テンホウの絶品メニュー「肉揚げタンタンメン」




衣・食・住

長野県の定番「テンホウ」の肉揚げタンタンメンを語る

投稿日:

私は個人経営のイマドキなラーメン店よりも、地元から愛され続けるラーメンチェーン店の方が好きだったりする。

ここ長野県で定番と言えるチェーン店は、「くるまやラーメン」「ラーメン大学」「ハルピンラーメン」、そして「みんなのテンホウ」だ。

何とも言えないレトロなタッチの文字と鶴のマスコットがたまらない「テンホウ」

 

おそらく長野県に住んでいて個人店だろうとチェーン店だろうと構わずラーメンを食べる方からすれば、テンホウを知らぬ者はいないだろう。なんせジジやババもよく訪れるので年齢・性別を問わず、幅広い方が訪れるラーメンチェーン店と言っても過言ではない。

私はとにもかくにもランチに困ったらテンホウを選択するほど愛している。

テンホウとの出会いは結構遅い?のだが、私が高校生の頃。
テンホウの存在は知っていたものの、それまでは入ろうとはしなかった。

が、友達に連れて行かれてはじめて食べたメニュー「肉揚げタンタンメン」がもう旨すぎて旨すぎてw

それからはもう迷ったらテンホウ、迷わなくてもテンホウと言った感じで結構な頻度で足を運ぶようになった。

 

すでにこの記事のタイトルでも書いているように、私はテンホウにおいて肉揚げタンタンメンと半ライスしか頼まない。(食欲に余裕がある場合はギョーザも)

 

いつだってこの組み合わせだし、それ以外を食べようとも思わない。
つまり、私の中では「テンホウ=肉揚げタンタンメン」なのだ。

テンホウの肉揚げタンタンメン(750円)

 

ハッキリ言おう。
テンホウのタンタンメンはごく一般的なタンタンメンではない。

個人的な意見になってしまうが、テンホウのタンタンメンはあくまでテンホウ独自のスープにすりおろしたゴマを加えた、完全オリジナルのメニューと言っていいかと。

なので一般的なタンタンメンを食べようと思って注文するとガッカリするかも。

とはいえ、テンホウのタンタンメンは非常に優秀だ。

まずその他ラーメンにも使用されるスープが主張しすぎない良い塩梅で旨く、そこにすりおろしのゴマが加わる。これによって風味が増し、食欲が駆り立てられるのだが、個人的にもっともプッシュしたいのは「肉味噌」だ。

愛してやまないタンタンメンの肉味噌

 

これまた一般的なタンタンメンのひき肉や肉味噌とは異なり、テンホウ独自の味付けになっている。

言葉で表現することは非常に難しいのだが、とびっきり旨いというわけではないのになぜか食べだすとハマってしまう”謎の中毒性”があるのだ。

正直なところ、私はこの肉味噌(タンタンメンに乗っている分のみ)だけでライス一杯は余裕。

いつもライスと肉味噌を食べ、次に肉揚げとライスを食べ、そしてスープとライスを食べと順々に食べ方を分けている。肉揚げタンタンメンはそれほどまでに楽しめるメニューなのだ。

肉揚げもまた素晴らしい。

別にどうってことない豚を揚げただけのシンプルなカツに似たような存在なのだが、非常に薄い衣と程よい柔らかさを兼ね備えていて味付けが濃すぎないので主役を邪魔しない点がお見事。

肉揚げだけでもライス一杯は余裕。
いや、二杯は行けるな、うん。

肉揚げタンタンメンを食べ終えたときは本当に幸せな気分になる。
これってなかなかないことだよね。

 

だからやめられないんだよな、テンホウの肉揚げタンタンメンは。

 

書いてたら無性に食べたくなってきた…。

学生の頃からまったく味が変わっていないということも愛してやまない理由かもしれない。

 

あ、最後にテンホウ餃子も付け加えておこう。

テンホウの餃子(280円)

 

これまたテンホウの餃子は一般的なものとは異なり、ここでしか食べることのできないオリジナリティを持っている。

それはシナモンを入れていること。

そのため、テンホウの餃子は好き嫌いが大きく分かれる。私はシナモンで差別化している点も好きだし味付けも好きなので好物であるが、家族の意見は賛否両論。

長野県に長期間暮らしている方なら既に何度もテンホウへ足を運んでいると思うけど、まだ行ったことがないという方は是非一度行ってみてほしい。

極上だとか激ウマというわけではないが、ラーメンチェーン店としてのレベルは非常に高いと思うし、B級グルメでいうなら文句なしに旨いというジャッジができるかと。

メニューおよび店舗についてはテンホウ公式をどうぞ。

 

死ぬまでに何度行くかな、テンホウは。
今からでも遅くないからカウントしていこうかなw

ではでは。

 

<PR>有名店のラーメンが自宅で味わえる「宅麺.com」

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-衣・食・住
-, , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.