【松本市】個性派ジェラート専門店「Glacerie TOIET」の魅力

【松本市】個性派ジェラート専門店「Glacerie TOIET」の魅力 食レポ

松本市城東に個性的な雰囲気がただようジェラート専門店がある。

「Glacerie TOIET」

Glacerie TOIETの特徴はこんな感じ。

  • ①:独自のジェラートメニューを提供
  • ②:季節モノ(フルーツなど)を使用したジェラートが多い
  • ③:ジェラートはケーキ(洋菓子)のような不思議な食感
  • ④:イマドキ女子はもちろん、おっさんにも利用できるジェラート専門店
  • ⑤:インスタとの相性バツグン(インスタ映え)

Glacerie TOIETのジェラートはまるで斬新なスイーツのよう。言葉では表現できない魅力を持った専門店なので、未訪の方には是非ともおすすめしたい店舗だ。

ということで当記事では、そんじょそこらのジェラートとは異なる「Glacerie TOIET」のジェラートについてまとめてみる。

松本市城東にあるオシャレなジェラート専門店

「Glacerie TOIET」外観

洋菓子店のような風貌の「Glacerie TOIET」

「Glacerie TOIET(グラズリー・トワエ)」は松本市城東1丁目、143号線沿いにあるジェラート専門店。あたりは建物が密集しているため見つけづらいように思えるが、店舗隣は「長野県信用組合 城東支店」なのでほぼ迷うことはない。

そんなGlacerie TOIETは女子ウケ間違いなしの風貌。まるでモダンな高級洋菓子店のようで、スイーツ女子が自然と扉をあけてしまう雰囲気を醸し出している。

店の規模はかなり小さめ。逆にそれこそがGlacerie TOIETの個性や特色を強めているのかもいしれない。

店内はカフェをコンパクトにしたようなオシャレな空間

店内の写真

店内はブルーと木を貴重にした個性的なデザイン

イートインスペースの写真

イートインスペースもある

インスタ映え間違いなし。
オシャレな空間のなかで頂く個性的なジェラートは至極だ。

続いてジェラートの特徴をば。

  • ①:メニューラインナップの独自性がきわめて強い
  • ②:季節モノ(フルーツなど)を使用したジェラートが多い
  • ③:ジェラートだけどケーキ(洋菓子)のような不思議な食感

Glacerie TOIETのジェラートは食感がケーキに近い。
それはまるで斬新なスイーツを食べているかのような不思議な感覚になる。

この唯一無二な特色こそが、口コミで話題となっている要因なのだろう。

ちなみに私は松本市平田にあるジェラート専門店『Ciao』が大好きでよく利用するが、個性で両者を比較するなら軍配はGlacerie TOIETに上がると感じた。

【松本市平田】ジェラテリア・チャオ(GELATERIA Ciao)のジェラートが美味すぎる話。専門店が提供するメニューはレべチでした。
私は甘いものがあまり好きではない。 しかし、ジェラートだけは大好物である。 そんな私なんぞのハートを掴んで離さないのが、松本市平田にあるジェラート専門店「ジェラテリア チャオ(GELATERIA Ciao)」だ。 特徴はこんな...

ジェラートにしろ店舗にしろ、店主のこだわりが随所で感じられる

「Glacerie TOIET」おそるべし。

Glacerie TOIETのメニューラインナップ

メニューの写真

店頭に並ぶジェラートはどれも個性的で独自のもの

Glacerie TOIETのメニューラインナップは一般的なジェラート店とは異なる。

大抵は「バニラ」「チョコ」「抹茶」「紅茶」といった定番メニューが並んで然るべき。しかしGlacerie TOIETに関しては、どこまでも独自性のあるメニューをラインナップしているのだ。

その代表的メニューは次のとおり。

  • 「杏仁&ジャスミン」
  • 「澄(ピスタチオ+塩ミルク)」
  • 「アールグレイショコラ」

個性的なメニューは他店にも存在する。
しかし、ここのジェラートはその枠に収まらない。

なんだろうな。ジェラートを楽しむというよりも、新感覚スイーツの新作を楽しんでいるような感覚に近いかも。

定番のジェラートが良いという人には不向きかもしれないけど、これまでに食べたことのないジェラートを求めている人にはおすすめかと。

そんなGlacerie TOIETの料金は次のとおり。

 イートイン(カップorコーン)

