行くと別れる松本市のデートスポット




ローカル 心霊・オカルト

行くと別れる?!松本市のデートスポットまとめ【噂の真相】

投稿日:

以前から気になっていた噂がある。

それは“行くと別れる(可能性がある)デートスポットが松本市にある”というもの。

まあ、この手の都市伝説というかオカルトは鼻で笑い飛ばすか、お酒の席でのネタに適したレベルなんだけど、意外にも調べてみたところ単なる噂話でもないなんてケースも珍しくない。

なお、行くと別れると噂されている松本市のデートスポットは主に2件。

ひとつは「松本神社」、もうひとつは「松本城」

ということで備忘録がてら、行くと別れる松本市のデートスポットについてまとめてみましたよっと。

#1「松本神社」

Wikipediaより

 

「いや、そもそも松本神社ってデートポットなのか・・・?」

いきなりツッコミたくなる噂話だけど、松本市の都市伝説において“松本神社に行くと別れる“という情報は鉄板のひとつと言っていいかもしれない。

松本神社に行くと別れるという噂が流れている背景には、実際に祀られている「松姫」の器量の悪さが大きく影響していた。

松姫は徳川家康の異父妹にあたる姫。
しかし、器量が良くないことを理由に、家康は家臣の松平(戸田)康長(戸田家:松本城主)に嫁がせた。

松本城主・松平康長 Wikipediaより

 

ところが康長はまったく相手にせず、限界になった松姫は松本城の堀に身を投げた・・・と言われている。

要するに祀られている松本神社でデートすると、松姫の嫉妬によって別れさせられるというわけ。

何となく信ぴょう性がありそうだが、真相はまったく異なっていた。

松本神社に行くと別れるという都市伝説の真相を徹底的に解明してくれたのがSBCラジオの番組「GO!GO!ワイド らじ★カン」。

同番組の公式ブログにてまさにこのネタの真相が解明されている。

松本城管理事務所の研究専門員・南山孝先生によると、そもそも松姫は美人で松本市に来たことはなかったとのこと(康長とは婚姻)。

そもそも松本神社には松姫だけでなく実子の永兼も祀られている。

当時、永兼は松本城主になる予定だったが若くして亡くなってしまう。それ以降、戸田家に不幸が続いたことから、不幸の原因は永兼と松姫の無念であると考え、それを鎮めるべく松本神社に祀られたとのこと。

ちなみにいかにして松姫は器量が悪く、その嫉妬によって別れさせられるといった噂話が拡散したのかはわからないらしい・・・。

まあ、都市伝説なんてそんなもの。
急に出現して急激に拡散、根拠もないのになぜか語り継がれる。

ということで、松本神社に行くと別れるという都市伝説は“デマ”でございます。

 

#2「松本城」

Wikipediaより

 

これまた松本市のデートスポットというよりは、松本市の鉄板観光スポットとすべきの松本城。

松本城もまた行くと別れるとの噂が絶えないデートスポットらしい。

松本神社同様に噂話が作られた原因は不明だけど、先述した松平康長と松姫の件が影響していると見ていいかと。つまり、松本神社と松本城はこの件ではセットになっているだけ。

ちなみに昔からの噂では「埋橋(赤い橋)」を渡ると別れるという情報が拡散していたように感じる。

埋橋 Wikipediaより

 

ちなみに埋橋は現在、地震に対する安全性などの問題から渡ることができなくなっている。

そういえば学生時代、当時付き合っていた彼女と松本城でデートしたけど、その後別れたなw

出会いがあれば別れがあるのは当然なので“ものは言いよう”だし、捉え方によっていくらでも解釈は増えるけど。汗

ということで松本城に行くと別れるという情報も“デマ”と見ていいかなと。

 

みなさん、安心して松本市でデートしてください

松本市のどこに行こうが人間、別れるときは別れる。苦笑

「デートスポットで有名な○○に行くと別れるからやめておけ」だとか「松本市の××は行くと高確率で別れるらしい」だとか、おそらくいろんな噂話が飛び交っていると思うけど、信じればそうなるし、信じなければそうならない。

大切なことはデマに踊らされないことのないよう生活すること。

ネット上にはデマが溢れ、それがあたかも事実のように語られたりするし・・・。汗

カップルで行きたいところに行けばいいんですよ、ええ。
それだけ。

実際に縁切りだとか悲惨な歴史的背景があるデートスポットっていうなら話は別ですけど、少なくとも先述した松本神社と松本城はデマなのでどうぞ安心してデートしてください

今後も松本市内もしくは界隈で同様の噂があったら追記する予定。

ではでは。

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-ローカル, 心霊・オカルト
-, , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.