【松本市】北陸名物金沢カレー松本店のSPメニュー「ボンバーカレー」を食らう



衣・食・住

【松本市】北陸名物金沢カレー松本店のSPメニュー「ボンバーカレー」を食らう

投稿日:

石川県金沢市を中心に発祥したローカルフード「金沢カレー」。濃厚かつ独特の味わいのルーが印象的のカレーライスであるが、これを看板商品として展開する店舗は少なくない。

今回紹介するのは金沢カレーの専門店「北陸名物 金沢カレー」松本店

ファストフードのように料理の提供がスムーズ、そしてデカ盛りのスペシャルメニュー「ボンバーカレー(名前からしてやべえ)」が話題の金沢カレー専門店としては比較的歴史の浅い(多分)チェーンである。

ということでこの記事では、北陸名物「金沢カレー」松本店でボンバーカレーの食レポをば。

タイトーFステーション隣にひっそり佇む金沢カレー専門店

タイトーFステーション隣にある「北陸名物 金沢カレー」

北陸名物「金沢カレー」松本店はローソンと併設されている

 

北陸名物「金沢カレー」松本店は松本市平田東1丁目、タイトーFステーション隣にある金沢カレー専門店(チェーン)。店舗はローソン松本平田東一丁目店と併設する形で営業している(内部がつながっているわけではない)。

目印がタイトーFステーション、もしくはKEIZ松本(パチンコ店)なので迷うことなくアクセスできるが、店の規模が小さいこともあって見逃してしまうケースもあるかな。

店内の広さは街中に溢れているコインランドリー程度。かといって座間に余裕があるので狭い印象は受けない。カウンターにしろテーブルにしろ、ストレスを感じることなく食事に集中できるね。

店内

店内は清潔感があり座間に余裕がある

 

カウンター席はだいたい5名くらい、テーブル席(4名仕様)が3箇所。

客層はさまざまだけど、メインはパチンコ帰りの男性が多い印象かな。カレーの人気チェーン店「CoCo壱番屋」のように年齢性別を問わず誰もが訪れるような店舗ではない気がする。まあ、金沢カレー専門店ということや、松本市においてまだまだ知名度が低いということも影響していると思うけど・・・。

娯楽施設に埋もれる形でひっそり佇んでいる感がスゴイのよね。汗

とはいえ、北陸名物「金沢カレー」は金沢カレー専門店の大手「ゴーゴーカレー」などと比較すれば歴史は浅い。この先化ける可能性はあるけど、カレー店が点在する松本市で人気店となるのは至難の業かも。

それでもデカ盛りのスペシャルメニュー「ボンバーカレー」や時間制限30分のチャンレジメニュー、テイクアウトができる点は評価すべきだし今後話題になる可能性を秘めていると言えよう。

 

メニューラインナップはめっさシンプル

メニュー表

メニューは非常にわかりやすい

 

北陸名物「金沢カレー」のメニューラインナップは非常にシンプル。何度か通えばすべて把握できるんじゃないかってくらいシンプル。要は金沢カレーに何をトッピングしているか?ってだけの話。

カレーのレギュラーラインナップは

・金沢カレー 650円
・ロースカツカレー 800円
・チキンカツカレー 800円
・エビフライカレー 800円
・なすカレー 750円

 

スペシャル&期間限定(チャンレジメニュー)ラインナップは

・ボンバーカレー 1050円
・ZEROカレー 2500円(0の付く日限定メニュー)

 

「ボンバーカレー」はご飯450gにロースカツ120g、チキンカツ110g、ゆでたまご1個、千切りキャベツ、日替わりのトッピングというデカ盛りスペシャルメニュー。

一方で「ZEROカレー」はいわゆるチャレンジメニュー。総重量2.5kgのスペシャルカレーを30分以内(制限時間)に食べきれば、成功報酬としてチャレンジ料金2,500円のキャッシュバックと、1年間ワントッピング無料パスポートを獲得できる(写真撮影あり)。自信がある方は是非ともこのチャレンジメニューに挑戦してほしい。

トッピングメニューは次のとおり。

・ロースカツ 150円
・チキンカツ 150円
・エビフライ 150円
・なす 100円
・チーズ 100円
・ウインナー 100円
・生卵 50円
・ゆで玉子 100円
・納豆 150円
・コロッケ 100円
・カニクリームコロッケ 150円
・味噌汁 50円
・ルー増し 200円

 

ドリンクメニューは次のとおり。

・ビール 350円
・コーラ 150円
・ウーロン茶 150円

 

呑みには適さないけど(当たり前)、ビールが置いているあるのはありがたい。

なお、北陸名物「金沢カレー」松本店は券売機を使用するシステム

券売機

券売機

 