  • シングル・・・380円
  • ダブル・・・410円
  • トリプル・・・460円

 テイクアウト

  • カップ・・・340円(※条件あり)
  • スチロール500ml・・・1,900円(※4種類まで)

ご覧のようにGlacerie TOIETの料金設定はかなり良心的。こだわりのジェラートを提供しているんだからもっと高くても良いのに…とこちらが不安になるレベルだ。

なお、ジェラートメニューは日によって異なる。
ひとつのメニューに執着せず、さまざまなメニューを食べ比べることをおすすめしたい。

バースデーケーキやクリスマスケーキも予約できる

Glacerie TOIETはバースデーケーキやクリスマスケーキの予約注文ができる。

Google Maps
Find local businesses, view maps and get driving directions in Google Maps.

ジェラートだけでなくケーキにも力を入れている印象を受けるので、Glacerie TOIETの魅力にハマったのなら是非オーダーしてみてほしい。

ジェラート同様、予想だにしない感動をあじわえるはずだ。

 関連記事

松本市界隈でおすすめのクリスマスケーキを予約できる店舗3選。ベタかもしれないけど人気店のそれはやはり素晴らしい。
松本市でおすすめのクリスマスケーキを予約できるケーキ屋をまとめました。人気店の商品はすぐに売り切れるので、早めに予約しましょう。

【食レポ】ケーキのような食感をあじわえる唯一無二のジェラート

それでは食レポといこう。

まずはダブルから。

「Glacerie TOIET」ジェラートの写真①

もはやジェラートの枠を超えたスイーツ

名称をド忘れしたが、おそらく「バニラ」と「モンブラン」のダブル。見た目はもはやジェラートの域を超えており、芸術的なスイーツと言っても過言ではない。

味わいは上品でしつこくない。
食感は一般的なジェラートとは異なり、ケーキに近い印象を受けた。

これはもうね・・・ジェラートの域を超えた新しい“何か”なのよ。

事実、Glacerie TOIETの口コミでは「ケーキのようなジェラート」「新しいスイーツ」といった内容を目にする。

そう、そうなんだよ。
まさにそんな感じ。

ジェラートだけど言葉では表現できない不思議なスイーツなんだよなあ。

お次は「アールグレイショコラ」を注文。

アールグレイショコラの写真

アールグレイ紅茶にチョコチップを加えた「アールグレイショコラ」

こちらのジェラートはアールグレイ紅茶がそのままジェラートになった印象。

味はきわめて濃厚。チョコチップが良いアクセントとなり、上品なひんやりとしたスイーツを食べている感覚だった。

本当は抹茶を食べたかったんだけど、アールグレイショコラにして正解だったかもしれない。Glacerie TOIETには良い意味で期待を裏切られた

かんたんに唯一無二なんて使ってはダメだね。
Glacerie TOIETのような店舗に使うべきなのだと痛感した。

ジェラートの多くは素材をとことん活かした濃厚な仕上がり

Glacerie TOIETのジェラートをいくつか食べてみたわかったことは、素材をとことん活かしているということ

メニューのよって味の濃淡は異なるが、Glacerie TOIETのジェラートは濃厚なものが多い。しかし、しつこさは一切なく食べやすい仕上がりになっている。

何というかな、あくまでリッチな濃厚さなのよ。

濃厚な味わいは最初こそ感動するものの、徐々にボディブローが効いてきてしんどくなる。しかし、Glacerie TOIETのジェラートにはそれがない。

つまり、素材選びと製法が確かである証拠かと。

Glacerie TOIETのリッチなジェラートは、店の雰囲気とよくマッチしている。

【まとめ】ありきたりなジェラートに飽きたなら「Glacerie TOIET」がおすすめ

Glacerie TOIETは想像以上に個性的なジェラート専門店。

店主のこだわりは良い意味で尋常じゃない。

オーソドックスなジェラートを愛する人からすると舌に合わないかもしれないが、他店にはない独自性を追求したジェラートを食べたい人にはハマるかと。

ありきたりなジェラートに飽きたなら、是非とも足を運んでみてほしい。

 

 ジェラートが好きで好きで仕方ない人向け

「Glacerie TOIET」

  • 営業時間:11:30~20:00(※曜日によって時間変更あり)
  • 定休日:水曜日
  • 住所長野県松本市城東1丁目5−13
  • TEL0263-75-3118
  • 座席:イートインスペースあり
  • 駐車場:長野県信用組合 城東支店前の駐車場を利用可(30分まで無料)

コメント

タイトルとURLをコピーしました