テンホウの絶品メニュー「肉揚げタンタンメン」



衣・食・住

長野県の定番「テンホウ」の肉揚げタンタンメンを語る

投稿日:2019年7月10日 更新日:

私は個人経営のイマドキなラーメン店よりも、地元から愛され続けるラーメンチェーン店の方が好きだったりする。

ここ長野県で定番と言えるチェーン店は、「くるまやラーメン」「ラーメン大学」「ハルピンラーメン」、そして「みんなのテンホウ」だ。

何とも言えないレトロなタッチの文字と鶴のマスコットがたまらない「テンホウ」

 

長野県に住んでいるなら「テンホウ」を知らぬ者はいないだろう。

なんせジジやババもよく訪れるラーメンチェーン店だからね。

私はいつもラーメン店選びに困ったら「テンホウ」にする。人気メニューの「肉揚げタンタンメン」を注文すれば間違いないってわかっているから。ホントいつ食べたって旨いし、大満足できる貴重なラーメンと言っていいかもしれない。

「テンホウ」との出会いは高校生のときだった。友達に連れられ初めて食べたメニューが「肉揚げタンタンメン」

 

もうこれが旨すぎて旨すぎてw

 

それからは異常なくらいテンホウに行った。むしろテンホウ中毒になっていたのかもな・・・。

とはいえ、多くのメニューを食べてきたわけではない。注文するメニューはきまって「肉揚げタンタンメン」と「半ライス」(食欲に余裕がある場合はギョーザも)だから。

今現在もテンホウに行ったらこの組み合わせだし、それ以外を食べようとも思わない。

つまり、私の中では「テンホウ=肉揚げタンタンメン」なのだ。

テンホウの肉揚げタンタンメン(750円)

 

テンホウの「タンタンメン」はごく一般的な坦々麺とは異なる。

テンホウのタンタンメンはあくまで“テンホウ独自のラーメン”。オリジナルのスープにすりおろしたゴマを加えた、坦々麺に似たラーメンと表現するのが適切かもしれない。

なので一般的な坦々麺だと解釈して注文するとガッカリする可能性大。

とにかく一般的な坦々麺における観念を捨てないとダメ。

テンホウのタンタンメンは非常に優秀。同店オリジナルのスープは主張しすぎず良い塩梅を保ち、麺とよく絡み合って食べやすい。そこにすりおろしたゴマが加わって風味が増すことで、食欲が駆り立てられる。

この絶妙な味付けのスープにいいアクセントを加えてくれるのが「肉味噌」だ。

愛してやまないタンタンメンの肉味噌

 

テンホウのタンタンメンにおける肉味噌は、これまた一般的な坦々麺のそれとは違い、独自の味付けになっている。言葉で表現することが難しいんだけど、とびっきり旨いというわけではなく、なぜか食べだすとハマってしまう”謎の中毒性”を持っている感じかな。

私はこの肉味噌(タンタンメンに乗っている分のみ)だけでライス一杯は余裕でいけるw

毎回最初はライスと肉味噌を食べ、次に肉揚げとライスを食べ、そしてスープとライスを食べるのがルーティーン。肉揚げタンタンメンって一度に何回も違った食べ方を楽しめるメニューというわけ。

肉揚げもまた素晴らしい。

別にどうってことない豚を揚げただけのシンプルな肉揚げなんだけど、薄い衣と程よい味付けと柔らかさの肉が食欲をそそる。

肉揚げだけでもライス一杯は余裕。
いや、二杯は行けるな、うん。

肉揚げタンタンメンを食べ終えたときは本当に幸せな気分になる。

 

だからやめられないんだよな、テンホウの肉揚げタンタンメンって。

 

書いてたら無性に食べたくなってきた…。

学生の頃からまったく味が変わっていないということも愛してやまない理由かもしれない。

 

あ、最後にテンホウ餃子も付け加えておこう。

テンホウの餃子(280円)

 

これまたテンホウの餃子は一般的なそれとは異なり、オリジナリティを発揮している。

一般的な餃子との違いはシナモンを入れていること。

そのため、テンホウの餃子は好き嫌いが大きく分かれる。個人的見解としては他店の餃子とシナモンで差別化している点は評価すべき点だと思う。

 

これがテンホウの「肉揚げタンタンメン」への愛のすべて。

まだ行ったことがない方はぜひ一度食べてみてほしい。

激ウマというわけではないが、ラーメンチェーン店ならではの旨さは十分に堪能できる。

メニューおよび店舗についてはテンホウ公式をチェックされたし。

 

<PR>有名店のラーメンが自宅で味わえる「宅麺.com」

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事


-衣・食・住
-, , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.