桟橋から見たえびの子水苑




観覧・散策 釣り・アウトドア

実は紅葉がキレイな「えびの子水苑」@塩尻

投稿日:2018年11月26日 更新日:

塩尻市広丘吉田の市街地に緑に囲まれた池(水苑)「えびの子水苑」がある。

普段からよく車で通るので暇さえあれば立ち寄ってみたいと思っていた。が、なんていうか人間って割と近い場所っていつでも行けると思って結局行かずに終わるのでなかなか行けず・・・。

それでもタイミングはやってくるもの。

ちょうど紅葉時期になったので、休日を利用して目的の「えびの子水苑」へ行ってみた。

めっさ整備されている上品な公園だった!

塩尻市広丘吉田にある公園と池が合わさった「えびの子水苑」

 

さて、知っている人は知っている「えびの子水苑」だが、塩尻市街地にある単なる池と思うことなかれ。

 

実はこのえびの子水苑、夏は美しい緑に囲まれて涼をとれ、秋は美しい紅葉を楽しむことができる、広丘吉田地区のオアシスとも言える貴重な水苑なのだ。

 

普段車で同水苑横を通っているときから、「よく整備された(塩尻市が力をかけている)池だなー」と思っていたが、実際に訪れてみると細部まで手が加えられていることに驚く。

いや、ほらさ、市街地にひっそり佇んでるような公園って大概汚かったりするじゃん?

しかし、えびの子水苑はガチでキレイでゴミもなければトイレもめっさキレイ。

えびの子水苑のトイレ

公園のトイレは通常ダメダメだけど、えびの子水苑のトイレはキレイ

 

それに池はもちろん木々もしっかりと整えられているため、管理のクオリティが非常に高い。

なんだろう、広丘吉田地区から大切にされているのか管理者の方が優秀なのか、とにかく上品な公園だなと感動した。

 

その歴史はイマイチ理解できず・・・

歴史がありそうななさそうな・・・

 

これだけ整備されていて上品な公園なのだから、さぞかし素晴らしい歴史があるものだと勝手に思い込んでいた。

早速、えびの子水苑の歴史を確かめようと案内板を探し確認。

 

が、イマイチ理解できず・・・。

(どなたかえびの子水苑の歴史に詳しい方は是非コメントください)。

 

リサーチかけても資料などが出てこないので、ガッツリ調べるためには塩尻市に問い合わせるか、広丘吉田地区に暮らす同水苑に詳しい人から話を聞く他ない状態。

たまにお掃除をされている方を見かけるので、その人に尋ねたらわかるかな。。汗

いずれにしても、えびの子水苑の歴史に関してはパッとしないままである。

 

秋は美しい紅葉を楽しめる“隠れ名スポット“

落ち葉の絨毯

 

と、まあ歴史はさておき、水鳥がのんびと泳ぐかわいらしい池と、美しく映えるよう整えられた木々、ウッドチップでおしゃれに飾られた遊歩道はお見事としか言い様がない。

ちょうど写真を撮影したときは紅葉のピークが過ぎようとしていた時期。タイミングだと思ったもののやや遅れてしまい、すでに枯葉が散っている状態だった。

紅葉のピーク時はうっとりするレベル

葉における色の濃淡を意識した配置になっている?

いちょうの絨毯

 

それでも一部の木々では紅葉を楽しむことができ、日々の疲れを癒すことができた。

なお、2019年11月に再訪したが、今度はタイミングがやや早かったw

その様子は以下の動画でチェックしてほしい。

 

ガチで紅葉ピーク時に行くと、そんじょそこらの紅葉より魅了されたりする。

それほどまでにえびの子水苑紅葉は美しく、とても塩尻市街地だと思えないレベルなのだ。

私としては広丘吉田の隠れた“名スポット”だと思ってる。

 

えびの子水苑内のあれこれ

ゲートボール場

 

えびの子水苑内にはさまざまなエリアがある。

駐車場近くには地区の集会所と子供が遊べる「遊具エリア」。

エプソンの工場が隣接するエリアにはご老人がゲートボールを楽しむためのコーナーが用意され、メインの池では、“条件アリ”で釣りを楽しめる。

釣りに関するルールが記載された看板

 

なお、えびの子水苑での釣りルールを要約すると

えびの子水苑で釣りができるのは小学6年生以下まで。
釣りができる期間は4月1日~10月31日までとなっていて、投網・すくい取り・リールの使用は禁止。

 

あくまで子供限定。

なるほど、だから荒れていなくてキレイなわけだ。

仮にえびの子水苑にブラックバスがいて明確なルールが決められていなかったのなら、きっとゴミが散乱した見るも無残な池と化しているに違いない。

なお、生息している魚は鯉のようでそれなりのサイズがいるらしい。

とはいえ、必死に目で探したものの1尾たりとも確認できなかった。

 

子供だけが純粋に釣りを楽しめる環境を提供しているって素晴らしいことだと思う。冷め切った現代においてこのような温かみを感じる公園があることにどこかホッとした自分がいた(グッジョブです、塩尻市)。

 

釣り場を確認してみる

ちなみに子供限定だけど釣りができるエリアは次のとおり。

釣りができる橋エリア

春~秋にかけてはよく子供たちが釣りを楽しむ様子が伺える

 

橋もしっかり整備されているので安心して釣りができるかなと。

おまけに池の水深はたかがしれているので溺れることはまずないと思う。子供の釣りを許可している以上、塩尻市としてもリスクマネージメントは徹底しているはずだしね。

祝日ともなると、よく子供たちがここで釣りをしている姿を見かけるし、それなりに人気の遊び場になっているんだろうな。

 

冗談抜きでオススメの公園

えびの子水苑の池

管理が行き渡っている「えびの子水苑」

 

紅葉に池にとにかく癒された~。

これで塩尻市街地なんだから不思議なもん。

えびの子水苑は本当に美しく、来る人が気持ちよくなれる公園になっているんだよね。さらに来る人の民度も高いというか、キレイに公園を利用しようとする意識が見て取れる。

管理者さまの手間がかかっているからこそ、ここまで素晴らしい品質が保たれていることは言うまでもない。

だからこそ、私たちは公園をキレイに利用する意識を持つ必要がある。

 

いやー訪れてよかったなと。

池に関して言えばやや濁りが入った感じの水質だけど、周囲を囲む木々と歩道はとても上品かつ落ち着きがあるので十分に癒される公園だと思う。

水質はクリア寄り

気分を落ち着けたいときはオススメの公園

 

子供も大人も楽しめて、温もりが感じられる。

これってかなり貴重。

えびの子水苑、本当にオススメです。

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-観覧・散策, 釣り・アウトドア
-, , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2019 All Rights Reserved.