麺屋一樹




衣・食・住

松本市村井町の味噌ラーメン専門店「麺屋一樹」

投稿日:2019年5月1日 更新日:

味の奥深さを感じる味噌ラーメン。

個人的に好きなラーメン(種類)でランキングを作るなら、味噌と豚骨がトップタイ、3位は二郎系かな。

と言いつつも私は“いかにもなラーメン店”にこだわりがないというかむしろ苦手で、もっぱらチェーン店のラーメンを好む。ここ中信なら味噌だと「くるまやラーメン」二郎系だと「ハルピンラーメン」、そして子供の頃から愛してやまない「テンホウ」の肉揚げタンタン麺が私の鉄板だ。

しかしながら気になるラーメン店には足を運びたくなる。

この度入店したのは松本市村井町にある味噌ラーメン専門の「麺屋一樹」だ。

味噌樽をイメージしたと思われる個性的な店構えの「麺屋一樹(松本市村井町)」

 

以前から入ろうとは思っていたものの、どうしても味噌ラーメンともなると思い出補正やら安定感やらで「くるまやラーメン」に入ってしまうため、なかなか入店できなかったがようやくその時がやってきた。

味噌ラーメン専門の麺屋一樹の店内は非常に落ち着いた感じで、カウンターやテーブル、座敷なども用意されており、年齢性別を問わず誰でも入店しやすい雰囲気。

カウンター

テーブル(座敷)

 

味噌ラーメンは大好物なので期待せずにはいられない。

早速メニューを拝見。

金の味噌と銀の味噌

九州味噌と仙台味噌メニュー

信州味噌と北海道味噌のメニュー

トッピング&サイドメニュー

ランチサービスメニュー

 

す、すげえ・・・味噌といえど各県の味噌を使ったメニューを取り揃えていて、さらにこだわりから選ぶことができる。

これは味噌ラーメン好きにはたまらないはず。

が、私にとっては味噌ジャンルが豊富すぎて逆に選びにくかった・・・。

いつもなら秒速で注文するのだがこの時ばかりはおそらく5分以上は悩んだに違いない。どれも旨そうだし魅力があるので決めるに決めれないという状況に陥ったのである。

悩んだ末、注文したのは「銀の味噌(1200円)」+ミニ豚マヨ丼セット。

待つこと数分、味噌のいい香りとボリューミーな姿の「銀の味噌」が到着した。

銀の味噌(1200円)

 

2種のネギにメンマ、コーン、海苔、ゴマ、そして分厚いチャーシューが印象的な味噌ラーメン。

どれだけチャーシューが厚いかというと・・・

とにかくチャーシューが分厚くプルプル

 

いやいや、これもう反則級ですやん。
こんなんマズイわけないですやん。

すぐにでもガブっと行きたい気持ちをおさえ、まずは命であるスープから。

何種類もの味噌をブレンドしているだけであって、想像していたよりもかなり濃厚。ややドロっとした感じで味付けも強めでかなり主張が強い印象を受けた。

麺は中太でコシがあり、味噌ラーメンによく使われるタイプだ。

旨いことに間違いはないんだけど、いろんな意味で濃厚なのでノンストップで食べるのがしんどい仕様。もう少しスープは控えめにしたほうが麺が生きるし、バランスが良くなって食べやすくなるかなと思ったり。

無論、まだ1品しか注文していないので結論はつけられないけど、万人に受けるような味噌ラーメンではないかな・・・。

 

うーん、やっぱり補正によって私のなかでのTHE BEST OF 味噌ラーメンは「くるまやラーメン」だな。

 

ちなみにランチサービスメニューでセットにした「ミニ豚マヨ丼」は想像していた味と異なった。

ミニ豚マヨ丼

 

味噌が濃厚ということで丼系は塩気主体の味付けなのかな?

もう少し甘味がプラスしてくれればウケるとは思うんだけども。。

 

ということで、麺屋一樹の味噌ラーメンはかなり濃厚で店主のこだわりが感じられた。ただ、個人的には頻繁に通いたいタイプの店ではなく数ヶ月に一度食べたいタイミングに行く、という形かなと。

また、全体的にやや値段が高めなのでコスパ重視の方にはおすすめできないかもしれない。

逆にさまざまな味噌ラーメンを食べたいという方にとってはおすすめといえよう。

ごちそうさまでした。

 

<PR>有名店のラーメンが自宅で味わえる「宅麺.com」

 

麺屋一樹

営業時間:11:00~24:00(※15:00~17:00は仕込みのため休止)

定休日:不定休

住所: 長野県松本市芳川村井町1053-1

TEL:0263-85-0120

座席:39席(カウンター12席)

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-衣・食・住
-, , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2019 All Rights Reserved.