【レビュー】オリンパス「OM-D E-M5 MarkⅢ」を動画撮影用にポチった話




レビュー

【レビュー】オリンパス「OM-D E-M5 MarkⅢ」を動画撮影用にポチった話

投稿日:2019年12月10日 更新日:

これまでに写真撮影はiPhone、動画撮影は古いSONYの「HDR-PJ760」で十分だった。

が、ここ最近は本格的にYouTube専用の動画を撮影すべく色々と模索。当初は新たなハンディを購入する予定だったが、あるユーチューバーの動画がきっかけで“一眼カメラでの動画撮影”に興味を抱く。

そこで出会ったのがオリンパス「OM-D E-M5 MarkⅢ」

私はそもそも一眼などに興味がなく、カメラの知識もまったくないのだが動画撮影に最適な1台だったこともあって同製品を購入した。

なので確かなレビューを書く事はできないが、現時点で私が感じたことを色々とまとめていく。

オリンパス「OM-D E-M5 MarkⅢ」に決めた理由

元箱

箱のデザインが実にCoolなオリンパス「OM-D E-M5 MarkⅢ」

 

通常、動画撮影を目的とするならハンディカムの購入を検討する方がほとんどだと思う。

が、時代は変わり、現在は写真撮影用のカメラで動画撮影をする方が増えてきた。

その理由はさまざまだけど、私の場合はなんといっても高精度な「手ぶれ補正技術」と、写真もキレイに撮影できるというメリットがあるから購入を決意した。

とはいえ、一眼・コンデジなどすべてのカメラが動画撮影に向いているわけではない。そもそもとして一眼は写真撮影特化(当たり前)なので、動画撮影はあくまでオマケのようなものだったりする。

が、一部の機種は同撮影に最適なスペックのため、ハンディを選ばず写真撮影特化のカメラを手にする方がいるわけだ。

特にオリンパスのOM-Dシリーズは強力な手ぶれ補正機能を誇る。

 

オリンパスのOM-Dシリーズを知ったキッカケ

オリンパスのOM-Dシリーズを知るキッカケ、そして「OM-D E-M5 MarkⅢ」をポチる決定打になったのが、さまざまな機種のレビューでお馴染みの人気ユーチューバー「ジェットダイスケ」氏の動画だった。

 

ご覧のとおり手ぶれ補正がスゴイのよ、オリンパス。

 

私は動画撮影が非常に苦手でブレブレがデフォルト。そのため、ブレブレ撮影で割り切って動画編集の前にスタビライズソフトをかまして補正をする日々を送っていた。

無論、それでも問題はなかったけどやっぱりその手間と時間をカットできたら幸せになれるわけで、高性能な手ぶれ補正機能を搭載した機種を探していた。

そんな時に出会ったのが上の動画というわけ。

動画内で紹介されているOM-DはE-M5 MarkⅡだが、前機種の時点でこの性能。

その他ハンディなどと比較もしたけど、やっぱり群を抜いてスゴイのよ。

 

ガチで強力な「5軸手ぶれ補正」機能

「OM-D E-M5」がブレに強いのは独自の5軸手ぶれ補正機能を搭載しているから。

詳しくは公式をチェックしてほしいんだけど、まあこれが本当に強力でこの技術だけにお金を払ってもいいと思えるレベル。

「OM-D E-M5 MarkⅢ」では以下の2つの手ぶれ補正によってブレが劇的に改善される。

1)センサーと画像処理エンジンによる手ぶれ補正ユニットの制御
2)5軸補正

 

文字だけで判断するのは難しいが、ジェットダイスケ氏の動画を見れば同製品の手ぶれ補正の凄まじさがよくわかると思う。

 

実際に使ってみた感想

開封後

開封後の様子(付属品など)

 

動画撮影用に購入した「OM-D E-M5 MarkⅢ」だけど、私は人生初“一眼(ミラーレス一眼だけど)”なのでカメラの知識はほぼゼロ。

よってこの項目は随時更新していく予定。

あくまで私が感じたことを書いていくので、ご検討中の方にとって少しでも参考になれば幸い。

 

