大容量でコシがある!そば処「白山(松本市)」の十割蕎麦を食らう



衣・食・住

大容量でコシがある!そば処「白山(松本市)」の十割蕎麦を食らう

投稿日:2019年12月24日 更新日:

人間は気分によって要求のカタチが変わる。それは「そば」に対しても同様だ。

たとえば、「今日はスルスル食べたいから喉越しの良いそばにしよう」だとか、「今日はそば粉にこだわった本格的な十割そばにしたい」だとか。なかには「ボリュームがあってコシがあるそばを食べたい」と思っている人もいるだろう。

今回ご紹介するのはボリュームがあってコスパに優れた十割蕎麦を提供するそば処「白山」

想像以上の内容に腰を抜かすこと間違いなしだぜ。

てなわけでこの記事では、松本市寿豊丘にあるそば処「白山」の食レポをまとめる。

松本市寿豊丘にある十割そばにこだわった蕎麦屋

白山の外観

手打ち十割蕎麦にこだわったそば処「白山」

 

そば処「白山」は松本市寿豊丘にある自家製粉の十割そばにこだわった蕎麦屋。

外観は蕎麦屋らしからぬ表情をしているが、そばに対する熱意は尋常でないんだよね。そのこだわりは店内に掲げられた説明書きを見ればわかる。

十割蕎麦は一切混ぜものを加えない自家製粉100%(手打ち)なのよ。これぞ蕎麦屋だよなあ。

他にも利用者の好みに合わせて次の蕎麦が用意されている。

・一九そば・・・自家製そば粉に対して北海道産のそば粉が4割・小麦粉が0.3割の手打ち
・二八そば・・・北海道産のそば粉を8割・小麦粉を2割。本練りまでの工程は機械

 

感動しちゃうのがそば処「白山」のポリシー。ラインナップされている蕎麦はすべて「早く提供」「美味しい」「ボリューミー」「安い」の条件が揃っている。これを堂々と宣言している点が素晴らしい。

で、店内の雰囲気がまた良いんだよなあ。

店内

そば処「白山」の店内

まるで食堂のような店内

店内は一般的な蕎麦屋とは異なる雰囲気

 

そば処「白山」の店内は外観同様、一般的な蕎麦屋のそれとは異なる空間と言える。なんというか・・・蕎麦屋というよりも大衆食堂のような雰囲気かな。そんな空間に味のある木製テーブルと椅子が置かれているので、本気で「ここは何屋なんだ?w」と不思議な気持ちになる。

とまあ、形容しがたい店内なんだけど居心地はとても良い。特に木の美しさがたまらないテーブルは、利用者を落ち着かせ癒しを与えてくれるキーアイテムになっているね。

美しい木目

木目が美しいテーブルにうっとり

 

このようにそば処「白山」はちょっとクセのある蕎麦屋だけど、それが良いアクセントになっていると思う。

他店との差別化は十分過ぎるほどできているしねw

 

メニューは「そば」「天ぷら」「飲み物」のみ

期間限定メニューも

そば処「白山」には期間限定メニューもある

 

そば処「白山」のメニューラインナップは極めてシンプル。用意されているのは「そば」「天ぷら」「飲み物」の3種類のみで、期間限定で特別メニューも加わる形だ。

そばのレギュラーラインナップはそれぞれ7種類。

そばメニュー

十割そばメニュー

そばメニュー2

一九そばメニュー

 

ざるそばをはじめ、かけそば、月見そば、にしんそば、海老天そばなどバリエーションが充実しているので、好みに合わせて注文できる。温と冷を選べるのもありがたいよね。

で、是非とも注文する前にこちらのボリューム解説書を確認してほしい

ボリューム説明書

そばのボリュームを解説した説明書

 

一般的な蕎麦屋が提供するそばはせいぜい200g程度。しかし、そば処「白山」はそれ以上のボリュームを注文することができる。

「200gなんて余裕でしょ?300g以上じゃないと話にならないわw」と思った人は少なくないかもしれない。しかし、そば処「白山」の蕎麦はよーく考えた上で注文しないと痛い目にあう、ガチで。

確かに美味しい蕎麦はあっという間に食べきれるよ。

でもね、そば処「白山」の蕎麦は200gでも苦戦するレベルなの。

私は初訪でこちらのざるそば300gを注文したが、やっとの思いで食べたから・・・。

てなことで、上記のボリューム解説書をよく読み、余裕のある注文をしてね。

で、「天ぷら」をはじめとする単品メニューとドリンクメニューがこちら。

天ぷら&飲み物メニュー

天ぷら&飲み物メニュー

 

お好みのトッピングができるので利用しやすいね。「とろろ」と「きのこおろし」は蕎麦の旨さを際立たせてくれるのでおすすめかな。

 

ボリュームとコシが想像以上の蕎麦に驚愕!?

