H30松本市「市民満足度調査の結果」




ローカル 衣・食・住

松本市の「市民満足度調査結果(平成30年度)」を見て思ったこと

投稿日:

広報「まつもと」を読んでいると、あるページが目に留まった。

松本市の市民満足度調査(平成30年度)の結果だ。

長野県は自然があふれていて住みやすく、移住先にも最適という声が県外から多く聞かれているが、ここ中信における拠点・松本市に暮らす人々の満足度はいかがなものなのか…?

これは以前から気になっていたことだ。

ちょうどその答えというか参考情報が得られるタイミングが到来したので、今回は松本市が公表している「市民満足度調査の結果」と私が思ったことを添えながらまとめていく。

若者の満足度が非常に高い松本市

「平成30年度の市民満足度調査の結果」/ 広報「まつもと」より

 

広報「まつもと」に掲載されていた平成30年度の市民満足度調査結果は以下の条件で実施されている。

実施期間:平成29年11月と平成30年1月の2回

対象者数:2,400人(1,200人×2回)

抽出方法:18歳~79歳の松本市民から無作為抽出

回収数(%):1,309人(54.5%)

 

結論から言うと「松本市の暮らしに対する満足度」は91.8%と優秀すぎる結果となっている。

では、「暮らしの満足度」「居住継続意向」「生きがいを感じている」といった各調査結果をそれぞれまとめていく。

 

「暮らしの満足度」における調査結果

まずは「暮らしの満足度」における結果から。

暮らしの満足度における結果/ 広報「まつもと」より

 

「満足している」「どちらかといえば満足」の合計値は91.8%と驚異的な数字。無論、「どちらかといえば」という点が引っかかるものの結果として満足している松本市民が多いというわけだ。

なお、若者(18歳~24歳)に限定した場合、同調査結果は96.7%だったとのこと。

もうほぼ100%と言っても過言ではないので、若者はもちろんその他年齢層も松本市が快適であると感じているのだろう。

ちなみに平成28年度の暮らしの満足度における調査結果では88.4%だった。

 

「居住継続意向」における調査結果

続いては「居住継続意向」。

居住継続意向における結果/ 広報「まつもと」より

 

「永住したい」「当分住み続けたい」の合計値が81.6%と上出来。むしろ永住したいと考えている方の割合のほうが多いので、それだけ松本市を気に入っているということなんだろうな。

なお、平成28年度の同調査結果は80.3%だったらしい。

松本市と言えど広いので地域によって暮らしにおける快適度は異なると思うけど、80%という合格ラインを超えてきているのはやはり住みやすさを各々が感じているからではないか。

実際、中信は車さえあればどこへでも行けて、商業施設や飲食店も充実しているので不満はない。

以前とくらべて松本市は随分と都会になったしね。

 

「生きがいを感じている」における調査結果

最後に「生きがいを感じている」。

生きがいを感じているにおける結果/ 広報「まつもと」より

 

「感じている」と「どちらかといえば感じている」の合計値が82.0%なのでこちらも合格点を突破。

ほぼどちらかといえば…という結果になっているものの、松本市に暮らす中で生きがいを感じている人は少なくないようだ。

なお、平成28年度の同調査結果は79.8%だったとのこと。

私はここ中信において十分に生きがいを感じているし、永住以外の選択肢はない。県外で暮らした経験と照らし合わせても、やはり中信、というよりも長野県の住みやすさは異常(あくまで個人的な意見)と言える。

 

「第10次基本計画の基本施策に関わる全57の設問」における市民の評価

「第10次基本計画の基本施策に関わる全57の設問」の評価 / 広報「まつもと」より

 

「第10次基本計画の基本施策に関わる全57の設問」ってなんぞや?と思われる方がほとんどだと思うので要約すると、「松本市ってこんなところですよね?」という質問に、はい・いいえで回答するという評価を表すアンケートのようなもの。

具体的な結果については上の画像を確認頂きたい。

なお、もっとも評価が高かった項目は「山岳観光の推進」「水道水の安定供給」だったらしい。

また、高い評価を得た項目は以下のとおり。

  • 「地域医療の充実」
  • 「保育環境の充実」
  • 「3Rの推進」

逆に低い評価を得た項目は以下のとおり。

  • 「道路整備の推進」
  • 「交通安全対策」

確かに唯一松本市において不満な点をあげるとするなら「交通マナー」かなと。

また、裏道なんかを通っているとありえない狭さの道や、見通しが悪い交差点、独自のローカルルールがある道などがあったりするのでこれらは改善して頂きたいかな。

最近は車を運転中、猛スピードで脇を走っていく自転車に不満を感じている…。

 

松本市の市民満足度調査結果を見て思ったこと

私個人としては中信が好き過ぎて生きがいも感じている。

しかし、松本市が公表している明確なデータを見たときの率直な感想は、「え、こんなに高いんだ」だった。

どうやら私が思っている以上に松本市は愛されていて、快適に暮らしている方が多い模様。

そりゃあ次々と芸能人をはじめ、都会暮らしの方々が長野県に移住するわけだ。

有名どころでは柔道家の篠原信一さん(安曇野市)、現在移住計画中のタレントの三四六さん(多分、長野市)かな。一般人も続象と移住して古民家を改装⇒人気店をオープンといったニュースも豊富なので、長野県への移住を検討されている方には自信をもってオススメしたい。

ちなみに長野県の移住については別記事でまとめているので、気になった方はチェックを。

 

参考:平成30年度 松本市民満足度調査結果

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-ローカル, 衣・食・住
-, ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.