極小折り鶴



ローカル

【飯田市】極小折り鶴を“3ミリ紙”で折る中田郁子さんがスゴイ

投稿日:

世の中にはスゴ技を持つ人々がいるわけだが、11/28放送の「ずくだせテレビ」に登場した方が持つスキルは本当にスゴすぎた。

「ずくだせテレビ」が特集した人物は飯田市在住の中田郁子さん

11/28放送「ずくだせテレビ」より

 

実はこちらの女性、極小折り鶴の達人のようで、いとも簡単に小さなサイズの紙から折り鶴を完成させてしまうらしい。

基本的にこの手の容易く真似できないスキルを持った方を観察するのは大好きなので、ワクワクしながらテレビを眺めているといきなり驚かされた。

11/28放送「ずくだせテレビ」より

 

島田秀平さんが持っている写真左側がおそらく一般サイズの折り紙。
写真右側が1センチ四方の紙なのだが、どうやらこちらの小さな紙で鶴を折るらしい・・・。

私は不器用なので細かな作業は大の苦手。

だからこそ、1センチ四方の紙が出されたときはゾクっとした・・・。汗

本当にこんな極小サイズの紙で折り鶴など・・・と思っていたら、中田郁子さんはいとも簡単に折っていく。

11/28放送「ずくだせテレビ」より

11/28放送「ずくだせテレビ」より

 

そして・・・

11/28放送「ずくだせテレビ」より

 

1センチ四方の紙で作られた極小折り鶴が完成。

う、嘘でしょ??
極小にも程があるでしょコレw

思わずテレビの前で感嘆の声を上げてしまいましたよ、ええ。

だって見てくださいよ、1円玉よりも小さいサイズなんですよ。

11/28放送「ずくだせテレビ」より

11/28放送「ずくだせテレビ」より

 

私には到底マネできない世界ですし、おそらく今から鍛錬したところで一生完成できないでしょう。

でもね、驚くのはまだ早かったんですよ。
極小折り鶴の達人・中田郁子さんはさらに小さな紙で鶴を折れるとのこと。

いやいや、もうお腹いっぱいですけどさらに極小折り鶴にトライするんですかと。

お次はもはや次元が異なるといっても過言ではない3ミリ四方紙での折り鶴。

11/28放送「ずくだせテレビ」より

 

いや、もう笑うしかない。
もはや想像すらできない世界。

普通折れるわけがないと思うのだけど、中田郁子さんはこれまた簡単に折っていく。

11/28放送「ずくだせテレビ」より

 

そして・・・

11/28放送「ずくだせテレビ」より

 

完成しちゃいましたよ!
どうやったら3ミリ四方の紙で鶴が折れるのか・・・。

驚きの表情を見せているコメンテーターの長戸さんにも注目w

いや、驚かずにはいられない。
間違いなく一般人では成し得ないワザであることは確かなのだから。

先ほどの1センチ四方紙の折り鶴と比較すると、そのサイズの小ささがよくわかる。

11/28放送「ずくだせテレビ」より

 

もう極小って時点でスゴイわけだけど、あらためて折り鶴って作り手のぬくもりが感じられる作品だなーと。

ちなみに私は鶴すら折ることができないレベルの人間なので、折り紙をごく普通に折れる方を尊敬する。

以前、フリーハンド(切り紙)で昆虫を作り上げる百瀬達也さんの展示会を見に行ったけど、それに似た感動を覚えた。やっぱり紙から生み出された作品って味に深みがあるなと。

というか、純粋に中田郁子さんの極小折り鶴が欲しい・・・。

何か極小折り鶴で作品とか出すおつもりはないのかな??

いずれにしても、飯田市にはとんでもないスゴ技を持った女性がお住まいのようです。

敬服いたしました。

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事


-ローカル
-, , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.