ねぎだれ




衣・食・住

飯田市の伝統食文化「おでんに“ねぎだれ”」の全貌

投稿日:

1/23放送「ずくだせテレビ」で飯田市の伝統食文化が特集されていた。

それは驚きを隠せない内容で、信州人でありながらまたひとつ新たな信州におけるローカル情報を知ることに。

特集によると飯田市はおでんに定番のからしや味噌ではなく、“ねぎだれ”をつけて食べるのだという。

ということで、ずくだせテレビが特集した飯田市の伝統食文化「おでんに“ねぎだれ”」の全貌をまとめる。

なぬ…?!飯田市のおでんの食べ方が普通と違うっぽい

ずくだせテレビより

 

普通、おでんにつけるものと言ったら「からし」か「味噌」。
そもそも何も付けずに食べる人がほとんどだと思うけど、飯田市は必ず“ねぎだれ”をつけて食べるらしい。

今回の調査員は大久保ノブオさん。

さっそく事実確認のために飯田市役所に行くと・・・

ずくだせテレビより

 

どうやら事実らしい。
で、そもそも“ねぎだれ”とはなんぞや?ってことでその定義を質問。

すると

ずくだせテレビより

 

しょうゆに刻んだネギを漬けたものがベースで、各家庭よって味付けは異なるとのこと。ちなみに飯田市限定で好まれているねぎだれは以下のようなもの。

ずくだせテレビより

 

非常にシンプルな味付けで特別な調味料は用いない。
まさに見た目どおりのタレなわけだが、はたして本当に飯田市民は皆ねぎだれでおでんを食べているのか??

半信半疑の大久保さんは次々と市役所員に質問するも・・・

ずくだせテレビより

ずくだせテレビより

ずくだせテレビより

ずくだせテレビより

ずくだせテレビより

 

皆さん、おでんには必ずねぎだれをつける模様。

というよりも、おでんにカラシや味噌をつけることに驚いたという職員さんの発言にこちらが驚いたというw

やはり地域独自の食文化ってすぐに理解することは難しいし、慣れるまで時間がかかる。飯田市のおでんにねぎだれという食文化もまた同様といったところ。

とはいえ、飯田市民は何の疑いもなくおでんにねぎだれをつけて食べているわけだが、はたしてその発祥やいかに。

 

ねぎだれ発祥の店「味処 丸現」から紐解く誕生秘話

ずくだせテレビより

 

ずくだせテレビによれば、飯田市にねぎだれ文化が根付いたのは「味処 丸現」が開発⇒提供をして口コミで広がり、定着したという背景があるらしい。

もっと具体的に解説すると、初代店主の細沢歓一さん(現店主は3代目)は常連客のひとりが大のねぎ好きだったことを理由に、おでんにねぎを刻んで提供。その後、調味料で現在のねぎだれを誕生させたところ、その旨さが巷に広まり現在に至る、という流れ。

ずくだせテレビより

 

そんなねぎだれ発祥の店で本物の「おでん&ねぎだれ」がこちら。

ずくだせテレビより

 

本物を食べた大久保さんは

ずくだせテレビより

 

心から「うまい!」と発言されていたので、おでんにねぎだれがマッチしていることは確かなようだし、素材を活かしてくれるのかもしれない。

加えて大久保さんはねぎだれが同じく長野県の伝統食である「おやき」や「野沢菜」を超える可能性があるとも。

ずくだせテレビより

 

ちなみに現3代目店主もまた、おでんにカラシをつけて食べるごく一般的なスタイルに対して驚きを隠せないんだとか。苦笑

やはりそれほどまでに飯田市においてねぎだれはおでんに欠かせないタレなんだろうと。

そもそもとして常連客がねぎ好きじゃなかったら生まれていない可能性すらあったわけだし、何かと何かのつなぎ合わせって感慨深いものがある。

また、丸現で提供されているねぎだれも特別な調味料は一切使用しておらず、シンプルにねぎ・しょうゆ・砂糖だけなんだそう。

 

ねぎだれの作り方

ずくだせテレビより

 

最後にねぎだれの作り方を。

とはいっても、非常にシンプルなので普段から料理をしない人でも多分作れるレベル。

用意するものは以下の4点。

■ねぎだれの材料

ねぎ・・・お好みで
しょうゆ・・・適量
みりん・・・適量
ゆず・・・擦ったものを適量

 

作り方としてはまずねぎを細かく刻む。

ずくだせテレビより

 

続いてボールなどにすべての材料を入れる。

ずくだせテレビより

 

あとは混ぜるだけ。

ずくだせテレビより

 

このように誰でもかんたんに作ることが可能。

おでんにはもちろん、豆腐などにかけても美味しいとのことなのでさまざまな料理に使えるタレになりそう。

マッチする料理を発見したり、アレンジしたりすると幅が広がるはずなので大久保さんが「おやきなどを超える可能性アリ」と発言した理由がよくわかる。

 

以上、飯田市の伝統食「おでん&ねぎだれ」の解説でした。

ぶっちゃけると・・・私、大のねぎ嫌い(申し訳ない)。
でもこの記事がねぎ好きの方にとって興味をそそれたなら幸い。

おでんは大好物なので飯田市に訪れる際はねぎだれには挑戦するつもり。

もしかしたらねぎだれに限っては食えるかもわからんので。

お後がよろしくなくて本当に申し訳ない!!

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-衣・食・住
-, , , , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2019 All Rights Reserved.