伊那北の焼き鳥屋「昭和軒」



衣・食・住

【伊那北】常連ご御用達の焼き鳥屋「昭和軒」の魅力

投稿日:2019年7月22日 更新日:

伊那市飲み屋街から外れた伊那北駅のすぐ近く。

地元住民から愛され続けるレトロな焼き鳥屋がある。

「昭和軒」だ。

開店するやいなやあっという間にカウンター席が埋まり、座敷席はすでに予約でいっぱいという人気店。レトロな喫茶食堂「門・やません」の次に足を運んだのがこの「昭和軒」である。

開店ピッタリを狙って運良く入れたので、この記事では常連ご用達の焼き鳥屋「昭和軒」の魅力をば。

あっという間に満席!伊那北駅近くの焼き鳥屋

昭和の雰囲気を漂わせる焼き鳥屋「昭和軒」

 

昭和軒はJR飯田線「伊那北駅」近くにある焼き鳥屋。

外壁が新しく塗装されたため、真新しい建物のように見えるが、塗装では隠すことのできない昭和の雰囲気がただよってるんだよね。

そんな文字どおりの昭和軒は飲み屋街から外れた場所に位置しているものの、17:00の開店から間もなくして満席になる人気店。ほとんどが常連客だが観光客も多く訪れるので、18:00以降の入店は厳しいと言えるだろう。

実はこれまでに伊那北には何度か訪れていて、昭和軒が常連客ご用達の焼き鳥屋であることは把握していた。だからこそ確実に入店したかったので、伊那市駅近くの食堂「門・やません」でランチをし、その後ぶらぶらしながら開店を待つ。

時刻は16:55。昭和軒の前で待機していると提灯に明かりが灯り、一番乗りで入店することができた。

 

メニューには普段見かけない串も

メニュー

昭和軒のメニュー

 

昭和軒の店内は思ったとおり昭和の香りが漂っていた。でも、その色がもっと濃いのだと思っていたけど、改装による影響なのか真新しさを感じた部分もあったね(別にマイナス要素ってわけじゃない)。

広々としているだけでなく清潔感があり、全席座間に余裕があるのでゆったりできる印象を受けた。

メニューラインナップはシンプルだが、焼き鳥以外にも注目すべき料理が見られた。

やきとりメニュー

・鳥ねぎ
・豚ねぎ
・こめかみ
・豚ホルモン
・ナンコツ
・鳥レバー
・ハツ
・砂肝
・つくね
・とりかわ
・せせり
・牛串
・ラム(ジンギスカン)
・珍味イカとんぴ

※味付けは「たれ」「塩」「にんにくしょうゆ」から選べる

 

豚ホルモンとラム(ジンギスカン)を置いている焼き鳥屋ってそうないよね。

これだけでも貴重な焼き鳥屋だとわかる。

続いてはおつまみ・つけものメニューをば。

おつまみ・つけものメニュー

・三色サラダ
・冷奴
・温奴
・ワカメ酢
・オニオンスライス
・モロキュー
・牛肉煮込み
・手羽先からあげ
・湯豆腐
・軟骨からあげ
・はくさい漬
・キャベツの浅漬

 

昭和軒のメインメニューはこんな感じかな。

あとは何種類かうどんが用意されていて、要予約でぼたん鍋を食べることができる。

アルコールメニューはひと通り揃っているので飲兵衛が不満を抱くことはないはず。ソフトドリンクも充実しているので純粋に焼き鳥を楽しみたい方にもおすすめできるね。

 

懐かしく旨い焼き鳥の数々にニンマリの連続でっせ

お通しの「もやしのポン酢和え」

お通しの「もやしのポン酢和え」

 

メニューは把握した。
まずは瓶ビールを注文しようじゃないか。

間もなくして運ばれきたのは、ものすごくシンプルなお通し「もやしのポン酢和え」

 

私のようなTHEシンプルを好む人間にとってこのお通しは、もう愛さずにはいられない存在。まだ焼き鳥食ってないんだけど、この時点で昭和軒に惚れちまったよ。

 

うん、シンプルだけど旨い!
正直、このもやしポン酢だけでもビール3杯行けるわw

と、そんなことやってたら伊那北住民が愛してやまない焼き鳥を食べられないので、まずは気になって仕方なかった「豚ホルモン」「ラム(ジンギスカン)」から注文(ふつう鳥ねぎからだろ)。

