祝ゆるキャラGP優勝!長野県が誇る「アルクマ」のあれこれ




ローカル

祝ゆるキャラGP優勝!長野県が誇る「アルクマ」のあれこれ

投稿日:2019年11月6日 更新日:

長野県の各地で開催されるイベントやテレビ番組などに結構な頻度で登場し、もはや誰もが知る存在になった信州のゆるキャラ「アルクマ」

ネット上では「かわいい」「イラストが好き」など高評価を得ており、オリジナルグッズも多数販売している。

そんな長野県を代表するゆるキャラ「アルクマ」が、「ゆるキャラグランプリ2019」で優勝を飾った。

それなりに長野県のゆるキャラは把握しているけど、まだまだアルクマにおける知識が薄いのでこれを機にいろいろと調べてみた(ホントに根掘り葉掘り調べたので、記事というよりもアルクマ辞書というか備忘録みたいになってしまった)。

というわけで、長野県が誇るゆるキャラ「アルクマ」のあれこれを。

「アルクマ」のプロフィール

アルクマ

アルクマ

出身:信州・日本アルプスのどこか
短所:寒がり
性別: ?
趣味:信州旅行、かぶりもの収集
年齢: ?
特技:信州のお国自慢
身長:リンゴの木の半分くらい
好き:山、そば、りんご
苦手:海、もずく
体重:リンゴ70個分くらい
長所:行動的なこと
座右の銘:未知を歩こう。信州

引用:アルクマカンパニー(公式)

 

名前の由来

気になる「アルクマ」の名前の由来。

イラストを確認すればだいたい予想できるが、アルクマ公式によると名前の由来は次のとおり。

信州DCのキャッチフレーズ「未知を歩こう。信州」をもとに、「くまなく歩く」という言葉からキャラクターを考案。かわいらしいクマ(キャラクター)が楽しそうに歩く姿を表現し、「歩く(アルク)」+「クマ」で「アルクマ」となった。

クマをキャラクターに選んだ背景は信州各地に生息しているため。そして、「りんご」を取り入れたのは信州の名産品であるためだという。

 

誰からも好かれる風貌

最近では人気を獲得すべくぶっ飛んだ容姿やネーミングにするゆるキャラが多い中、アルクマに関しては非常にオーソドックスでかわいい要素を詰め込んでいる印象。

誰からも愛される・誰も傷つけないという点こそ、愛される要因なのかもしれない。

 

だからこそイベントに呼びやすい存在なんだよな。

 

呼ばれるほど存在を知ってもらえるので知名度が増す⇒人気につながる。

やっぱりアルクマはその他ゆるキャラよりもメリットが多いのだと思う。

 

とにかくイラストが注目されまくってる

様々なバリエーションがある

様々なバリエーションをもつアルクマ

 

アルクマが人気を獲得した理由はひとつではないが、純粋に「イラストがかわいい」という点こそ強く影響しているかと。

事実、アルクマでネット検索をすると関連キーワードとして「イラスト」が表示される。

つまり、多くの人がアルクマの着ぐるみよりもイラストに注目しており、興味を示しているわけだ。

アルクマ公式サイトでは様々なバリエーションのアルクマイラストが公開されているので、気になった方はアクセスしてみるといい。

 

デザイナー(作者)は誰よ?

はたしてデザイナーは誰なのか…

 

かわいいということで長野県はもちろん、県外からも評価が高い「アルクマ」。

確かにゆるキャラとしては完成度が高いし、ピースフルなので年齢性別を問わず誰からも支持されやすい風貌をしている。

よくこれだけ愛されるゆるキャラを生み出したな~と関心したその先に抱く疑問、それは

 

いや、デザイナー(作者)誰よ?

 

って部分。

これ、結構注目している人いると思うんだよな。。

サクっと検索すればすぐに見つけられるだろうと思ってたけど、あくまでアルクマのデザイナーとクレジットされているのは「ジェイアール東日本企画長野支店」

 

いやいや・・・知りたいのは組織とか団体じゃないんだよなあ・・・。

まあ、アルクマのデザイナー、そして作者は「ジェイアール東日本企画長野支店」の中にいるか、繋がりのある人物ってところか。

 

気になる「著作権」のあれこれ

デザイナー(作者)が不透明ってなんだか消化不良だけど、著作権に関しては明確になっている模様。

以前、アルクマの著作権を保有していたのは以下の3者。

  • 長野県
  • JR東日本長野支社
  • ジェイアール東日本企画長野支店

しかし、2014年6月に長野県が著作権を譲り受けたことで様々な分野での利用が可能になった(当時は観光PRのみでしか利用できなかった)。

さらに当時はなかった「信州ハートマーク」が胸に描かれている。

 

オリジナルグッズが豊富!