賛否はあるかもしれないが、発券機はミスがないし、先払いなのでスムーズな退店ができる。まあ、この辺は店側の事情が深く影響しているから私たち消費者があーだこーだ言う部分ではないな。

店の雰囲気からしても発券機はよくマッチしているし、不満はまったくないね。

とまあ、北陸名物「金沢カレー」のメニューラインナップは非常にシンプルなものの、スペシャルメニューやチャレンジメニューが用意されているので多様性はあると思う(今後の期待も含めて)。

 

これぞデカ盛り!「ボンバーカレー」を食らう

ボンバーカレー

人気No.1メニュー「ボンバーカレー」(1050円)

 

北陸名物「金沢カレー」の人気No.1メニューは見るからにしてデカ盛りだとわかるスペシャルメニュー「ボンバーカレー」らしい。

前述しているが、このカレーはメインの揚げ物がすべて載ったボリューム満点のメニュー。ご飯450gにロースカツ120g、チキンカツ110g、ゆでたまご1個、千切りキャベツ、日替わりのトッピングというトッピングのオンパレードだ。

はたして完食できるか謎だが、同店の人気メニューともなれば注文しないわけにはいかない。すでに写真からボリュームの多さに圧倒されたがボンバーカレーを発券。覚悟を決めた。

待つこと数分、わりとスムーズにそれは到着した。

ボンバーカレー

北陸名物「金沢カレー」の看板商品「ボンバーカレー」

 

ハッキリ言おう。実物を見た率直な感想は「あ、これならイケるかも」だった。

そのボリュームはココイチでよく食べる500gよりも少なく見えたし、トッピングに関してもそれぞれがこぶりに見えたんだよね。だから余裕綽々でスプーンを口に運んだ。

味わいは非常に濃厚でスパイスが効いている。ルーはかなり煮込まれているのか具材の感覚があまりなく、すべてが溶け込んでいる印象。とにかく濃厚なのでしつこい味を好む人にはしんどいかもしれない(それは見た目からもわかるが=色が濃い)。

トッピングのカツ・フライはすべて肉薄(ちょいと残念)。カリッとした揚げ方で硬い食感かな。それにきわめてジャンキーな味わいなので、人によっては想像していたそれとの相違にガッカリする可能性アリ。

トッピングのオンパレード

トッピングでカレーが見えない

 

まあ残念な部分もあるけど、トッピングでカレーが隠されているって微笑ましいじゃない。非常にユニークなメニューではあると思うし、夢が詰まったメニューでもあると思うし。それにルーは個性が光っていて他店と差別化できているしね。

とこんな感じであれこれレポートしながら(頭の中で)食べていたのだが、1/3を食べた終えたところで異変が…。

濃厚なルーが満腹中枢を刺激し、食べる気力を奪ったのである。

ココイチの500gとはワケが違った。いつもハンバーグもカツもトッピングするからこのボンバーカレーも余裕だと思っていたのよ。しかし、北陸名物「金沢カレー」のルーは想像以上に濃厚でパンチがあったのよね・・・。

その後時間をかけて何とか食べ終えた。

結論を言うと、ボンバーカレーは非常にユニークで夢のあるメニューであるが、普段から大食いで濃厚な味付けに耐性のある人でないと楽しめないメニューだと思う。

私は今後、こちらのカレーを堪能するためにも普通の金沢カレーを注文するわ。

あ、でもボンバーカレーは旨いからね!カレー屋が提供するカレーライスというよりは、ファストフード店が提供するカレーライスといった感じだけど、それはそれで良さがある。ガチなカレーよりもB級カレーが食べやすかったりもするわけで。

気になった方は是非ボンバーカレーを食べてみてほしい。

 

【総括】あなたならではの北陸名物「金沢カレー」の魅力を探すべし

北陸名物「金沢カレー」松本店は万人ウケするようなカレー店ではないと思う。が、これはけっしてDisっているわけでなく、舌の好みに左右される可能性が高いということ。つまり、好きな人にはハマること間違いなしの金沢カレー専門店だと思うね。

金沢カレーに関しては650円で食べられるし、スペシャルメニューの「ボンバーカレー」でも1050円とリーズナブル。

チャレンジメニューもユニークだし、10~20代の男子に最適な店舗かも。

きっとあなたならではの魅力を発見できると思うので、まずは入店してあれこれ確かめてみてほしい。

 

北陸名物「金沢カレー」松本店

営業時間:11:00~20:00

定休日:無休

住所長野県松本市平田東1丁目26−16

TEL09019897787

座席

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事


-衣・食・住
-, , , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.