沓沢湖




釣り・アウトドア

かつてバス釣りの聖地だった沓沢湖の現在

投稿日:2018年10月19日 更新日:

かつて中信エリアでバス釣りの聖地(メッカ)と言われていた人工湖がある。

間違いなく中信にお住まいのアングラーであるなら誰もがご存じのはず。

そう、塩尻市洗馬にある「沓沢湖(くつざわこ)」

現在、中信エリアでバス釣りをするとなれば、松本市の田溝池か塩尻市の小坂田池しかない(他にもバスが生息する池は沢山あるものの、そのほとんどが釣り禁止)が、全盛期の沓沢湖は両者を寄せ付けないほどの人気を誇っていた。

当時のバス釣りブームと相まって全国バス釣りスポットをまとめた書籍にも紹介されるほどだったが、現在はすべての水が抜かれて埋め立てられようとしている。

最近、沓沢湖を散策したのでこの記事で現状についてまとめていく。

スレた沓沢湖のバスをどう攻略するかに燃えた当時

ブラックバス

画像は小坂田池で釣り上げたバス

 

私がバス釣りをはじめたのは小学校5年か6年生のとき。

ちょうどその頃全国的にバス釣りブームが到来していたこともあって、決まって足を運んだのは近場にある沓沢湖だった。

日中はほぼ釣り堀状態と化すほど人が群れ、夜になっても竿を振るアングラーは珍しくなかったし、人気がなくなるのは深夜くらいだった記憶がある。

沓沢湖の上空写真

決して大きい湖ではないが小さくもない沓沢湖
image: Wikipedia

 

航空写真で見ていただければわかると思うけど。沓沢湖はそれなりの大きさ。そんな湖が釣り堀状態になるわけだから、どれだけの人が集中していていたかが容易にイメージできる。

まあ、それだけの人が日々訪れるわけだからバスへのプレッシャーは尋常ではなく、沓沢湖のバスはスレにスレていて、タイミングが合わないと釣り上げるのは非常に厳しかったなと。

ただ、早朝に行ってこれまた当時流行っていた常吉ワームをスプリットショットでズル引きすると数本は上げられた記憶がある(これは私が中学生くらいの記憶)。

高校生になった私は次第にバス釣りから離れ、大学は県外、そして30歳までは東京で暮らしていたこともあり、沓沢湖のありがたみを感じたのは2017年にバス釣りを再開したときだった。

沓沢湖における情報を知っている方ならご存じだと思うが、もうすでに沓沢湖は湖として機能していない。とっくにバス釣りは禁止されていたし、現在は水がすべて抜かれてもぬけの殻となっている。

では、なぜ沓沢湖はもぬけの殻になってしまったのか?

 

なぜ完全に水が抜かれてしまったのか?

まだ水があった頃の沓沢湖  image:Wikipedia

 

そもそも沓沢湖は全盛期だった頃も釣りは禁止されていた。

ちょうど沓沢湖にかけられた橋の横に置かれた看板に思いっきり釣り禁止と書かれていた記憶がある・・・。汗(今でこそマナーを守って釣りをしているが、沓沢湖時代はもう釣りたい一心の大バカ者だった・・・本当にごめんなさい)

やがて沓沢湖は全面釣り禁止になったが、その原因はアングラーのマナーという認識をもつ方がほとんど。結果、沓沢湖の水が抜けて機能しなくなったと思われているようだけど、実はそれは間違い。

沓沢湖の水が抜かれて機能しなくなった背景は、耐震問題をクリアできなかったから。

つまり、バス釣りをする人を規制するための水抜きではなく、万が一大きな地震があったときに耐えられないと判断したため、安全性を確保する理由から水が抜かれたのだ。

詳しくは塩尻市が掲載している以下のPDFをチェックしてほしい。

 

「塩尻市水道事業経営戦略」

 

