塩嶺に実在した心霊スポット「六角塔」



心霊・オカルト

塩尻市(岡谷)の心霊スポット「六角塔」の場所はどこぞ?

投稿日:2018年11月19日 更新日:

長野県塩尻市(岡谷市)には中信地方を代表する心霊スポットがある。

それは塩尻市と岡谷市をつなぐ塩嶺(塩尻峠)に実在していた「六角塔(ろっかくとう)」

今もなおその場所を探そうと多くの若者が肝試しに訪れるみたいだけど、その多くは場所を見つけることなく撃沈していく。

かくいう私も学生時代に一度だけ場所の特定に挑んだが、たどり着いた場所が六角塔跡地だったかは不明(あくまでその土地(塩嶺)に詳しい知人と行っただけなので・・・)。

この記事では塩尻市・岡谷市で有名な心霊スポット「六角塔」の場所などについて掘り下げていく。

「六角塔」ってなんぞ?

六角塔ってなんぞ?

まずは「まだ六角塔をよく知らない」という方のためにサクっと解説する。

 

六角塔とは塩尻市~岡谷市をつなぐ塩嶺に実在した結核病棟のこと。現在は取り壊されているが、長野県中信地方の有名な心霊スポットとして語り継がれている。

 

塩嶺に詳しい地元住民の話によると、結核病棟であったことは事実で少なくとも1990年代まではその跡地(というよりも廃墟といったほうが適切?)が実在していたという。

塩嶺

塩嶺(えんれい)とは、日本のほぼ中央、長野県岡谷市と塩尻市の境にある標高999mの塩尻峠を中心とした八ヶ岳中信高原国定公園の一部を言う。

中央分水嶺にもなっており、そこに降る雨は南は天竜川を経て太平洋へ、北は信濃川を経て日本海へと分かれて流れてゆく。

引用:Wikipedia

 

つまり、六角塔はよくありがちな噂話の一人歩きではなく、かつて存在した結核患者の隔離病棟というわけだ。

 

どのような心霊現象が起こるのか

塩尻峠

塩尻峠には怪しげな分岐が多い

 

それでは改めて解説していこう。

六角塔はかつて塩嶺に実在した結核患者を隔離する病棟。

"隔離"というネガティブなキーワードが物語るように、それは結核患者が死を待つ病棟でしかなった(当時は治療法が確立されていなかった)。そのため、その周辺では亡くなった患者たちの霊が今も彷徨い続けているという。

現在インターネット上には六角塔に関連するさまざまな心霊体験が投稿されているほか、塩尻峠を運転していると具合が悪くなったという話は少なくない。

私なんぞは未だ六角塔と思われるエリアにて心霊体験をした経験はないが、友人の何人かは心霊現象と思われる体験をしている。

では、六角塔における代表的な心霊体験をまとめようか。

1)写真撮影をするとシャッターがおりない
2)心霊写真が撮れた(白いモヤ・オーブなど)
3)結核患者と思われる幽霊を見た
4)帰り際に交通事故にあった
5)病棟を取り壊す際、さまざまなトラブルが発生した

 

ご覧のように具体的に○○が起きた・取り憑かれたといった体験談はない。ハッキリ言ってどれも地味だ。がしかし、それこそがリアリティを感じさせてくれる(※あくまで個人の感想)。

もしこの記事を読んでいるあなたがここで何らかの心霊体験をしたのであれば是非コメント、もしくはTwitterでご報告いただきたい。

 

現在は完全に取り壊されている

塩尻峠

現在の塩尻峠は整備されとてもキレイ

 

さて、六角塔はどういった風貌をしているのだろうか。

さぞ不気味で恐ろしい表情なのだと期待したくなるが、実はすでに取り壊しが完了している…

もっと言うなら現在はその土地に会社が建っているのだ。

よって今となっては肝試しや凸も不可能。がしかし、霊感の強い人間がその周辺を通ると高確率で心霊現象が生じるのだという(霊気が非常に強いとのこと)。

ちなみに六角塔と呼ばれていた施設は2つあり、多くの人が把握しているのは“管理棟”らしい。こちらは言うまでもなくニセモノの方でホンモノを知る者は数少ないのだという。

 

塩嶺に実在したと言われる六角塔の場所

六角塔の場所

六角塔は果たしてどこにあるのか?

地元住民の話によると正真正銘の結核病棟だった施設は辿り着くのが非常に困難らしい(地元の方でないかぎり発見できない)。

事実、インターネット上には六角塔情報が数多く投稿されているけど、場所を特定できる正確な情報は一切確認できない。無論、それはわからない場所にあるためなのだ(本当にヤバイからこそ投稿されないのかもしれないが…)。

よって六角塔の場所については「ピンポイントでここ!」と断言できない。

なんせ現在はその土地には会社が建っているしね。

ぶっちゃけその会社名は明らかになっているけど、営業妨害になり得る可能性があるため本記事では記載しない(ご了承を)。

本記事を読まれている方の多くはある程度ヒントを掴んでいるんじゃないかな。

1)道路の拡大した地点
2)ショートカットするための道路工事が盛んだった地点

 

もうこれ以上は言えない。
後は頼んだw

ちなみに上の工事は取り壊しがスムーズに進まず、作業中にけが人が続出したとの噂がある(道路整備を行う際、六角塔と呼ばれる施設の取り壊しを後回しにしたという情報もある)。

仮にこれが事実ならかなり強力な霊気が影響していたのだろう。

 

【総括】もう既に存在しないものに執着することなかれ

執着しちゃダメよダメダメ

六角塔はもう存在しないのだよ・・・

 

ということで、六角塔はすでに取り壊されているため存在しない。そして取り壊された場所には会社が建ち、今のところ何の問題もなく営業されている。

よって、六角塔があったとされる場所を特定できたとしても近辺をうろつくのは迷惑行為にしかならない。

現在も近辺には強い霊気が残っていて心霊体験をしたなんて話が絶えないけど、肝試しなどの行為が誰かの迷惑になっては絶対にダメ。それに今もなお強力な霊気があるのなら、今後を考えても行くべきではないわな。

今この時点で新たにインプットしようじゃないか。

「もうそこは六角塔でもなければ心霊スポットでもない。」と。

六角塔を今後語るときはあくまで昔話としてフェイクとして盛り上げたほうが幸せになれると思う。

過去よりも未来よりも今現在を大切に生きようじゃないか。

 

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事


-心霊・オカルト
-, , , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2021 All Rights Reserved.