美鈴湖、ワカサギ釣りに悪影響となるブラックバスの駆除調査を開始へ




ローカル 釣り・アウトドア

美鈴湖、ワカサギ釣りの妨げ魚「ブラックバス」の駆除調査を開始へ

投稿日:

2019年11月26日号の市民タイムスより。

ワカサギ釣りをはじめ、周囲にさまざまなレジャー施設がある美鈴湖だが、以前から国の特定外来生物に指定されている「ブラックバス」による生態系の崩壊が問題となっていた。

言うまでもなく美鈴湖はブラックバス釣りは禁止であるが、ブームが到来した当時はかつての沓沢湖のように無法地帯化した経緯がある。

現在も湖にはブラックバスが生息しており、ワカサギを捕食してしまうため問題視されていた。

が、ついに松本市が本格的な駆除に向けて調査を開始したようだ。

美鈴湖におけるブラックバス駆除の目的

美鈴湖

自然に囲まれて美しい「美鈴湖」

 

冒頭でも記述したが、美鈴湖におけるブラックバス(オオクチバス)駆除の目的は、「ワカサギ釣りの振興」である。

美鈴湖は平成27年よりワカサギ釣りが復活し、2019年の時点で6年目を迎えている。

同湖におけるワカサギ釣りは好評でSNSやブログなどでも多くの釣り人が満足しており、子供から大人まで釣りの知識がなくとも簡単にできる魅力をもつ。

しかし、国の特定外来生物「ブラックバス」の捕食性は凄まじく、ワカサギを好物としているため、打開策が検討されていた。

市民タイムスの記事

市民タイムス掲載の記事(2019/11/26号)

 

現在までに1562匹のブラックバスを駆除したことが発表されているが、同魚の繁殖力もまた凄まじくすべてを駆除することはほぼ不可能とも言える。

そして2019年11月、ついに松本市が美鈴湖におけるブラックバス駆除にむけた本格的な調査を開始。何とかして湖のブラックバスを一網打尽にする策を見出したようだ。

 

ブラックバスに発信機をつけて越冬場所を特定へ

発信機がつけられた美鈴湖のブラックバス

発信機がつけられた美鈴湖のブラックバス

 

松本市は美鈴湖で捕獲したブラックバス5匹に発信機を取り付けて再放流。

越冬で一定の場所に集まり、ほぼ動かなくなるブラックバスの習性を狙い、11月から12月にかけて場所を特定していずれ一網打尽にするという策のようだ。

これまでにさまざまな方法を用いて駆除を行ってきたが、活性が低くなる冬は一切捕獲できずにいたという。

個人的にブラックバス釣りが好きな人間なのでバスが駆除されることは複雑な心境だけど、そもそもとしてブラックバス釣りを許可しておらずワカサギ釣りをメインとしているフィールドなので今回の駆除は当然のものだと納得できる

 

が、ホントにブラックバスの繁殖力はとんでもないからね・・・。

 

完全に駆除することは無理だろうけど、ワカサギが捕食される被害の度合いは抑えられるかもしれない。

 

長野県はブラックバス駆除にガチ

小坂田池で釣り上げたブラックバス

ルアーフィッシングの代名詞「ブラックバス」

 

現在、長野県の至るところでブラックバスの本格的な駆除が進んでいる。

というのも県は釣りと観光をセットで提案する観光施策「釣ーリズム」を推進しているようで、それら魚を捕食するブラックバスやブルーギルの効果的な駆除に向けてガチになっているようだ。

というよりも日本自体が外来魚を効果的に駆除するよう促しており、その一環として長野県が受託したというわけ(ちなみに2019年度の駆除予算は120万円)。

昨年の時点でブラックバスに発信機を取り付けて越冬場所を特定する成果はあげられているようなので、美鈴湖においても朗報が聞けるかもしれない。

なお、上田市の千曲川ではブラックバスをただ駆除するのではなく、“食べて駆除する”という方法を用い、川魚料理店「鯉西」がさまざまな料理を提供している。

ともなると、やっぱり小坂田池のブラックバスたちはもう完全に駆除された可能性が高いかな・・・。

 

美鈴湖が潤うことを切に願う!けど・・・

美鈴湖に生息するブラックバスが駆除されることで、ワカサギをはじめ、その他在来の魚が住みやすくなることは言うまでもない。

ブラックバスによる悪影響さえなければ、ワカサギ釣りは狙いどおりの営業ができるだろうし。

けど、やっぱりブラックバスがただ駆除されていく現実を受け止めることは簡単ではないかな。。

そもそも放流した人間が悪いんだよね。
ブラックバスはただ生きているだけであって…。

結局、生態系を崩壊させるのは人間なんだと痛感させられる。

なんとも複雑なニュースだ。

 

参考文献:市民タイムス 2019年11月26日号「オオクチバス駆除へ調査」

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-ローカル, 釣り・アウトドア
-, , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2019 All Rights Reserved.