【悲報】瀕死の小坂田池、ほぼ魚全滅&釣り場として終了か・・・




ローカル 釣り・アウトドア

【悲報】小坂田池、ほぼ魚全滅で釣り場として終了か・・・

投稿日:2019年9月19日 更新日:

大幅に水が抜かれ大減水している上に、2020年から耐震補強工事がスタートする小坂田池(塩尻市)。

今年(2019年)はなかなか釣りへ行く機会を作れず、小坂田池へ行ったのはまだ数回程度。ここ最近はまったくもって行っていなかったのだが、その間に非常に残念な出来事が起こっていたようだ。

なんと水を抜き過ぎたことによって多くの魚が死に、完全に釣り場として機能しなくなったのである。

もう小坂田池で釣りをすることはできないのだろうか…。

事の真相を確かめるべく、現地に赴いたと共に塩尻市役所に電話をして現状確認を行った。

釣り場として機能していない小坂田池

わずかな水しか残っていない小坂田池

2019年9月現在、小坂田池にはわずかな水しか残っていない

 

改めて言うと

 

現状の小坂田池には魚がほとんどおらず、釣り場としての機能を完全に失っている。

 

いてもたってもいられず、9月19日の昼過ぎに小坂田池の現状を確認してきたが、もはや釣り場としても池としても機能しておらず、広範囲に渡って広がる浅い水たまり状態となっている。

急いで魚影がないか確認するも、目視できたのはそこそこサイズの鯉が一匹だけ…。

本来であればかんたんに確認できるはずのブラックバス・ブルーギルが一匹たりとも確認できない状況だった。

風のウワサで「小坂田池はもう終わった」「釣り禁止は近い」と言った声が届いていたが、2019年9月現在の状況はより深刻なものと言っていい。

ハッキリ言ってこんな状態では釣りどころか、小坂田池自体が完全に終了と言った印象でその場に立ち尽くす他なかった。

目の前に広がる光景は紛れもない現実なのである…。

 

2019/11撮影の小坂田池

 

以降、私が独自に調査した小坂田池の現状と今後について記していく。

 

2019年の花火大会後の水抜きで惨事…

2019年9月時点の小坂田池

桟橋からは投げられないほど干上がった小坂田池

 

「もう小坂田池で釣りができなくなるかもしれない」

現地から帰宅した私は最悪の事態を想像しながらも、小坂田池の現状と今後を明らかにすべく塩尻市役所に電話。

まもなくして女性の職員が応対してくれて、丁寧かつ個人的な思いもはさみながら話してくれた。

 

まず私が質問したのは「小坂田池に生息する魚の数」について。

職員さんによると、2019年の花火大会後に水利組合が水抜きを行ったものの水を抜きすぎて干上がってしまい、多くの魚が死んでしまったとのこと。巷では「小坂田池の魚が全滅した」との声もあるが、けっして全滅ではないのだという。

とは言え、職員さん本人が水抜きに立ち会って当時の現場を確認したわけではないので、あくまで実態を知るのは水利組合と言っていい。

前述したように私の目視による確認では、ほぼ全滅と言っていいほどの有様だった。

もしかしたらシャローに隠れていた可能性もあるが、それにしても泳ぐ魚が鯉一匹だけというのはね…。

いずれにしても水抜きによって多くの魚が死に、今までどおりの小坂田池と言うわけにはいかなそうだ。

 

もともとブラックバスの数は少ない?

ちょっとだけ余談。

職員さんも釣りが好きでそれなりに小坂田池へ行っていたそうだが、生息している魚の大半は鯉とヘラブナであり、ブラックバスは少ないのだという。

前年冬の水抜きの際、現地で確認されたらしいがブラックバスの数は明らかに少なかったとのこと。

私のイメージでは結構多くのブラックバスが生息している印象だが、実際は生息数が少なったのかもしれない。

少なくとも爆釣を経験した2017年は多くのブラックバスがいたように思うし、2018年も活性こそ低くなったもののそれなりに数はいたと記憶している。が、これまでの減水や藻の異常発生などが原因で多くのブラックバスが死滅した可能性も。

小坂田池で次第に釣果が悪くなっている原因は、単純に個体数の減少なのかもしれない。

 

不安要素である「釣り禁止」について

堤防付近

堤防に設置された排水部分がまるまる見える

 

