伊那北の焼き鳥屋「昭和軒」




衣・食・住

【伊那北】常連ご御用達の焼き鳥屋「昭和軒」の魅力

投稿日:2019年7月22日 更新日:

伊那北駅のすぐ近くに地元民から愛され続ける焼き鳥屋がある。

「昭和軒」だ。

現在は改装で真新しさがあるものの、その名のとおり、昭和の雰囲気を漂わせた風貌の「昭和軒」

 

開店は17時だが間もなく常連でいっぱいになり、18時以降にもなれば満席でなかなか入ることが難しい昔ながらの焼き鳥屋だ。

伊那北に行く際よく目にしていたものの、見るからにして常連客ご用達の焼き鳥屋だとわかったので、なかなか入れずにいた。が、ちょうど行くタイミングが訪れたので昭和軒の焼き鳥を堪能してきた。

さて、店内は思ったよりも広くキレイで、カウンターも含めて全席それなりにゆったりできる印象。

メニューも至ってシンプルだが、焼き鳥だけでなく気になる一品も多い。

昭和軒のメニュー

 

早速ビールを注文すると、お通しもものすごくシンプルな「もやしのポン酢和え」。

お通しの「もやしのポン酢和え」

 

私はこのようなTHEシンプルな一品がたまらなく好きなので、この時点で昭和軒に惚れ惚れしてしまった。

うん、シンプルだけどやっぱり旨い!
正直、このもやしポン酢だけでもビールは3杯行けるw

と、目的は常連客が愛してやまない焼き鳥。

早速、ひと通り焼き鳥を注文。

特に目を引いたメニューは「豚ホルモン」と「ジンギスカン」だった。

豚ホルモン

ジンギスカン

 

これまで焼き鳥屋には数え切れないほど足を運んできたが、豚ホルモンとジンギスカンを提供していた店舗に出会ったのはこれが初。もともと居酒屋だらけのディープな街とも言える伊那市だけど、良い意味でこういったところも変わってるのかなと。

豚ホルモンはタレとの相性が抜群でどんどんビールが進む味付け。
一方でジンギスカンはにんにく醤油と相性が良く、こちらは焼酎が進む印象かな。

続いて、「ハツ」と「せせり」。

「ハツ(左)」と「せせり(右)」

 

これらは焼き鳥屋では定番のメニューであるが、シンプルに塩で食べたほうが旨い。

程よい食感と弾力が塩味と相まってバクバク食べれてしまう。

なるほど・・・こりゃ地元民の胃袋を掴んでいるわけだ。

そして「牛串」と「つくね」。

牛串

つくね

 

牛串はまるでステーキのようなジューシーさと柔らかさでガッツリ食べたい方におすすめ。ちなみにタレと塩それぞれで食べたが、どちらも良さがあるので各味付けで試されたほうがいいかも。

つくねは非常にシンプルだが昭和軒のタレが絶妙なので、これまたバクバク食べられる印象。

この時点ですべての串が旨くていつもよりも飲むペースが早くなり、二日酔いコース確定。とはいえ、幸せな時間を過ごせたのでオールOK!

他にもサイドメニューをいくつか。

鳥の軟骨唐揚げ

豚のモツ煮

 

「軟骨唐揚げ」は甘辛いタレがかかっているんだけどこれがまた絶妙!!

ビールにも合うし焼酎にも合うし、とにかく酒を飲まずにはいられない中毒性のある味付け。間違いなく酒飲みだったら好んで食べる一品かなと。

「モツ煮」に関してはやや薄めの味付けだけど、それが飽きを抑制して食べやすくしている。

個人的にはこれくらいの味付けのほうが好みだし、酒を美味しく飲めるかな。

 

以降も好きな焼き鳥を追加注文しつつ酒を注文し、とことん昭和軒の焼き鳥と雰囲気を堪能した。

やっぱり私は伊那北駅~伊那市駅エリアが大好きだ。

昭和軒は伊那北に訪れる際の一軒目の飲み屋に決定だなw

ごちそうさまでした!

 

「昭和軒」

営業時間:17:00~

定休日:-

住所: 長野県伊那市伊那山寺八幡町1934

TEL:0265-72-0397

座席:-

 

<PR>【医学博士監修】特許取得成分配合・飲み過ぎ対策サプリ【エカス ekas】



関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-衣・食・住
-, , , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.