平出遺跡博物館エントランス



観覧・散策

【観覧】平出遺跡博物館で和んできた@塩尻市宗賀地区

投稿日:2018年10月16日 更新日:

中信に住んではいるものの、まだまだ行ったことのないスポットは多い。

ようやく私も生まれ育った中信の歴史や有名なスポットに足を運んで、少しでも情報を頭に入れたいという年齢になったのか、最近は積極的に中信エリアで散策・観覧などができるところを探していたりする。

そこで気になったのが塩尻市宗賀地区にある「平出遺跡博物館(正式には平出博物館)」

縄文時代の住居や資料を見ながら学習できるということで行ってみるかと。

ということで、この記事では平出遺跡博物館とその周辺にある歴史公園(平出遺跡公園とは別)を散策した感想を記していく。

まずは歴史公園で古代高倉や復元住居などを見て楽しむ

駐車場に設置されている案内板(ガイダンス)

 

昼頃に自宅を出てからマイペースに運転。
そして、大して時間もかからずに平出遺跡博物館の駐車場に到着。

非常にこじんまりとした建物だけど、裏には歴史公園が構えていて古墳や高倉などを楽しむことができる。

まずは歴史公園から散策しようと思い、上画像の案内板を見た後に専用駐車場から登るルートを選択。

ちなみに歴史公園は無料で散策できるので、県外の方は観光スポットとしてはもちろんのこと、地元民でまだ平出遺跡博物館に行ったことのない方はぜひ足を運んでほしい。

ということで、歴史公園を遊歩道に沿って歩いていくと、最初に顔を出したのが「クマ注意」「禁煙」という注意書き。

歴史公園の歩道

山育ちの私としてはクマの恐怖を十分に把握しているつもり。

やはり土地的というか山を背負っていることもあって、運が悪いとクマと出くわしてしまう可能性アリの様子・・・。そして、観光スポットということで全国から観光客が訪れるわけだが、一部の非常識な人間がこのような重要な場で平然と喫煙しポイ捨てするのだろう。

と、禁煙の注意書きに残念な気持ちになりながらも、やはり山の空気はオイシイ。気分もリフレッシュできるし、日々の疲れがほぼ吹き飛びます。自然のエネルギーというかヒーリング効果ってすごい。

いい気分に戻って歩いていると、「古代高倉」が顔を表した。

古代高倉1

 

いや~実に渋い!!

 

歴史的建築物が好きな私は、とにかく木が織り成す表情や組み合わせがたまらなく好き。

もちろん、この古代高倉はあくまで展示用(復元したもの)でしかないが、これはこれで十分なクオリティだと思う。展示用としては合格点と言ってもいいのでは?

古代高倉2

 

屋根に積もった枯れた草木もいい味を出している。

やはりこういった歴史的建築物は興味のある方であれば十分に楽しめるな。けっして子供が学習することを目的としたスポットではないし、大人になったからこそ見えるものがあったりする。

古代高倉 説明板

 

平安時代、激シブ!!
むしろ、イマドキのわけがわからないデザインの建物の数百倍もいい(と思うのは私だけ?)。

ワクワク感を抑えきれずに少し歩くと、次に出てきたのは「平出古墳」

平出古墳2号

 

ルート的に逆から入ったため、最初に見た平出古墳は2号から。

先ほどの古代高倉を見てしまうとややインパクトに欠けるが、復元されているにしてもやはり時代を感じさせるものには感動してしまう。

平出古墳1号

 

古墳の真ん中で数回飛び跳ねたのは内緒(・・・周囲に人がいないことを確認してワクワクを少しばかり表現)。

こうやって古墳の上を歩ける形で展示されているのは嬉しいところ。

しかも、無料で体験できる公園なので子供だけでなく大人にもやさしい。

平出古墳 説明板

 

こうやって説明板も置かれているので、まったく知識がなくても学習できる点がいい。

場所によっては不親切なところもありますが、説明があるかないかでその場を楽しめるかどうかが大きく変わってくるかなと。

引き続き、少々歩くとお次は「窯跡」

菖蒲沢窯跡瓦塔(県宝)

 

こちらが建設されたのは奈良時代中期。
そしてこの「菖蒲沢窯跡瓦塔」は県宝なのだそう。

学習するためにも説明板を読みながらじっくり眺めたかったが、この公園の清掃員?と思われるオバちゃん2名が思いっきり展示のなかでお茶を飲んでいるではないか・・・(上画像をよく見ていただければ中央やや右に水筒が写っている)。汗

ということでこちらは断念してふたたび遊歩道を歩く。

遊歩道

 

私、大の京都好きだが、この遊歩道の雰囲気、京都に負けていないよね?

