カメラレンタルサービス「Tavishot(タビショット)」は評判どおり優秀だった話。GoPro基準なら他者と比較しても良かったです。

カメラレンタルサービス「Tavishot(タビショット)」が気になった話 レビュー
「GoProを使いたいけど買うほどではない」
「一定期間だけGoProを利用したい」

 

これは誰にでも起こり得るケース。
そんな時に頼りになるのが「カメラレンタルサービス」

メリットはこんな感じ。

 

  • 高性能カメラを低価格で利用できる
  • 人気カメラは一通り揃っている
  • レンタル期間を選べる
  • 万が一破損しても安心の保証つき
  • 受け取り&返却がカンタン

 

ぶっちゃけ、GoProを買っても気に入らないこともある。だとしたら低価格で気軽にレンタルできるサービスを使った方が無難。

この記事ではカメラレンタルサービス3社を実際に使ってみた感想をまとめる。
なお、ステマは一切なし。

カメラレンタルサービス3社を比較

実際に使ってみたカメラレンタルサービス3社はこんな感じ。


サービス特徴送料
DMM.comのいろいろレンタル! カメラの取り扱いが豊富。安心のDMMが提供。無料
モノカリ! レンタル料金が良心的。実店舗でも借りられる。無料
Tavishot(タビショット)GoProと言ったらここ。キャンセル料が無料。無料

 

正直なところ各サービスの内容に大差はない。
違いを唯一感じる点は「カメラの最低レンタル料金」。

最低レンタル料金がもっとも安いのは「DMMいろいろレンタル」。しかし、DMMが提供していることもあって、予約はすぐに埋まってしまう。

つまり、借りたいときに借りられないのだ。

そこでおすすめしたいサービスは、借りたいときに借りられて料金もそこそこな「Tavishot(タビショット)」。キャンセル料は無料だし、安全保証つきなので破損してもへっちゃらである。

「Tavishot(タビショット)」をおすすめする理由

Tavishot(タビショット)は数あるカメラレンタルサービスと比較しても、GoProに強いサービスとなっている。さらに次のメリットも魅力的。

 

1)往復送料無料
2)万が一破損しても免責代は1,000円のみ(安心保証)
3)身分証不要
4)キャンセル料無料
5)注文前にLINEにて質疑応答ができる

 

面倒臭さがゼロな上に、使い勝手が非常に良い。
特にレンタルしたカメラが破損した場合でも、免責代は1,000円のみってのは非常にありがたい。

無論、利用者の過失による故障でなければ料金を払う必要なし。

GoProをここまで安心して使えるカメラレンタルサービスは滅多にない。私なんぞは万が一を考えてTavishot(タビショット)を利用した。

利用方法は想像しているよりもカンタン

Tavishot(タビショット)の利用方法は簡単。

 

手順1)「Tavishot(タビショット)」で好きなカメラを選ぶ(レンタル期間も設定)

手順2)受け取り日時の決定と支払いを済ませて注文完了

手順3)カメラを受け取る

手順4)カメラを使う

手順5)期限内にコンビニへ返却

 

数日程度の旅行にGoProを使用したいときに最適。

私なんぞはトレッキングとキャンプにGoProを使うべくTavishot(タビショット)を利用。レンタルした商品は「GoPro HERO9」だ。

GoPro HERO9

 

新品で購入となると約56,000円が必要だが、Tavishotなら3日間のレンタルで7,000円程度

これを安いと取るか高いと取るかは人それぞれだけど、カメラの使い道がその場限りならおすすめかと。ちなみに私は満足いく利用ができた。

Tavishot(タビショット)は4種類のカメラに力を入れている

Tavishot(タビショット)のカメララインナップ

Tavishot(タビショット)のカメララインナップ

 

Tavishot(タビショット)が用意するカメラは、主に4種類から構成されている。

  • GoPro
  • ミラーレス
  • 防水カメラ
  • 360度カメラ

 

GoProはHERO5から最新機種までをラインナップ。
さらに初心者セットや各種パーツセットを注文できる。

ミラーレスはCanonのEOSシリーズ、Sonyのαシリーズ、オリンパスのPENシリーズの3種類。
用途にあわせて最適なレンズもレンタルできる。

防水カメラはオリンパスのTOUGHシリーズ、ニコンのCoolpixシリーズ、富士フィルムのXPシリーズの3種類。防水カメラ用ストラップや予備バッテリーもレンタルできる。

360°カメラはGoPro製のみ。

他にも次のアイテムをレンタル可。

  • チェキ
  • スマホ用のスタビライザー
  • ジンバル
  • 三脚

 

ラインナップはやや物足りなさを感じる。しかし、GoProをはじめ4種類のカメラのみをレンタルしたい人には問題ない品揃えだ。

GoPro購入を失敗しないためにもTavishot(タビショット)活用は有効

タビショットは実機購入前のお試しとしても活用できる

購入する予定の商品がTavishotにあるなら、テストがてらレンタルしたらいい

 

Tavishot(タビショット)の使い道は、何も旅行やイベント時だけではない。
あなたが購入を検討しているGoProをレンタルして試すといった活用もできるのだ。

  • ① GoPro HEROが欲しい・・・
  • ② Tavishot(タビショット)で数日間レンタル
  • ③ ひたすら実機を試す
  • ④ あらためて購入の検討
  • ⑤ Tavishot(タビショット)に返却

 

テストにかかる費用は数日間で約7,000円ほど。
たったこれだけの料金(出費)で、実機を試せて失敗をなくせるなら安いモン

カメラは機種によってクセがある

カメラは機種によってクセがある。
それはシリーズにおいても同様。

たとえば、現在使用しているシリーズ機種に慣れていても、最新のシリーズ機種は操作性や仕様が変わって別モノになることも珍しくない。

カメラは数ある機器のなかで、試用がもっとも必要な機器かと。
だからこそレンタルサービスは非常にありがたいのだ。

特に大人気のGoProなら尚更。購入で失敗しないためにも、まずはTavishotで試すことをおすすめする。評判どおり信頼できるサービスなので。

【総括】3日間で約7,000円を安いと見るか高いと見るか

カメラレンタルサービスはカメラを短期間だけ利用したいときや、実機をテストする場合に大変重宝する。

特にGoProはYouTubeをはじめ、アウトドアを楽しむ方のマストアイテム。
この先もずっと利用したい場合は、まずレンタルを検討するといい。

3日間のレンタルで約7,000円ほどかかるが、失敗して60,000円を失うよりはずっとマシ。実機購入のためのテストとして、カメラレンタルサービスを有効活用してほしい。

なお、当記事ではTavishot(タビショット)をプッシュしたが、他2社も優秀であることに変わりはない。是非とも比較する余裕があるなら、各サービスも試していただきたい。

 

当ブログおすすめのレビュー記事一覧

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました