【長野県】県内19市の人口ランキング2019



ローカル 衣・食・住

【長野県】県内19市の人口ランキング2019

投稿日:

市民タイムス2019年9月21日号より。

ふとした時に「自分が暮らしている市町村って県内の人口ランキングにしたら何位なんだろう?」と思ったことはないだろうか。

今回は県内19市のみのランキングになってしまうが、市民タイムスが長野県がまとめた毎月人口異動調査結果をまとめたので、備忘録がてら掲載しておく。

【長野県】県内19市の人口ランキング2019

市民タイムス2019年9月21日号より

 

あくまで同記事は塩尻市の特集であり、県内19市の人口ランキング自体に注目したものではないが19位までの並びを確認することができる。

やはりダントツは長野市(37万293人)。次いで松本市(24万424人)となっているが、その差は13万人にも及ぶため長野市にどれだけの人々が暮らしているかがよくわかるなーと。

4位の佐久市(9万8581人)以降は10万人に届かず、19位の飯山市の人口は8月1日時点で1万9823人となっている。

ちなみに塩尻市の人口がはじめて伊那市を超えたということだが、その背景には塩尻市が平成27年に策定した「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が影響している模様。

同戦略の人口ビジョンで転入転出の差における社会増減を政策誘導によって拮抗させ、国機関による将来推計人口を上回る目標を掲げたのだという。

これによりここ4年は社会増を実現し、2019年4月1日現在では目標値より老年人口(65歳以上)で308人、生産年齢人口(15~64歳)で188人上回っているようだ。

長野県民ではあるもののまだまだ知らないことばかり。

無知は罪なり。
日々お勉強だな。

 

長野県の各種ランキング&その他特集記事一覧

【2019年】長野県内企業の売上高ランキング

いる?いらない?長野県の“エアコン”設置率(普及率)を調べてみた

【長野県中信】各市町村における名前の由来を調べてみた

松本市の「市民満足度調査結果(平成30年度)」を見て思ったこと

長野県の伝統工芸品&民芸品をまとめてみた

長野県の特産物(農産物)をまとめてみた

長野県の“年取り魚”が地域でブリとサケに分かれている理由

長野県の郷土料理をまとめてみた

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事


-ローカル, 衣・食・住
-, , , , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.