マイクロフォーサーズによる広角の問題

上部

上部

 

「OM-D E-M5 MarkⅢ」のセンサーサイズは「マイクロフォーサーズ」

大きさとしては3番目に位置するため、フルサイズと比較すると広角は狭くなってしまう。

私はこれまでにセンサーサイズなど意識したこともなかったし、ハンディ慣れしていたこともあって広角すら曖昧な知識だったが、直近まで使用していた「HDR-PJ760」と比較すると撮影範囲は狭くなった。

最初は戸惑ったものの、これが不思議と慣れてしまうんだよね。

むしろ、高い買い物をしたこともあって愛着がわくというか、クセを認めて好きになろうとする自分がいる。

そもそもマイクロフォーサーズとてメリットがあって、カメラ自体は小型軽量化できて望遠に強い。要は使い手次第なのでメリットもデメリットも把握して手にしたいと思えばポチればいいわけだ。

私は写真撮影でなく動画撮影用に購入したので、若干の広角におけるクセを感じた以外は大満足している。

 

やっぱり手ぶれ補正機能がSUGEEEE!

背面

背面

 

まずは車載におけるブレの確認。

ちょうど塩尻市にあるみどり湖を撮影した動画から「OM-D E-M5 MarkⅢ」を使い始めたので、是非とも以下の動画でご判断いただければと(大した動画でなくて申し訳ないが…)。

 

車載に関しては以前のハンディとは比べ物にならないほどブレがなくなり、素晴らしい結果が得られた。

歩きながらの撮影に関しては私がヘタクソということと、手ぶれ補正の限界を見たくてわざと体を揺らし気味で撮影したこともあってぐらつき十分なお粗末撮影になってしまった…。

また、手持ちタイプの以下のようなスタビライザーをかましたのでそれも相性が悪かったかもしれない。

スタビライザー

個人的にこのスタビライザーは苦手…

 

そもそもとして動画撮影に適した歩き方や撮り方の基本をマスターしなければならないな…。

残念な動画になっているのは私の実力不足であって「OM-D E-M5 MarkⅢ」は一切悪くない。早く同製品に追いつけるように色々と勉強しないと。

なお、何も装着しない手持ちのままと、グリップタイプで撮影したテスト動画は次のとおり。

 

確かにE-M5 MarkⅢの手ブレ補正は凄いけど過信は禁物かと。

撮り手が撮影における基礎(フォームや歩行など)を実践すれば、ブレの少ない動画が撮影できるんじゃないかな。

いずれにしても、動画撮影・写真撮影って奥が深いし難しいね。

 

デザイン性はイマイチ

デザイン

他社製品と比較するとデザイン性はまあまあかな…

 

デザイン性は個人的にイマイチかな。

数あるカメラメーカーのなかでもっとも好ましいデザインは「富士フィルム」だったりする。

あのクラシックでクールなデザインがもっとも好きなのだが、あくまで私はオリンパスの技術に惚れて「OM-D E-M5 MarkⅢ」を購入したので、うん、まあ良しとすべきだわな。

無論、デザインには好みがあるのでこれはあくまで私のひとつの意見に過ぎない。

けっしてダメダメなデザインというわけじゃないしね。

 

【総括】買って大満足!写真撮影にも興味が出てきた今日この頃

オリンパス「OM-D E-M5 MarkⅢ」

これからよろしくお願いします、相棒

 

はっきり言って私がカメラ初心者のひよっ子のため、まったくもって価値のないレビューになってしまった。

とはいえ、やはり強力な手ぶれ補正は見事としかいいようがないし、動画撮影用カメラに選んで正解だったと思っている。

今後、この記事の正確性が高くなっていくよう更新&努めていくと共に、オリンパス「OM-D E-M5 MarkⅢ」の魅力をもっと伝えられればなと。

そして最近、一眼ということで写真撮影の方にも目覚めてきた。

もっと「OM-D E-M5 MarkⅢ」の方から好まれるタマにならないとね。

だらしないレビューになったけど、ホントおすすめのカメラですよ、ええ。

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事



-レビュー
-, , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2020 All Rights Reserved.