ボリューム満点のそば

一見、スルスル食べられそうな300gだが・・・

 

では、そば処「白山」の期間限定メニュー「幻の在来種新そば(奈川・開田高原)」300gの食レポをば。

前述しているが、そば処「白山」の蕎麦は舐めてかかると痛い目にあう。しかし、初訪の私はその恐怖を知らぬまま、普通盛よりワンランク上の300gを注文。間もなくして蕎麦がテーブルに届いたが、第一印象は「一般的な大盛り程度のボリューム」だった。

「白山のボリューム、恐るるに足りず!!」と余裕綽々で食べ始める。

まず感動したのは「コシ」。バラけることなく非常にしっかりしていて硬めの食感。ゆるめの蕎麦を好まない人にとっては最適だと思うね。そして、十割ならではの「風味」もまた素晴らしい。開田高原「幻の在来種」ということもあって、これまでにない香りと旨味を堪能できた気がする。いや~大将、いい蕎麦打つねえ~!

また、「つゆ」もいりこを効かした甘口タイプで面白い。ただ、そば通の人からするとちょっと気に食わないかも。それでも蕎麦との相性は抜群でスルスル行けちゃうよ。

こんな旨いんだから300gなんて余裕だわ~とニコニコしていたのだが、半分くらいを食べ終えた時に異変が起こる。

蕎麦のコシがまるでボディブローのように効いてきて蓄積していくんだよね・・・。

なるほど、そういうことだったのか。

やっとの思いで300gを食べたけど、ふつうに堪能したいなら200gがベスト。私は以降、こちらでは200gを注文するようにしている。天ぷらを美味しくいただくなら尚更だね(天ぷらウマウマだお)。

天ぷら

サクサクで素材の旨さが活きた「天ぷら」

 

勘違いしないでくれよ?白山の蕎麦はウマウマだからね??

あくまで量に注意ってこと。

 

比較されるライバル店「小木曽製粉所」

小木曽製粉所(村井店)の大ざるそばがうまい

コスパ抜群で大人気の「小木曽製粉所」

 

コスパの良い蕎麦屋として大人気の「小木曽製粉所」。多くの人が松本市界隈で安くてボリューミーな蕎麦を食べようと思ったとき、第一候補に挙げる蕎麦チェーン店だ。

大盛りは500円、特盛りは700円と素晴らしい価格設定でありながら旨いんだよねw

とはいえ、ボリュームならそば処「白山」も負けていない。本格的な手打ち十割蕎麦200g(実質300g)が800円だ。さらにそばつゆもいりこを効かせた上品な味わいなので、コスパの良い本格的な蕎麦で比較するなら「白山」に軍配があがる

やっぱりウマい十割蕎麦が安くたらふく食べられるってのがスゴイ。

逆に普段から小木曽製粉所を利用している人は、一度でいいからそば処「白山」に行ってみてほしいね。

 

【総括】そば処「白山」恐るべし・・・

そば処「白山」の蕎麦にはとにかくビビった。

見た目は大盛りサイズなんだけど、食べてみるとそれ以上なんだからさ。汗

「世の中、目に見えるものだけがすべてじゃない」っていうけど、ホントその言葉が突き刺さる蕎麦だったと思う。

つまり、そば処「白山」の蕎麦は大容量という表現が適切かと。

無論、ボリュームがすべての蕎麦ではなく、旨味・風味・コシ・つゆそれぞれを楽しめるので、蕎麦を愛する者なら是非とも足を運んでほしいね。あ、松本市内で独特の雰囲気をもった蕎麦屋を探している人にもおすすめかな。

参ったぜ、白山!

ごちそうさまでした!!

 

そば処「白山」

営業時間

ランチ:11:00~15:00
ディナー:17:00~20:00

定休日:月曜のディナー部

住所長野県松本市寿豊丘532

TEL0263-57-6267

座席:-

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事


-衣・食・住
-, , , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.