次に質問したのは「小坂田池の釣り禁止」について。

「このような状態から察するに、それはもう釣り禁止ということなのか?」とストレートに質問すると、職員さんは次のように答えてくれた。

「現状はあくまで2020年から着手する耐震補強工事のための水抜きであって、現時点では釣り禁止とは無関係。」

ちょっとだけホッとしたが、職員さんは以前から問題になっていた小坂田池におけるマナーの悪さが釣り禁止に直結する可能性があることを付け加えた。

なんでも水抜きや清掃をする際、とんでもない量のゴミ・釣りに関するゴミ(針・糸・ルアー等)が見つかり、もはやそれらを完全に取り除くことはできないのだという。

これは池周辺だけでなく池の中においても、である。

おまけに電線にも大量の糸・ルアーが絡まっており、管理者や塩尻市からすれば深刻な問題といえよう。

電線に絡まった釣り糸とルアー

電線には大量の釣り糸とルアーが絡まっている

 

また、ゴミに加えて問題となっているのが釣り人のマナー。

職員さんは小坂田池で釣りが許されているのは桟橋のみとした上で、その他エリアで釣りがしたい気持ちはよくわかるが、フェンスを乗り越えて釣りをするなどルールを無視した釣り人が目立つことから、釣り禁止が現実味を帯びている可能性は否めないと言っていた。

 

要するに小坂田池を釣り場として管理・解放している現状が限界に来ている…ということだ。

 

魚も大幅に減り、釣り禁止の可能性もある現状。

本当に残念でならないが、もう改善の余地はないのかもしれない。

 

耐震補強工事を行う際の水量と魚はどうなるのか?

堤防エリアから見た小坂田池

完全に水がないことを確認できる堤防エリア

 

もはや魚が全滅状態と言っても過言ではない小坂田池だが、まだ耐震補強工事ははじまっていない。

着手はあくまで2020年ということで、工事が開始されれば当然ながら状況はまた変化する。

最後に「工事時の水量と魚はどうなるのか?」という質問をした。

職員さんによると、工事が着手されると池の水をすべて抜く可能性があるため、生存している魚は一時的に移動する見込みなのだという(移動場所は不明)。

ただし、移動が許される魚はあくまで鯉とヘラブナで、ブラックバスは外来魚な上に繁殖力が高く駆除を推進している魚であることから、対応は検討中とのことだ。

鯉も同じく外来魚であるがブラックバスほど生態系を乱す存在ではないし、日本人には馴染みのある魚ということもあって移動対象なのだろう。

 

やはりバス釣り継続は厳しそう…

今も生きているかもわからない小坂田池のブラックバス。

今後スタートする耐震補強工事によって、完全に駆除される可能性もある。

小坂田池が抱えている問題と照らし合わせても、やはり問題があるのはブラックバスを釣る人間だ。

無論、私もバサーであるので小坂田池でブラックバスを釣るすべての人の責任になる。

バス釣りが継続できるかどうかは塩尻市や水利組合、近隣住民が決定することなので私たちバサーはその判決がいかなるものであろうとも受け止めなくてはならない。

 

かつての沓沢湖のようになってしまうのか

小坂田池のフェンスに掲げられている警告

フェンスが貼られたエリアに掲げられた「警告」

 

かつて中信エリアでバス釣りのメッカだった「沓沢湖」。

まさにそれと同じ道をたどっているのが小坂田池ではないだろうか。

沓沢湖が終了した経緯についてはこちらの記事をチェックしてもらうとして、小坂田池もまた工事によって状況が大きく変わり釣りそのものができなくなる可能性がある。

 

もうね、言葉が出ない。
ただただ切ない。

 

いずれにしても小坂田池での釣りは工事が終わるまでは不可能と見ていい。

間違っても釣りなどしないように。

そして最後に小坂田池の現状と今後についてご丁寧に回答くださった女性職員さんに感謝。

また、本記事に記載されているすべての内容は断言できるものではないことを理解していただきたい。あくまで現時点での情報であり、私および職員さんの個人的な見解も混じっている。

よって自ら真相を確かめたい方は塩尻市市役所に問合わせてほしい。

 

小坂田池の未来が少しでも輝かしいものになればと切に願うばかりだ。

 

<PR>釣具なら何でも買取してくれる「リサイクルネット」



 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-ローカル, 釣り・アウトドア
-, , , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2019 All Rights Reserved.