【初飲】果汁工房「果琳」のオレンジジュース



衣・食・住

果汁工房「karin(果琳)」アイシティ21店のオレンジジュースにハマった話

投稿日:2019年2月10日 更新日:

ショッピングも映画も楽しめる山形村のショッピングセンター「アイシティ21」。テナントは有名店であふれ、年齢性別を問わず誰もが楽しめる。

そのなかでも特に注目してほしいのが、搾りたてのフルーツジュースを飲める果汁工房「karin(果琳)」

フルーツそのものの旨味を楽しめる大変貴重な店舗だ。

ということでこの記事では果汁工房「karin(果琳)」のレポートや魅力などをまとめてみる。

果汁工房「karin(果琳)」ってなんぞ?

「karin(果琳)」

果汁工房「karin(果琳)」【1】

 

果汁工房「karin(果琳)」は搾りたてのフルーツジュースを提供する日本全国展開の専門店(株式会社「青木商店」の店舗ブランドのひとつ)。karinのほかにも基本メニューが共通したブランド名の異なる店舗がいくつか存在する。

ブランド名の異なる店舗(メニューは一緒)

・フルーツバー青木
・Wonder Fruits(ワンダーフルーツ)
・V2&M

 

山形村「アイシティ21」にある店舗は果汁工房「karin(果琳)」。

見た目は若者を意識したイマドキな感じ。よって客層は若者がメインだが、アイシティ21は老若男女が利用するため幅広い年齢層の男女が訪れる。まあそれでも女性の方が多い印象かな。

「karin(果琳)」アイシティ21店

果汁工房「karin(果琳)」アイシティ21店【1】

 

店舗の規模はきわめて小さいが、フルーツジュース専門店なので特に気にならない。

スタッフは2~3名が基本だけど、商品は果実をひとつひとつミキサーにかけて丁寧に作るため、混み合うとそれなりに待機しなければならない。ま、それほど支持されるジュース店というわけだ。

 

メニューラインナップは想像以上に多い!

Karinメニュー

果汁工房「karin(果琳)」のメニュー【1】

 

果汁工房「karin(果琳)」のメニューラインナップは想像以上に充実している。

誰もが想像するフルーツジュースはもちろん、期間限定・季節限定ジュースも。見ているだけでワクワクしちゃって注文すべきジュースがなかなか決まらないなんてことはザラw

一般的な「フルーツジュース」メニューはこんな感じ。

フルーツジュースメニュー

 

オレンジ、パイナップル、キウイ、メロン、マンゴーとフルーツジュースではお馴染みの顔が揃っている。

続いて「ミックスジュース」「ミルクドリンク」メニュー。

ミックスジュースメニュー

 

ミックスジュースは2種、ミルクドリンクは3種というラインナップ(※それぞれ店舗によって異なる)。

そして「ヘルシースムージー」「フルーツヨーグルトソフト」

ヘルシースムージーとフルーツヨーグルトソフトメニュー

 

スムージーを置いているあたりは女子を、ソフトに関しては幅広い年齢層をカバーできる商品。このラインナップを見たとき、「お見事だな~」と感じたね。

てなわけで果汁工房「karin(果琳)」のメニューはありがた迷惑ってくらい充実してるよ。

 

おっさん、はじめてのおつかい(karin)に挑戦

あっという間に半分まで減ったオレンジジュース

初karinで購入したオレンジジュースL

 

そんじゃ、私なんぞの果汁工房「karin(果琳)」アイシティ21店デビュー話をば。

私はよく山形村に訪れるため、アイシティ21はなかなかの頻度で利用していた。がしかし、「karin(果琳)」に限ってはいつもスルー。その理由は店舗がイマドキなデザインすぎておっさんにはハードルが高すぎたため…。

とはいえ、同店のフルーツジュースはガチで飲みたくて仕方なかった。

はい、30代のおっさん全集中して頑張りました。新たな歴史のページを加えたんだぜ・・・(ガクブル)。

まずはレジ横のメニューボードで商品選び。オレンジジュースとメロンジュースで数分悩むも、オレンジジュース(Lサイズ)を注文。

ここからはワクワクとドキドキが入り混じるステキな時間だった。

はたしてどれほど搾りたてなのか観察していたんだけど、いや~ホントにオレンジをまるごと絞るのね!

ファストフード店のようにサクッと提供されるわけではないけど、丁寧に作ってくれるので数分の待機はまったく不快じゃない。むしろ工程が見られて幸せな気分w

そしてついにオレンジジュースをGET!

搾りたてオレンジジュース Lサイズ(650円)

搾りたてオレンジジュース Lサイズ(650円)

 

なんだか飲むのがもったいないけど・・・一口ゴクリ。

う、ウマウマんだけどッ!?それにオレンジそのものの魅力が存分に詰まっている。こりゃあ大量生産されたジュースとはワケが違うわ。

 

と、止まらない。

またゴクリ。

またまたゴクリ。

気が付けばもう半分以下。

味わって飲もうと決めていたのに、想像以上の旨さからあっという間に飲み干してしまった…。

こうして私は果汁工房「karin(果琳)」の虜になると共に、アイシティ21へ行く頻度が激増したのであった。

 

【総括】のどが乾いたらアイシティ21へ車を走らすほどすこ

というわけで私なんぞはすっかり果汁工房「karin(果琳)」の虜になってしまった。

アイシティ21へ行ったら100%購入するし、のどが渇いたな~と感じたら現在どこにいようとも果汁工房「karin(果琳)」へ車を走らせるようになってしまった。苦笑

まさかここまでハマるとは思わなかった。

利用するまではあんなにも躊躇してたのに、今じゃ若い女子よりも利用しているかもしれないw

ここのフルーツジュースはけっして安い飲み物ではない。だけど、値段以上の価値がある生ジュースなのでまだ飲んだことがない方は是非お試しを。

 

引用:
karin公式ウェブサイト【1】

果汁工房「karin(果琳)」アイシティ21店

住所: 長野県東筑摩郡山形村7977

TEL0263-31-0193

営業時間: 10:00~20:00

定休日:アイシティ21の休館日に準ずる

URL:http://k-karin.jp

 

関連記事

当ブログ内のおすすめ記事


-衣・食・住
-, , , , ,

Copyright© ショギョウムジョウ , 2021 All Rights Reserved.