいんじゃね?なんて思っていたのも束の間、その後はかなりシブく6月になるまで数本あげたのみ。

6月上旬を過ぎるとそれなりに釣れるようにはなったものの、去年の同月と比較するとかなり活性が悪い。

丁寧に誘っても反応しないこともざらで、奥の手のセコ釣りをしようにも食い切らない・・・。

なんとか釣り上げた6月バスの一部をまとめて貼っていく。

 

 

トップで出るは出るんだけど、ガッツリ食いに来ているわけでなく威嚇でかかってる印象が強かったかな。

サイズはだいたい25cmクラスで、たまに体高のある30~35cmクラスが釣れた感じ。

水質があまりよくなかったことが影響し、バスの活性が低下したんだろうけど、それにしても厳しかったな。

「まあ、まだ6月だし7月に期待しよう」そうプラスに考えて投げ続けることにした。

 

トップへの反応が若干よくなった7月

2018年7月の第1号ブラックバス

2018年7月の第1号ブラックバス

 

7月に突入すると徐々にトップへの反応がよくなった

が、去年と比較すると雲泥の差。非常に強力だった虫パターンもイマイチだし、ペンシルやノイジー系でスローに誘っても食いきらない。

ストレートワームをネコリグでかましても不発なんだから、どうしろっちゅうねん状態。汗

たまにお会いしたワーム釣りオンリーの大学生たちに話を聞いても『まったく釣れない(ボウズ)』との返答だったし、ワームで釣り上げている方を確認できなかったんだよね。

まあそんな年もあるだろうと割り切った私はプラグオンリーの釣りを誓う(たまに浮気はしたけど)。

以下が7月に釣り上げたバスの一部。

 

この時点ではまだ減水はなく、普通に桟橋から投げられる日が多かったように思う(無論、小坂田池は“桟橋からのみ釣りが可能”)。

45cmクラスが3尾、30cmクラスを多く従えスクーリングしている姿を何度も目撃したなあ。

 

そして、小坂田池のビッグママ(60cm)をはじめて目にしたのも7月だったかと。

 

そのビッグママを釣り上げた方が確かにいるんだよね。その貴重な写真はインスタでアップされている(許可をとっていないのでここには掲載できないが、気になった方はインスタを検索してほしい)。

 

小坂田池なんてバス釣り入門用の釣り場でしかないと思っているあなた、それは大間違い。十分にビッグサイズを狙える釣り場だから夢持っておいでよ。

 

ビッグママを目撃してからの私は、今まで使うことのなかった大きめのルアーを何度か投げるようになったw

 

8月~10月はコンディション悪化で激シブ状態に…

2018年8月の第1号バス

2018年8月の第1号バス

 

苦しみながらも何とか釣り上げていたが、8月に近づくとさらに状況は悪化した。

異常なまでの高気温の影響もあってか、8月上旬になるとアオコのようなものが大量に発生。水質がきわめて悪くなり、水面に死亡した魚が浮くようになった。

しばらくすると若干落ち着いたものの、コンディションはあまり回復せず、魚の活性は上がらずじまい。

プラグもイマイチ、ワームでも食わないのでもうお手上げ。8月・9月はあまり足を運ばなかったかな。

そして10月ラストの釣行でようやくワームが当たる。

2018年10月ラスト釣行であげたブラックバス

 

嬉しかったけど、去年とのギャップに疲れちゃってバス釣りのモチベーションが完全に低下してたね。

 

【総括】厳しいシーズンだったけど収穫もあった

あらためて2018年の小坂田池におけるバス釣りを振り返ってみる。

ホントしんどいし、厳しいシーズンだったけど個人的に次のような収穫・発見があった。

1)シーズンによって有効なルアーは大きく変わる
2)前年の釣りを当年に当てはめてもフィットするとは限らない
3)どれほど水質が悪化していてもポイントを付けば釣れる
4)ルアーのカラーはあまり関係ない(※私はこれまで結構こだわっていた)
5)台風後の晴れ間はなかなかアツい

 

去年からバス釣りを再開した身なので、まだまだ勉強不足と経験値が足りないひよっこだけど、2018年もアングラーとして成長できたように思う。

以前に比べればキャストの精度とアプローチ、ルアーセレクトのレベルも上がったなと感じるときがあるしね。

それだけに2018年の小坂田池は残念だったかな。汗

はたして2019年の小坂田池はどうなるかねぇ。

 

相変わらずマナーが悪いアングラー多し

小坂田池に掲げられいるマナーを問う看板

 

2017年の釣行記事でも書いたが、相変わらず一部アングラーのマナーが悪すぎる。

駐車に関してもゴミに関してもひどくなる一方なので、ホントこのまま行くと釣り禁になる可能性は大かと。

 

さらにさ、2018年のある日、早起きをして小坂田池にいったところ、第一桟橋と第二桟橋間の岸に大型ソファーが捨てられてたんだよね…

 

これに気づいた近隣住民が塩尻市にただちに通報し、市の職員と思われる方がすぐやって来たっけ。

 

ただでさえ釣り人のマナーが悪い中、不法投棄も見つかったわけよ?民家が近い環境の池に、ソファーを不法投棄するなんてどういう神経の持ち主なのかな??

 

こんな人間にはなりたくないね。

小坂田池が釣り禁止にならないためにも、落ちているゴミを持ち帰ったり、マナーを厳守するよう心がけようじゃないか。

だってさ、中信エリアで唯一公認のバス釣りができる池なんだぜ?ここ失っちゃったらどうなるか容易く想像できるはず。

小坂田池は2010年に釣り人のマナー問題が原因で、全面釣り禁止になりかけた過去がある。

現在も小坂田池でバス釣りができるのは、近隣住民の理解と清掃活動、桟橋の修繕を行ってくれる方がいるから。

これらを肝に銘じてほしい。もうそこまで釣り禁止が近づいていることもね。

いつまでも小坂田池でバス釣りができるよう、釣り人としての意識を高めてほしい。

 

釣具なら何でも買取してくれる「リサイクルネット」



関連記事

当ブログ内のおすすめ記事


-釣り・アウトドア
-, ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.