松本市で人口の多い地区TOP3をまとめてみた




ローカル 気になったこと&備忘録 衣・食・住

【令和2年】松本市で人口の多い地区TOP3をまとめてみた

投稿日:

2020年1月8日号の市民タイムスより。

松本市の令和2年1月1日現在の「住民基本台帳人口」がまとまり、記事として掲載された。

総人口(外国人を含む)は前年(平成31年)同日比0.4%ダウンの238,732人。人口を市内全35の地区別で見た場合、増加したのは8地区のみで他27地区はすべて減少が見られたとのこと。

というわけで公表された最新の住民基本台帳人口から、松本で人口の多い地区TOP3をまとめてみた。

第3位:「波田」

波田地区

松本市で人口の多い地区、第3位は特産の下原スイカで有名な「波田(はた)」

かつては東筑摩郡波田町だったが後に編入合併し松本市となった。

人口は15,676人。

波田の人口

波田の人口と前年同日比

 

波田町時代から人口増加率は上位(長野県内)ということもあって、今現在も15,000人以上が暮らしており、世帯数は6207となっている。

波田地区の主な機関・施設

長野県梓川高等学校
松本市立波田中学校
松本市立波田小学校
波田図書館
波田文化センター
松本市立病院

 

第2位:「芳川(よしかわ)」

芳川地区

松本市で人口が多い地区、第2位は野溝・村井・平田エリアを含む「芳川(よしかわ)」だ。

国道19号沿いには多くの商業施設が集中し、エリアによって工場・住宅が多く見られる。

人口は17,075人。

芳川地区

芳川の人口と前年同日比

 

今回、松本市内全35の地区のうち、もっとも人口増加が見られたのが芳川地区。世帯数は7746となっており、商業施設の充実と住宅の開発によって今後さらなる増加も期待できる。

芳川地区の主な機関・施設

松本市立筑摩野中学校
松本市立芳川小学校
芳川出張所
芳川体育館
村井駅
平田駅

 

第1位:「鎌田(かまだ)」

鎌田地区

松本市で人口の多い地区、第1位は森永乳業松本工場で有名な「鎌田(かまだ)」

国道19号沿いには多くの商業施設が集中し、裏道は住宅地となっている。

人口は19,531人。

鎌田地区

鎌田地区の人口と前年同日比

 

前年と比較すると人口は僅かに減ったものの、それでも約2万人が暮らす地区に変わりはない。なお、世帯数は8972となっている。

鎌田地区の主な機関・施設

森永乳業松本工場
松本市立鎌田小学校
松本市立鎌田中学校

 

松本市でもっとも人口が少ない地区

松本市旗

松本市旗

 

前述したように松本市内全35地区のなかで人口増加が見られたのは8地区。掲載したTOP3のなかで人口が増加したのは「芳川地区」のみであり、全体的に減少傾向にある。

特に山間部の深刻な問題を抱えており、今回の「住民基本台帳人口」データでもっとも人口が少なかった地区は「奈川」

松本市地区別の人口と世帯数

松本市地区別の人口と世帯数一覧

 

このように山間部にあたる安曇野地区、奈川地区、四賀地区の人口減少率は大きい。

松本市は現在、移住定住に特化した「まつもと暮らし応援課」を新設し、移住定住希望者に向けた取り組みを行っているが、これによって山間部が抱えている問題を解消できるとは思えないよね。

そもそも人口が減少している要因は地理的なものに加えて、アクセスの内容、施設・機関の規模など暮らしやすいかどうか。

闇雲に移住定住希望者を募っても根本的な改善・対策にはならないかと。

今後、地域格差がさらに進行することは間違いないね。

 

おまけ:塩尻市の「住民基本台帳人口」

塩尻市の住民基本台帳人口・世帯数

塩尻市の住民基本台帳人口・世帯数

 

最後に令和2年発表「塩尻市の住民基本台帳人口・総世帯数」を(上写真参照)。

ダントツはさまざまな商業施設が揃い、住宅があふれる「広丘(ひろおか)」

塩尻駅を含むエリアの「大門(だいもん)」、松本市と隣接する「吉田(よしだ)」は1万人に迫る形となっているが、広丘と比較すると開きがある。

また、山間部地区は人口数こそ少ないものの減少率はわずかだ。

 

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-ローカル, 気になったこと&備忘録, 衣・食・住
-, , , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.