【縄手通り】趣のある酒処『いわな』がたまらなく好きな件




衣・食・住

【縄手通り】趣のある酒処『いわな』がたまらなく好きな件

投稿日:

レトロな雰囲気が漂う松本市・縄手通り。

風情のある長屋風のお店が立ち並ぶ商店街で、模型や雑貨、お土産などさまざまなものが売られているが、注目すべては飲食店。

特にリアルミニ深夜食堂かって思わせてくれるほど趣のある酒処『いわな』は私の行きつけだ。

今となってはかなり貴重な存在となったカウンター席が10席にも満たない激狭な酒処も、『いわな』が解決してくれる。

今回は私が愛してやまない酒処『いわな』についてあれこれ書いていく。

一見さんは入るのに勇気がいる

酒処「いわな」

繩手通り商店街にある酒処「いわな」

 

松本市・縄手通りにある酒処『いわな』は見るからにして昔ながらの狭い飲み屋。

訪れるお客の9割は常連さんと言っても過言ではなく、様々な飲み屋を経験した方でないと入るのに勇気がいると思う。なんというか見えないバリアが張られていてそれをくぐれるのは常連さんのみみたいなね。

ホント飲み屋慣れしていない状態で入りたいなら、是非とも2名以上で訪れることをおすすめする。

というのも、中は想像以上に狭くお客様のほとんどが常連さんなので飲み屋慣れしていて一定以上のコミュニケーション能力がないと終始ツライ思いをするからだ。

しかし、一見さんをお断りしている店舗ではないのでご安心を。

良いスタート(入店)を切るためにも「今、空いてますか?」だとか「一人(もしくは二人)ですが大丈夫ですか?」と、マスターに聞いてから入るのがベストかなと。

私にとって『いわな』は理想の飲み屋であり、あの深夜食堂をさらに小さくしたようなイメージ(完全に深夜食堂なわけではないけど、イメージとしては近いという感じ)。

とにかく今この時代に残ってる貴重な飲み屋(あえて居酒屋とは表記しない)というわけ。

 

昭和で時が止まった店内

店内

昭和が香る「いわな」の店内

 

『いわな』の店内は縄手通りの雰囲気とよく合っている。

まるで昭和から時計の針が動いていないかのような良い雰囲気で、月日によって劣化したカウンターテーブル、壁に飾られた様々なもの、天井角に置かれたテレビ、10人も座れないカウンター席など、昔ながらの飲み屋要素のオンパレードだ。

マスターもまた良い雰囲気の持ち主で、寡黙なんだけど優しく気配りをしてくれる。

常連さんが言うには、掲げられているメニュー以外にも作れるものなら何でも作ってくれるとのこと。

 

うん、完全に深夜食堂のマスターだなw

 

厨房もまたいい味を出していて、もうこの画を見ているだけで瓶ビール1本と焼酎をロックで1杯は行けちゃうんだよね。

厨房

厨房もまた「いわな」を楽しむ要素のひとつ

 

そして何より『いわな』の魅力ったら常連さんは皆良い人ばかりってこと。

話が好きで常連さんと飲むことが好きな人であればすぐに打ち解けることができるし、気がつけば互いの酒を注ぎ合い話に花を咲かせてしまう(私の場合、いつも常連さんと深酒してしまって予定を狂わしてしまうが…汗)。

やっぱり昭和が香る飲み屋ってのは面白くてモノを大事にする人が集まるなあ。

 

メニューはシンプルだけどレア

メニューボード

カウンター真ん中に掲げられているメニュボード

 

『いわな』のメニューは定番の一品料理から刺身、肉物、揚げ物、焼物、ご飯・麺類など、居酒屋に置かれている料理は一通り揃っている。

非常にシンプルなラインナップだが、このような昔ながらの飲み屋には十分すぎる量だと思うし、むしろ多すぎるという声もあるかもしれない。

 

でもね、それぞれのメニューに外れなしなのよ。

 

私は特に『いわな』の揚げ物が好きなので、鶏の唐揚げやハムカツを注文することが多い。

ハムカツ

「ハムカツ」はぶ厚く、ありったけの千切りキャベツが添えられている

鶏のから揚げ

しつこくなくサッパリとした味付けの「鶏のから揚げ」

 

一方で常連さんは刺身や焼き鳥をよく注文し、トンカツを絶賛しているかな。なかには酒を飲まずにマスターのトンカツ定食だけを食べに来る方もいる。なので、美味しいトンカツを繩手通り付近で食べたいなら『いわな』をチョイスするのも手だと思う。

 

また、『いわな』はクジラ料理が食べられる貴重な飲み屋。

 

クジラの刺身とベーコンを楽しむことができるので好きな方は是非。

アルコールメニューはもっとシンプルでビールをはじめ、日本酒、焼酎など。冬季のビールは瓶のみでジョッキは暖かくならないと提供されない。

ここはお酒のラインナップを求めるようなところではないのでまったく不満はない。むしろ、瓶ビールと焼酎、日本酒があれば他のお酒など不要だし、十分に満喫することができる。

いやあ、『いわな』の料理はどれも優しさで満ち溢れているし、常連さんと話しながら食べるからこそ美味しさが増すんだろうな。

もう完全に虜だぜ…

 

趣のある飲み屋をお探しなら是非『いわな』へ

ビールとお通し

ビールとお通し

 

縄手通り周辺にはさまざまな居酒屋があり、どの店舗もオリジナリティを持って営業している。

が、酒処『いわな』のような趣のある飲み屋は珍しいかもしれない。

モダンでキレイで広々とした飲み屋を探している人には不向きだけど、昭和な雰囲気に浸りながら美味しいお酒を飲みたいと言う人にはおすすめである。

私はよく『いわな』で引っかけるので出会った際はどうかお手柔らかに。

 

酒処『いわな』

営業時間
昼は11:00くらいから14時くらいまで
夜は17:00くらいからが目安
(※営業時間はややアバウトなので電話でご確認を)

定休日:‐

住所長野県松本市大手4丁目3−19

TEL0263-32-6090

座席:カウンターのみ(だいたい6席くらい)

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-衣・食・住
-, , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.