豚ホルモン

豚ホルモン

ラム(ジンギスカン)

ラム(ジンギスカン)

 

私はこれまでに多くの焼き鳥屋へ足を運んできたが、豚ホルモンとジンギスカンを提供する店舗に出会ったのは

豚ホルモンは程よい焦げ目がつく状態で焼かれ、柔らかさも楽しめる串。味付けは「たれ」を選択したが正解だったかな。一般的な柔らかく歯ごたえのあるホルモンではなく、あくまで串Verのカリカリ寄りなホルモンをイメージしたほうがいいかも。たれとの相性が抜群でどんどんビールが進んださ。

一方でラム(ジンギスカン)は「にんにく醤油」と相性が良く、やわらかい肉質と風味が魅力。ラムが大好きな方なら間違いない串になると思う。こちらは焼酎が進む印象かな。

 

続いて、「ハツ」「せせり」

「ハツ(左)」と「せせり(右)」

「ハツ(左)」と「せせり(右)」

 

ハツは柔からさと歯ごたえ、せせりは上品な旨味と脂が楽しめる串。

味付けはシンプルに塩で食べたほうが旨いかなと。

 

そして「牛串」「つくね」

牛串

牛串

つくね

つくね

 

牛串はまるでステーキのようなジューシーさと柔らかさ。ガッツリ食べたい方・鳥以外の串を好む方におすすめ。ちなみにタレと塩それぞれで食べたが、どちらも良さがあるので余裕があるならすべて試したほうがいい。

つくねは非常にシンプルだが昭和軒のたれが絶妙なので、肉を食らうのに飽きたら気分を変えるために注文するといいかも。

 

昭和軒がもつレトロな雰囲気、どこか懐かしさを感じる旨い焼き鳥の組みわせは反則ってもんよ。

いつもより飲むペースが早くなり、早い段階で二日酔いコースが確定。

それでもいいんだよ、ずっとここに来て飲みたかったんだから。

幸せなことじゃないか。

 

昭和軒はサイドメニューも旨いぜ

鳥の軟骨唐揚げ

鳥の軟骨唐揚げ

 

昭和軒の魅力は雰囲気と焼き鳥だけじゃない。

サイドメニューも旨えんだこれが。

 

鳥の軟骨唐揚げは特製の甘ダレがかけられていて、飲兵衛はもちろん一品料理が好きな方にもおすすめだと思う。

ビールに焼酎にも合うメニューなんだよね、これ。

とにかく酒を飲まずにはいられない中毒性のある味付けだな。

 

続いて「牛煮込み」を注文しようとしたのだが、切らしているらしく代わりに「豚のモツ煮」を提供しているとのこと。それなら食べましょうということで注文。

豚のモツ煮

 

やや薄めの味付けだけどそれが飽きを抑制しているんだろうな。最初は物足りなさを感じたんだけど、途中から「あ、なるほどな」と納得する、食べやすく飽きない味付けになっている。

 

昭和軒はしっかりと飲兵衛のことを考えて料理を提供しているね。

串もサイドメニューも絶妙な味付けにしているからこそ、いつまでも美味しく酒を飲めるってわけだ。

 

【総括】伊那で焼き鳥を食らうなら是非「昭和軒」で

昭和軒の焼き鳥はとびっきり旨いわけではない。

レトロな雰囲気に浸りながら、地元住民から愛される「焼き鳥」と「酒」を楽しむ場所である。

なんていうのか、雰囲気が先で料理はそのあとなんだよね。

これがわからないと昭和軒に行っても良さを感じることができないと思う。

極上の品質を持った焼き鳥が食べたいなら相応の店に行けばよいんでね。

店の雰囲気も重要な判断材料という方なら、ぜひとも昭和軒に足を運んでほしい。

やっぱり私は伊那が大好きだ。

ごちそうさまでした!

 

「昭和軒」

営業時間:17:00~21:00(LO 20:30)

定休日:-

住所長野県伊那市山寺八幡町1934

TEL0265-72-0397

座席:-

 

【医学博士監修】特許取得成分配合・飲み過ぎ対策サプリ【エカス ekas】



関連記事

当ブログ内のおすすめ記事


-衣・食・住
-, , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.