資料には<<芦ノ田浄水場は、水源である沓沢湖の耐震性の問題から、平成25年8月25. 日から休止しています。 >>と確かに記載されている。

ということで、バス釣りを抑止するための水抜きではなかったということ。

とはいえ、当時から沓沢湖に訪れるアングラーのマナーは非常に悪いと噂になっていたし、周辺に散乱したゴミは相当なものだった様子。そう考えると、沓沢湖が完全終了になってしまった要因には、心ないアングラーの行為も含まれているのではないかと。

私は現在、小坂田池をバス釣りのメインフィールドとしているが、残念ながら小坂田池においてもアングラーのマナーが悪く、釣り禁止がそこまでやってきている印象を受ける・・・。

 

全国的に「バスアングラー=マナーが悪い」と言われているものの、そう言われてもおかしくない現状があることは事実だ。

 

私はできるかぎりバスアングラーが捨てたと思われるゴミは持ち帰るようにしているが、それでも周囲がキレイになることはない。

それほど平気でゴミを捨て、自己満足して帰るアングラーが多いのが現状である。

 

現在は埋め立て工事中の沓沢湖

沓沢湖の石碑

どこか悲しげな沓沢湖の石碑

 

2018年10月初旬、久しぶりに沓沢湖へと車を走らせた。

到着すると昔のような湖としての姿は微塵も感じられず、周囲は草木が生い茂って本来の姿を取り戻している印象。

「やっぱりただのもぬけの殻か・・・」と思いきや、橋に近づくにつれて増えていくトラック。そして、橋付近には警備員が配置され、かつて水が貯められていた部分には多くのトラックと重機が溢れており、どうやら工事をしている最中だった。

気になったので警備員さんに質問してみると、「現在、沓沢湖を埋め立てする工事が行われています。もう完全に埋めてしまいますよ」という返答が。

一瞬だけ沓沢湖が復活するのでは?という期待を抱いたのですが、あっさり砕かれた。汗

沓沢湖が埋められるという事実を間に受けて悲しくなったので、反対側の堤防にいってしばらく思い出にふけることに。

そこで撮影したのが以下の写真。

現在の沓沢湖

現在の沓沢湖

 

このように水はなく、草木が生い茂ったことでかつて水が貯められてた部分さえも判断しにくくなっている。

「そういやあそこの角で20cmくらいのバス釣ったな」
「あのワンドでバカでかい鯉を見たっけ」

いろんなことを思い出しながら、現在の沓沢湖を眺めていた。

そして、内部はすでにトラックと重機が行き来しており、埋め立てがはじまっている(2018年10月時点)。

埋め立て工事中の沓沢湖

トラックや重機、パイプのようなものを確認できる

 

本当に沓沢湖が埋め立てられてしまう現実を目の当たりにすると、全盛期のいい思い出ばかりが蘇ってきて泣けてきた。

中信エリアにずっと暮らしていて、なおかつ沓沢湖が全面釣り禁止になるまでバス釣りしていた方からすれば、私などひよっこもいいところだが、それでも小・中学校のときはかなりの頻度で訪れていたのでやはり悲しい・・・。

そんな感じでかつての堤防で思い出にふけっていると、塩尻市の役員の方がこちらにやってきたので、あらためて今後の沓沢湖がどうなるのか具体的に聞いてみた。

やはり最終的に埋め立てられてしまうらしい…。

ショギョウムジョウ。
形あるものはいつか滅びる。

 

現在の沓沢湖を撮影した動画

 

動画の撮影日は2019/11上旬。

ブルーな気持ちは変わらないが、それでも沓沢湖には感謝しなければならない。

湖としての役目を果たし、多くの釣り人に喜びを与えてくれたわけだから。

 

ありがとう、沓沢湖。
本当にありがとう。

 

沓沢湖でバス釣りをしていた方もぜひ感謝の念を!

 

<PR>釣具なら何でも買取してくれる「リサイクルネット」



関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-釣り・アウトドア
-, , , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2019 All Rights Reserved.