遊歩道は特に撮影するつもりはなかったが、この絶妙な雰囲気に圧倒されてパシャリ。個人的にこの遊歩道の出来は素晴らしい。

そして、最後に顔を出したのが「復元住居」

復元住居1

 

やはり古墳時代といったらこの住居。

こちらも味があって奥深さがあり、現代アートとはまた違う魅力を持っている。

復元住居2

 

やっぱりコンクリとかではなくて草木が浮かべる表情って暖かさがある。

そして非常に細かな作業の上に完成するわけですから、愛着度の部分でも相当違ってくるのかなと。

復元住居 案内板

 

といった感じで歴史公園は以上。

けっして展示されている歴史的建築物は多くないものの、ひとつひとつのインパクトが高いので見るに十分。おまけに触れることができるので、古い時代の住居などを体験したいなら行ってみる価値はアリだなと感じた。

 

平出遺跡博物館で塩尻市の“過去と今”を学習

平出遺跡博物館 エントランス

周辺にある歴史公園を堪能した後、平出遺跡博物館を観覧。

残念ながら博物館ということで撮影NG。
入館料300円を払った後、案内に沿って館内の展示品を堪能してきた。

以下が平出遺跡博物館のパンフレット。

パンフレット 左

パンフレット 右

 

館内は非常に落ち着いた雰囲気で、じっくり展示品を眺めることができる配慮がなされている印象。

また、非常に新しい施設なので居心地は快適。
性別年齢問わずにどなたでも楽しめる歴史博物館といったところ。

1Fは平出遺跡と古代の塩尻における展示品が並び、特に見ごたえがあったのは「土器」。現在は大量生産からなる無機質な食器などが溢れているが、土器に関しては人のぬくもり、そして奥深さが確かに感じられ、到底真似できるものではないことを痛感させられた。

そして、銅鐸もまた個人的に興味をそそられるものなのでじっくり眺めていた。

 

2Fは塩尻市の古代と民俗について深く学習できる。

まさに塩尻市の過去から今までの歴史を学習できるエリアになっていて、民俗資料展示コーナーでは時間を忘れて数十分くらい眺めていたと思う。

個人的に釣りが好きなので昔の人が使用していた漁に用いる道具に興味津々になり、あらためて先人が持っていた技術や感性に驚かされた。同時に現代はいろいろな部分で甘えているなと。

感動しっぱなしで一通り観覧すると、最後にお土産コーナーが。

そこで一目惚れしてしまったのが「ミニ銅鐸」w

ミニ銅鐸

 

もちろん購入しましたよっと。

この可愛らしさがたまらない。
博物館のお土産コーナーにおもしろものや気になるものがあると、高確率で買い上げしてまう私…汗

こうしてミニ銅鐸を購入し、平出遺跡博物館を後にした。

非常にワクワクする展示品が多く、また歴史を深く学習できたので価値ある1日に。知っているようで知らないことってまだまだ沢山あるんだなと。

やはり平出遺跡博物館は塩尻市の歴史を学ぶのであれば是非とも足を運んでほしい施設である。

 

平出遺跡博物館の詳細

最後に平出遺跡博物館の詳細を。

なお、ソースは塩尻市の公式サイトからであり、平出遺跡博物館のページを参照している。

 

アクセス

〒399-6461 長野県塩尻市大字宗賀1011-3

開館時間

午前9時~午後5時

休館日

・月曜日
・祝日の翌日
・年末年始(12月29日~1月3日)

問い合わせ

電話:0263-52-1022
FAX:0263-52-1295
E-mail: haku@city.shiojiri.lg.jp

入館料

大人:300円 (20名以上の場合は、団体料金240円)
中学生以下:無料
障がい者およびその介助者(1名)の方は観覧料が免除になります。

URL

平出博物館

 

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事


-観覧・散策
-, , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.