アルクマグッズ

現在、アルクマグッズは数え切れないほど登場している

 

イラストがかわいいということから人気上昇中。

当然ながらオリジナルグッズも注目の的となっている。

キーホルダーやぬいぐるみ、トートバッグといったベタなグッズはもちろんのこと、お土産などにも最適な食品など多種多様だ。

本当に現在はコラボ商品などを含めると数え切れないほどなので、すべてを把握したい方は公式が掲載さている「アルクマグッズPDF」を確認してほしい。

おすすめは「ぬいぐるみ」かな。

長野県PRキャラクター アルクマ ぬいぐるみ 大
株式会社エイコー
売り上げランキング: 233,770

 

非常にかわいらしいので置いておくだけでも和む。

あと、使用できる人は限られるけど、このポシェットはいろいろとかわいいw

長野県PRキャラクター「アルクマ」 ポシェット
株式会社ナガタビ
売り上げランキング: 420,162

 

こんな感じでAmazonでも販売されているグッズがあるので探してみるといいかも。

 

経済効果はどうずら?

アルクマってどれほどまでの経済効果があるのか…。

長野県における知名度は問題ないし、オリジナルグッズも豊富でイベントへの参加も多い。

あれ、これってもしかして想像以上の経済効果もたらしてるんじゃ・・・と思って調べてみると興味深い記事を発見。

 

経済効果はハッキリしないが、予想するに1億円はあるのでは?と。

ゆるキャラグランプリ2019優勝で今後はさらに注目されることは間違いないだろうね。

 

人気に偽りなし!「ゆるキャラグランプリ2019」で優勝

アルクマ優勝!

「ゆるキャラグランプリ2019」でPRするアルクマ

 

ゆるキャラの頂点を決める「ゆるキャラグランプリ」

アルクマは第2回大会(2012年)より連続出場しているが、最高順位は17位(2018年大会)。

しかし、2019年大会ではライバルとなった「ゆるナキン(大阪府泉佐野市)」を最後に追い抜き、106,419票で逆転優勝(初優勝)を飾った。

中間発表では「ゆるナキン」が圧倒していたものの、最後まで諦めず奔走。最終的に61票という僅差での優勝はなんというか、この度の台風被害が深刻な長野県には感慨深い。

ライバルの「ゆるナキン」

2019年大会のライバルとなった「ゆるナキン」

 

ちょうど「土曜はこれダネッ!5時間スペシャル」にて同グランプリが中継されていたんだけど、普通に県外の強者が揃っていたのでアルクマの優勝は難しいと思っていた。

が、最後の最後で追い抜いてって・・・

 

泣けたよ。
アルクマめちゃくちゃ頑張った。

 

きっと台風被害のことを強く意識してたはず。だからこそ並ならぬプレッシャーもあったと思う。

たかが「ゆるキャラの大会」と思う人もいるかもしれないが、どんなイベントであろうと必死になって勝ちを取りに行って地域を盛り上げる姿勢って簡単にマネできることじゃない。

本当にアルクマの優勝には感動した。

 

刮目せよ!長野が誇るゆるキャラ「アルクマ」を

かわいらしい姿は健在。

ゆるキャラグランプリ2019優勝によって県外からの知名度が高まることは間違いなし。

私はアルクマをゆるキャラとして見ているのではなく、長野県のために精一杯活動しているカッコいい勇姿キャラとして見ている。

もっとアルクマを有名にして長野県がハッピーにしようじゃないか。

 

かわいいけどカッコ良すぎるぜ、アルクマよ。

 

参考文献・写真元ゆるキャラグランプリ公式サイトアルクマ公式サイトWikipedia

 

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-ローカル
-, , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2019 All Rights Reserved.